【 福岡県 】 ボリュームある国産特上うな重 │ 北九州市戸畑区のいち川

2017年4月23日の訪問記事

博多には「吉塚うなぎ」という名店があるのですが私は戸畑のこの店をお気に入りにしています。11時半から開店なのでその前に到着です。すでに数人の待ち人が店の前にならんでいます。まだ暖簾も出ていません。土用の丑の日など繁忙期になると予約は受けてくれません、並んだ順に案内されます。それ以外の時期は予約も受けてくれるのでそれもありかと思います。11時半に行けばお客様は多いものの入れなかったことはないですが人気店ですから絶対はないかと思います。

今回は並ぶ順番が1番手だったので、店内に一番乗りしました。ですが開店と同時に満席になっちゃいました。すごい人気ですね。

いちかわ定食1340円はとてもお得なメニューなので注文する声があちこちから聞こえます。地元の人たちの普段使いでしょうね。

でも私はわざわざ70キロも離れた福岡市から北九州市の戸畑までやってきています。ココロは決まっています。

卓上には醤油と鰻のタレが置いてあります。

まずサラダが登場。そして漬物と肝すいも出てきました。

さあ、そろそろです。鰻の登場を待ちます。いつもうな重の特上にするのか、ひつまぶしにするのか迷います。

今回はうな重の特上です。3900円。どうですか!ご飯が見えないこの状態。実は以前は重の上から垂れるくらいデカくて重の端っこが見えていませんでした、小さくなりましたがまだまだ迫力があります。

香ばしい香りがたまりません。

脂のノリが半端ないです。いち川さんはポスターを見ると宮崎の鰻を使っているようですね。

鰻が重なっています。

いやあ満足しました。

12時に店の外に出たらやっと暖簾がかかってました。外は行列になってました。やっぱりここに来るには11時半の開店と同時が正解ですね。

値段が爆上がりしていました!2020年12月20日訪問記事

日曜日の11時25分到着時にはすでに行列でした。しかも予約者がいるので私の前で広い店内は満席になってしまいました。

受付名簿に名前を書き、車の中で30分ほど待ち店内の待ち行列に再度参加しました。

ほどなく店内の一番奥の座敷に通されました。アクリル板が置いてありました。

ひとつの座敷テーブルでも、でっかいアクリル板が置いてあるので安心ですね。

その後、メニューが倍額近くに爆上がりしているのを発見して仰天です。

うな重特上3600円が5200円になっているじゃあありませんかっ。実に70%の爆値上げです。

どうしようかと悩みましたが結局、うな重の特上にしました。

まずはサラダと漬物がでてきました。爆上がりした結果、どんなうな重の特上がでてくるかドキドキです。

う~ん。3600円の値上がり前と同じボリュームで登場です。

すこしがっかりしましたが、考えてみると毎年ボリュームを少なくしたり工夫されていたので、利益がほとんど無くなっていたのかもしれませんね。

もちろんお味は今までのいち川さんの美味しいお味でした。

70%の値上げでも行列なのは流石です。

卓上には鰻のタレを用意してありますがたっぷり鰻にタレがかかっているので追加はしませんでした。

12時半過ぎに、お店を出たときも店の入り口には行列でした。

もちろん駐車場はこの状態で満杯です。

いち川さんでは、7月8月の丑の日に近い季節は予約は受けてないですがそれ以外は予約を受けているので予約をすることをおススメします。

 

☆いち川うなぎ処
〒804-0082 福岡県北九州市戸畑区新池2丁目11−9
googleMapで開く
TEL:093-882-5200
営業時間:お昼11:30~14:00、夜17:00~20:00(鰻が切れたら閉店)
定休日:月曜日
公式ホームページは いち川

≫筆者:おのちん
≫来店日:2017.04.23

関連記事

  1. 【兵庫県】元禄年間創業、志賀直哉由来のお宿、城崎温泉三木屋│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  2. 【福岡市】ホテルのメインバーでフルーツ盛り合わせ|グランドハイアット福岡のマティニーズ

  3. 【 大阪 】太平洋の生きものが大集合!╿世界最大級の水族館・海遊館

  4. 【長野】安曇野の大王わさび農場│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その24

  5. 【 福岡市 】鯨の竜田揚げ|居酒屋「仙八」 その3

  6. 【 福岡市 】 元祖泡系ラーメンはいと美味し │ 博多一幸舎 総本店

  7. 【 5月の北海道 】函館湾に2キロも突き出る桟橋は日本最古のセメント工場のものだった │ 3泊4日函館の旅 その14

  8. 【 北海道 】 引けっ、登れっ!迫力あるばんえい競馬 │ 冬の十勝旅4日間 その2

  9. 【福岡市】揚げたてのデカいネタが順番に出てくる大衆天ぷら定食屋|だるま吉塚本店

  1. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  2. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  3. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  4. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  5. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  6. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  7. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  8. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  9. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  10. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  1. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  2. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  3. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  4. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  5. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  6. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  9. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  10. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07