見てわかるフワッフワの宍道湖天然うなぎ|松江市の居酒屋、やまいち

島根県の松江市にお泊りしたら必ずここで食事するようにしています。

宍道湖と中海の間を流れる川にかかる新大橋の北詰めのたもとに店はあります。

松江駅前のスーパーホテルにチェックインしたあと雨が降っていたのでタクシーを呼びました。

山一、16時半からOPENしているお店です。

予約したのは18時、すでにほろ酔いのお客様もいるはず。

店内に入るとカウンターは満席。予約の時にカウンターと言ったんだけどなあ( ゚Д゚)

ホールを担当している年配のご婦人からお名前を聞かれました。

「おのです」とお答えすると「おの~おの~おの~」と大きな声で叫びながら向こうに歩いて行かれます。

やめて~やめてくれ~恥ずかしいから。

小上がりしか空いてないし、しょうがないので小上がりに2人で上がります。

まあ人気のお店ですわ。でもほとんど観光客ですね。

地元民とおぼしきお客様が何組か来店されましたが満席で帰っていかれました。

それにしても、いつも真っ白い紙にメニューが書かれてぶら下がっていて気持ち良いです。。

雑炊は蟹と牡蠣と白魚があるのですね。

あっこの白魚はシラウオです。(しろうおは別の魚なので念のため)

女将とその息子さん、そして年配のご婦人が2名の4名体制で営業されています。

ホール担当のご婦人に「サルボウガイを入れるかい」と言われたので、サルボウガイを何かに入れて料理するのかな?と思い

「サルボウガイをどうするの?」って聞いたら「食べるのよ」とのお答え・・う~ん会話がなりたたん・笑

ちなみにサルボウガイは赤貝に似ていて普通「赤貝」ってほとんど流通していないので赤貝って言って出されるのはほとんどサルボウガイらしいと何かで読んだ記憶があります。

サルボウガイはお断りして「松江おでん」をお願いしました。

ネタが見えないので「なんか松江らしいネタは何かあります?」って聞いたところ「適当に6つ入れましょうか」とのお答え。

まあ答えにはなっていないのですが,それも良いかなと「お任せ」にしました。

私の好きな豆腐をはじめ美味そうな6品が登場です。向こうにあるのは巾着。

出汁巻きたまごに乗っかってるのはセリと春菊。その手前はイワシのつみれ。

出汁巻きたまごのおでん。珍しいですよね。美味いですよ♪

練り物の中にはシイタケなんぞが。この具材たち全部手作りではなかろうか・・

巾着は大きいので最初から半分にカットしてありました。その中には具材がこんなにスゴイです。

たまらず熱燗を2合お願いしました(^^)/ 昔ながらの正統派のお銚子です。

そしてお願いしたのは宍道湖の天然うなぎ

まあ見てください。ふっくらしているのが見て分かるのではないでしょうか!

素材が良いのと焼き方が良いのでしょうね。

大将!美味いよ♪

ちょっと・・たまらんデス。美味過ぎ♪

お酒が進みますわ~。うな丼じゃなくて酒のアテに最高です。

もさえび

鮮度が落ちるのが早いので産地でしか見ることはないのではないでしょうか。

博多では食べれないので迷わず注文しました。これ翌日、境港の市場に寄ったときに販売されていましたが結構お高いです。

う~ん、甘くて美味いですがな。

しばらくすると、頭は唐揚げになって登場しました。う~ん海老煎ですね♪ カリカリ。

熱燗2合はあっという間に平らげ芋焼酎の水割りをお願いしました。

松江のやまいちで食べるなら博多ではなかなか食べれないものを食べるのが本筋。

メニューを目を皿にしてみていると、宍道湖七珍のひとつシラウオを発見。

「天ぷらにすると甘みが増して美味いよると」と女将が勧めるので天ぷらで頂きました。

フキノトウが横に座っています。確かに甘くて美味しいです(^^)シラウオ。

ここで女将がサービスと言ってもってきたのがコレ。さっき帰ったカウンターの女性2名が美味しいなあと言って食べてたやつね。

なんだか甘い味噌を紫蘇の葉で巻いたもの。

酒のアテには最高です。ご飯のお供にも良いかも。

 

女将は相変わらず厨房もしながらお客様もさばきながらお上手です(^^)

さて〆が近くなりました。ここらで煮魚をとおもい白札メニューを眺めます。

のどぐろの煮つけにも惹かれましたが、ここは旬の魚、めばるをお願いしました。

期待通り豆腐が添えてありました。この松江の豆腐、柔らかさといい私の口に合います♪

美味しい味付けに仕上がっていました。

なんでも美味しい居酒屋の真骨頂ですわ。

さてキレイに食べつくした後は・・これも宍道湖七珍

シジミ汁~~~。この宍道湖のしじみは本当にデカい。まるでアサリかなと思うくらいです。

だからちゃんと身も食べれてこんな状態!!

いやあごちそう様。芋焼酎も3杯飲んでしまいました。〆て13,000円なりでございました。

店を出たら暗くなっていました・・やまいちよ!ありがとう。

こんなにいろいろ美味いものがあるなら違う良い店もありそうだなあと考えながらホテルへ歩いて帰りました。

大橋を渡りスーパーホテル松江駅前に戻ります。雨も止んでいたので歩きです。

夜風がほほにあたって気持ち良い。

しじみ漁に使う小舟でしょうか・・

川沿いに東へ歩いていくと良さげなお店がいくつもありました。

野津旅館。高級そうな旅館だなあとネットで調べたら朝食付きで5200円。安いっ。

和食屋もあるし

韓国料理屋もある。

でかいタワーはなんでしょうね。川沿いから右へ折れ松江駅の方に向かいます。

こちらにも飲み屋街が続いていました。博多?の文字があります。

なんか生け簀がありますね。

松葉ガニか!

この店にも宍道湖七珍のモロゲエビや松葉ガニなど松江名物てんこ盛りですね。

すごいなあ。次回はホントに山一から浮気してみよ。

ほどなくしてスーパーホテル松江駅前に到着しました。

☆やまいち
島根県松江市東本町4丁目1
googleMapで開く
TEL:0852-23-0223
営業時間:16:30~21:30
定休日:不定休

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019年02月16日

関連記事

  1. 立山駅から美女平へ立山ケーブルカーで上がりバスで立山室堂へ1時間の旅|富山県立山

  2. ANAで、福岡空港から札幌千歳空港へ|2泊3日、ニセコ五色温泉 2016.12.17-19

  3. 【礼文島】日本の島、最北端:スコトン岬│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その11

  4. 九度山村の真田庵の後は神通温泉に入って関空へ|和歌山県

  5. 嵐電で嵐山へ、とにかく人が多い紅葉の渡月橋|京都市

  6. 【福岡市】毛蟹の蟹味噌で一献やる| 鮨屋 北海ひがし その7

  7. 【長野】河童橋に人がいない奇跡の1枚と上高地の秘密の場所│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その9

  8. 寒い山の中温かい蕎麦と柿の葉寿司で生き返りました。|奈良県吉野郡川上村の道の駅

  9. 【福岡市】青梅すりおろしスープがたっぷり入った茶碗蒸し│創作料理屋takanabe(たかなべ)

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  4. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  5. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  6. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  7. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  8. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  9. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  10. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27