九重連山、阿蘇五岳を借景にする素晴らしき久住花公園|大分県竹田市

久住高原コテージから4キロほどでした。9時ころには到着。駐車場はガラガラです。

結構中はひろいと思われる花壇の案内板です。

入園料1300円を支払い入場しました。

なんかライブの催しがあるみたいです。右側からが順路になっているので山側に歩いていきます。

足の悪い方とか老人が利用していました、ゴルフ場で見かける電動カーです。花公園のスタッフが説明しながら園内を回っている姿を見かけましたのでそれもいいかもしれませんね。あっもちろん有料です。2000円とか書いてありました・・30分かな。

歩き始めるといきなり花が色とりどり。

いやあキレイな花はココロが癒されますね。

私のココロのような純白なキンギョソウです・笑

園内のあちこちに建物があって食事するとこや喫茶や花を買えるとこや雑貨を売っているとこがあります。

久住連山をバックに花が映えます。

こちらは果肉入りソーダの販売所です。

園内にはこのように小川が流れているところがあり橋がかかっています。

案内板です。丘ごとにいろんな花を楽しめるようになっています。

「野のやさい」という名前のバイキングレストラン。

彩がキレイな料理が揃っているようです。

ネモフィラが植えてある丘にやってきました。

かわいいお花ですね。

それが群生するとこんなに素晴らしい眺めになります。

芝桜も今がシーズンかな。

けしの花とひなげしの花の違いの説明版もありました。ポピー=ひなげし。

ポピーが大量に咲いています。

その向こうには美瑛のパッチワークの丘のような花が咲いています。

癒しの森への入り口です。

その横にはさまざまなツツジが植えてありましたが終わりがけです。

さてポピーの向こうに見えたパッチワークのような丘にやってきました。「春彩の畑」と命名されていました。

これがまた美しいわ。しばし見とれました。

 

【動画】春彩の畑の動画です。

10品種、5色の花が咲き乱れています。

あまりに素晴らしいのでもひとつ動画撮影です。

名前も知らないような花がたくさん咲き乱れています。

芝桜の丘にやってきました。

4月末から5月初旬と説明版に書いてあるのに「生育中」と書いてある。株の下にはまだ黒いシートがあるからまだこれからなのだろうか・・

ラベンダーは6~7月ですね。まだまだです。

しばらく行くと鉢植えの花を販売している建物がありました。

ここにもこれから行く場所の案内板がありました。わかりやすいです。

手仕事ガーデン。

思ったより広くて素晴らしい花公園です。

日本最大級20万株のリビングストーンデージー。への看板です。

小さな子供ようには「トロッコぽっぽ」がありました。

2名乗車で合計50キロ以下なので、そこのあなた!無理に乗ったらいけないですよ。

動力も見当たらずどうやって動くのかなと思っていたのですが通り過ぎたあと子供たちが乗っかって普通に動いていたのでびっくりしました。

さて肝心のリビングストーンデージーです。豪快ですねぇ。向こうに見えるは久住連山です。後ろには阿蘇五岳があるしロケーションが凄すぎます。

【動画】リビングストーンデージーの動画を撮影です。

画面の写っていない先までリビングストーンデージーの花園が広がっています。

リビングストーンデージーの花園の真ん中に立って360度撮影してみました。

あっという間に2時間ほど過ぎてしまいました。入り口に近いところにチェアがあったのでしばし休憩したら眠くなりました。

ほんとのどかです。観光バスもどんどん到着しはじめタイ人とおぼしき団体さんが入って来ました。

するとすぐ近くで南米の音楽のライブが始まったみたいです。

 

ランバダでしたっけこの曲。ちょっと聞き入ってしまいました。楽しいです。

3回のライブがあるようです。「南米アンデス音楽」INTYさん。

11時半に駐車場にもどったら満車でした。いやあ、ちょっと思ったより素晴らしくて見ごろの時期に来れて良かったデス。

☞だんご汁でランチ|山屋の憩いの場、長者原ヘルスセンターでだんご汁定食|大分県玖珠郡九重町

 

☆久住花公園
〒878-0201 大分県竹田市久住町 大字久住 4050
googleMapで開く
TEL:0974-76-1422
営業時間:08:30~17:30
定休日:12月1日~2月末
公式ホームページ 久住花公園

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019.05.11

関連記事

  1. びわソフト、銀不老かりんとう、ちゃポリタン | 長崎自動車道、大村湾パーキング上り線

  2. 濃厚チーズのポテサラはまるでケーキ|福岡市の二〇加屋長介薬院本店

  3. 《解説》理論とロマンのせめぎあい╿絵画を語るとき我々の語ること⑥新古典主義とロマン主義

  4. 大将は90歳の寿司職人さん|東京都八王子の三河屋 太助鮨

  5. 新鮮すぎて焼いたら割れる一本釣りの鯵│いちき串木野市のすし松

  6. 豚肉の紅茶煮はとろとろだった│福岡市のいずみ田 祇園店

  7. キンキの炭火焼とそれに合わせて特注した冷酒を飲む | 宮城県仙台市の地雷也

  8. 真狩村の歌う細川たかし像、真狩神社、5月の桜が満開です|ニセコから見る羊蹄山は素晴らしい♪

  9. 超薄い紙カツを定食にして〆ました|福岡市博多区の五三食堂 その33

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  2. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  3. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  4. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  5. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  6. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2019.05.07

  7. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  8. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  9. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  10. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2019.01.27

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27