《まとめ》日本のすてきなマンホール

こんにちは、はてはてマンボウです。

梓「今回は、旅先で偶然見つけたいろんなマンホールを一緒に見ていこう」

マ「あ、連理梓さん。マンホールですか。風景をはてはて眺めているのに必死で、足元までは目を向けていませんでした」

梓「マンホールは各自治体がそれぞれのデザインをあしらっているから、並べてみると楽しいよ」

マ「それじゃあ、東日本からあっちへこっちへ回遊してみましょうかねえ、まあんぼう」

東日本のマンホール

福島県 会津若松市

梓「磐梯山に猪苗代湖。会津若松を代表する自然だね」

群馬県 高崎市

マ「なんだか、お祭りみたいねえ」

梓「デザインは、高崎祭りの山車と花火。『市民が楽しめる祭り』をテーマに、最近始められたものらしい」

茨城県 鹿嶋市

マ「どうしてキジが」

梓「鹿嶋市は、市の鳥がキジらしいね」

千葉県 千葉市

東京都 台東区

梓「上野は桜のロゴだ」

マ「上野公園の桜ですねえ」

中部地方のマンホール

富山県 高岡市

梓「雨晴海岸と立山連峰だね。この風景は氷見線の車窓からも楽しめた

富山県 富山市

マ「はて、これは」

梓「アザミだね。アザミの花は根が薬用になるらしいから、薬の町である富山の市の花になっているらしい」

マ「同じようで、少しだけ違うデザインもありますねえ」

長野県 松本市

梓「松本てまりは、松本市の伝統民芸品だ」

岐阜県 中津川市

マ「またまたお祭りです」

梓「おいでん祭りというらしい。市町村の大合併を経たのち、従来の祭りに一般公募で名前をつけたそうだ」

三重県 伊勢市

マ「お伊勢さんはわかりやすいわねえ。お伊勢まいりは、近鉄のしまかぜで行ったんでした

マ「あらあら、フルカラーの豪華版も」

西日本のマンホール

京都府 宇治市

梓「宇治市は、市を代表する宇治川と宇治橋だったね

京都府 宮津市

マ「これは、天橋立ですねえ」

梓「日本三景、天橋立は京都府の北側、日本海側にあるんだ」

 

マ「カラー版は、海とのコントラストが素敵ですねえ」

京都府 八幡市

梓「八幡市は、市の花のさつきがあしらわれている」

大阪府 大阪市 北区

マ「これは、大阪城ですか」

梓「大阪市は、区ごとにマンホールのデザインがある」

マ「お花見とセットのイメージだっていうのがわかるわねえ」

大阪府 高石市

マ「真ん中で女の人が手を広げてます」

梓「高石市には天女伝説があって、『羽衣』というのが地名にもなっている」

兵庫県 西宮市

梓「西宮は甲子園がデザインされているね」

兵庫県 神戸市

梓「いかにも神戸らしい異国情緒あふれたデザインだ」

マ「まるで消火栓とは思えませんねえ」

兵庫県 姫路市

梓「姫路は、姫路城の別名が『白鷺城』であることから市の鳥となったシラサギをあしらっている」

奈良県 奈良市

マ「奈良県はストレートに鹿ですねえ」

岡山県 岡山市

マ「岡山は、駅前にも桃太郎の像がありましたねえ

マ「はて、このデザインは。なにかのアニメですか」

梓「これは、岡山県のサッカークラブ『ファジアーノ岡山』のマスコットキャラクターだ。スタジアムの近くで見られる」

マ「あれ、桃太郎じゃなかったんですか」

梓「1つの街にたくさんのデザインのマンホールが見られることはよくあるからね。同じ街でいろいろなマンホールを探すのも楽しいよ」

鳥取県 境港市

マ「おい、鬼太郎!」

梓「境港は、鬼太郎の町として町おこしをしているからね」

梓「鬼太郎ロードを歩けば、いろいろな妖怪に出会えるよ」

島根県 出雲市

マ「はて、出雲市といえば出雲大社のはずが、どうして灯台に。『いずも』の文字もないです」

梓「合併前の旧大社町時代のものだ。出雲は海辺の町でもあるからね。ここには日御碕灯台があしらわれている」

山口県 萩市

マ「これは夏ミカンと漆喰の壁ですね。萩の街並みをよく表してます

愛媛県 宇和島市

マ「はて、どうして闘牛が」

梓「宇和島は闘牛の町でもあるんだよ」

マ「はてえ。鯛めしがおいしいことしか知りませんでした

高知県 土佐清水市

マ「土佐清水市ってどこですか」

梓「四国最南端として有名だね。マンホールは、市の花のツバキだ」

大分県 臼杵市

梓「臼杵湾に漂着したオランダ船リーフデ号があしらわれている」

マ「臼杵ってどこにあるんですか」

梓「石仏で有名な国東半島の少し南側に位置する。ここにも石仏文化が根付いているよ」

 

≫筆者:連理梓

関連記事

  1. 西日本最大級の市場が和歌山に!╿白浜町のとれとれ市場

  2. 肉汁がジュワッの牛肉100%のハンバーグ | 福岡市のアンココット

  3. 山屋の憩いの場、長者原ヘルスセンターでだんご汁定食|大分県玖珠郡九重町

  4. 大将!活のいい奴にしてね。焼鳥屋でたい焼き│福岡市の村崎焼鳥研究所

  5. 釧路空港近くの牛舎に丹頂鶴の親子がいました | 2018年7月道東の3泊4日の旅

  6. 中国人が作るクセになる担々麺│福岡市博多区の一心軒

  7. 出汁が美味い、料理が美しい|福岡市博多区の五三食堂 その1

  8. 《まとめ》三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

  9. 手打ち「かしわ蕎麦」850円 | 北海道新得町の十割蕎麦、十箱。

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  2. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  3. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  4. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2019.04.17

  5. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  6. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2019.01.26

  7. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  8. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  9. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  10. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27