《まとめ》日本のすてきなマンホール

こんにちは、はてはてマンボウです。

梓「今回は、旅先で偶然見つけたいろんなマンホールを一緒に見ていこう」

マ「あ、連理梓さん。マンホールですか。風景をはてはて眺めているのに必死で、足元までは目を向けていませんでした」

梓「マンホールは各自治体がそれぞれのデザインをあしらっているから、並べてみると楽しいよ」

マ「それじゃあ、東日本からあっちへこっちへ回遊してみましょうかねえ、まあんぼう」

東日本のマンホール

福島県 会津若松市

梓「磐梯山に猪苗代湖。会津若松を代表する自然だね」

群馬県 高崎市

マ「なんだか、お祭りみたいねえ」

梓「デザインは、高崎祭りの山車と花火。『市民が楽しめる祭り』をテーマに、最近始められたものらしい」

茨城県 鹿嶋市

マ「どうしてキジが」

梓「鹿嶋市は、市の鳥がキジらしいね」

千葉県 千葉市

東京都 台東区

梓「上野は桜のロゴだ」

マ「上野公園の桜ですねえ」

中部地方のマンホール

富山県 高岡市

梓「雨晴海岸と立山連峰だね。この風景は氷見線の車窓からも楽しめた

富山県 富山市

マ「はて、これは」

梓「アザミだね。アザミの花は根が薬用になるらしいから、薬の町である富山の市の花になっているらしい」

マ「同じようで、少しだけ違うデザインもありますねえ」

長野県 松本市

梓「松本てまりは、松本市の伝統民芸品だ」

岐阜県 中津川市

マ「またまたお祭りです」

梓「おいでん祭りというらしい。市町村の大合併を経たのち、従来の祭りに一般公募で名前をつけたそうだ」

三重県 伊勢市

マ「お伊勢さんはわかりやすいわねえ。お伊勢まいりは、近鉄のしまかぜで行ったんでした

マ「あらあら、フルカラーの豪華版も」

西日本のマンホール

京都府 宇治市

梓「宇治市は、市を代表する宇治川と宇治橋だったね

京都府 宮津市

マ「これは、天橋立ですねえ」

梓「日本三景、天橋立は京都府の北側、日本海側にあるんだ」

 

マ「カラー版は、海とのコントラストが素敵ですねえ」

京都府 八幡市

梓「八幡市は、市の花のさつきがあしらわれている」

大阪府 大阪市 北区

マ「これは、大阪城ですか」

梓「大阪市は、区ごとにマンホールのデザインがある」

マ「お花見とセットのイメージだっていうのがわかるわねえ」

大阪府 高石市

マ「真ん中で女の人が手を広げてます」

梓「高石市には天女伝説があって、『羽衣』というのが地名にもなっている」

兵庫県 西宮市

梓「西宮は甲子園がデザインされているね」

兵庫県 神戸市

梓「いかにも神戸らしい異国情緒あふれたデザインだ」

マ「まるで消火栓とは思えませんねえ」

兵庫県 姫路市

梓「姫路は、姫路城の別名が『白鷺城』であることから市の鳥となったシラサギをあしらっている」

奈良県 奈良市

マ「奈良県はストレートに鹿ですねえ」

岡山県 岡山市

マ「岡山は、駅前にも桃太郎の像がありましたねえ

マ「はて、このデザインは。なにかのアニメですか」

梓「これは、岡山県のサッカークラブ『ファジアーノ岡山』のマスコットキャラクターだ。スタジアムの近くで見られる」

マ「あれ、桃太郎じゃなかったんですか」

梓「1つの街にたくさんのデザインのマンホールが見られることはよくあるからね。同じ街でいろいろなマンホールを探すのも楽しいよ」

鳥取県 境港市

マ「おい、鬼太郎!」

梓「境港は、鬼太郎の町として町おこしをしているからね」

梓「鬼太郎ロードを歩けば、いろいろな妖怪に出会えるよ」

島根県 出雲市

マ「はて、出雲市といえば出雲大社のはずが、どうして灯台に。『いずも』の文字もないです」

梓「合併前の旧大社町時代のものだ。出雲は海辺の町でもあるからね。ここには日御碕灯台があしらわれている」

山口県 萩市

マ「これは夏ミカンと漆喰の壁ですね。萩の街並みをよく表してます

愛媛県 宇和島市

マ「はて、どうして闘牛が」

梓「宇和島は闘牛の町でもあるんだよ」

マ「はてえ。鯛めしがおいしいことしか知りませんでした

高知県 土佐清水市

マ「土佐清水市ってどこですか」

梓「四国最南端として有名だね。マンホールは、市の花のツバキだ」

大分県 臼杵市

梓「臼杵湾に漂着したオランダ船リーフデ号があしらわれている」

マ「臼杵ってどこにあるんですか」

梓「石仏で有名な国東半島の少し南側に位置する。ここにも石仏文化が根付いているよ」

 

≫筆者:連理梓

関連記事

  1. 《世界遺産》奥州藤原氏が残した金色の阿弥陀堂╿岩手県 平泉の中尊寺

  2. 巨大な鯛のあら炊きを食う|福岡市の仙八

  3. 【稚内】アーケード街のロシア語表記を解読│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その6

  4. 【礼文島】金田ノ岬の南側には、あざらしの群れ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その13

  5. 【利尻島】美しい鴛泊フェリーターミナル&海の駅│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その40

  6. 【福岡市】本鮪の赤身ぶつ|博多区の五三食堂 その37

  7. 【 福岡県】 東洋最大の軍事飛行場は特攻隊基地でもあった │ 筑前町の太刀洗平和祈念館

  8. 【福岡市】甘海老昆布じめ│五三食堂 その43

  9. 【鳥取市】山陰だなあ!ちいさなおすしやさんで「もさエビ」を食う│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  2. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  3. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  4. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  5. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  6. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  7. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  8. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  9. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  10. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07