えっ、大学が運営しているの?╿静岡県 東海大学 海洋科学博物館

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は静岡県の海に迷いこみました。

梓「マンボウちゃんは、東海大学って知っているかい」

マ「あ、連理梓さん。どうしたんですか、急に大学の話なんてして。今回は『学びの壺』ですかい。それとも駅伝?」

梓「静岡県には、東海大が運営している水族館があるんだ」

マ「へえ、おもしろそうですね! 行ってみましょう、はってはて♪」

海洋科学博物館ってどんなところ?

梓「大きな船が出迎えてくれる敷地には、『海のはくぶつかん』と『恐竜のはくぶつかん』の2つが揃っている」

マ「どっちも、東海大が運営しているんですか」

梓「そのとおり。市民に対して、自然に関する知識を広く普及させることが目的。『海のはくぶつかん』の方は、東海大の海洋学物の研究施設にもなっている」

マ「アクセスは、なにが便利ですか。電車?」

梓「公共交通機関を使うなら、JR東海道線の清水駅で下車して、バスに乗ろう」

〇静鉄バス 公式HP

梓「駅から30分程度で到着だ」

水族館を楽しもう! 1Fは「水族館部門」

マ「あら、ウツボがこんにちは」

マ「あ、こっちは情けない顔に定評のある、シャコです」

マ「まずは、サンゴ礁周辺の温かい海に生きている生きものが展示されていますねえ」

マ「今度は立派な大水槽です、楽しいですねえ」

梓「シロワニは存在感があるね」

マ「はて、サメなのに、ワニとは」

梓「ワニはサメの別名。中国地方ではいまでもサメをワニと呼ぶ地域があるし、広島県の三原では『ワニ料理』が郷土料理として有名だよ」

大国主大神と因幡の白うさぎ(鳥取県、白兎神社前)

マ「はて、こっちは、いなばの白兎」

梓「『因幡の白兎』の物語で、隠岐の島から島根県へ渡るために兎が海へ並べたのも『ワニ』だね。兎はワニを騙して海に並べたんだけど、ワニの背中をピョンピョン飛んで海を渡り終えたところで、ワニをばかにしたことから、毛をむしりとられてしまった」

マ「へえ、神話の時代から、『ワニ』がいたんですねえ」

科学の知識を解説! 2Fは科学博物館部門

梓「さて、2Fに昇ると、科学博物館部門。生きものの標本や骨格が展示されている」

マ「うわあ、大きい! これはクジラですか」

梓「ピグミーシロナガスクジラの標本。シロナガスクジラの仲間だけど、少し小さめの種類。それでも、この骨格は全長18mもある」

マ「まぼ、こっちにも大きなサメが」

梓「これはメガマウスザメ」

マ「はて、メガマウス。大きなネズミですか」

梓「”mouse”じゃなくて”mouth”、『大きな口』が由来だよ」

マ「なるほど」

マ「こうやって正面から見ると、やや不気味ですね……」

梓「深海生物らしい、独特の表情だよね。でも主食はプランクトンだから、人は襲わない」

マ「やさしいサメちゃんでしたか。マンボウ、お友達になれるかも」

梓「メガマウスザメはただでさえ確認例の少ない生きもの。福岡県の『マリンワールド海の中道』や三重県の『鳥羽水族館』でも展示されているけれど雌雄一緒に展示されているのは、世界でもここだけなんだよ」

いやしをもとめて╿「クラゲギャラリー」と「くまのみ水族館」

梓「さて、1Fに戻ると、クラゲギャラリーがお出迎え」

マ「クラゲって、どんなときでも私たちをいやしてくれますよねえ」

マ「まぼ! すばやい動き」

マ「あ、くまのみちゃんでしたか。こっちも小さくて色とりどりのかわいいお魚さんですねえ。お勉強もできて、いやされて、楽しい水族館でした、はってはて♪」

基本情報のまとめ

☆東海大学海洋科学博物館 公式HP

〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保2389

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2013.07.28

参考文献
〇神社本庁(2012)『神話のおへそ』(扶桑社)

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

 

関連記事

  1. 【 北海道 】 日本で唯一、比羅夫(ひらふ)駅は駅の宿なのだ。

  2. 【利尻島】ペンション群林風で馬糞雲丹の茶碗蒸し:2泊目│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その42

  3. 【福岡市】肉汁ドバドバのハンバーグステーキ御膳│レストランkawashima(かわしま)

  4. 【岐阜】畳平「乗鞍 白雲荘」の夜のテラスには満月が│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その20

  5. 【 札幌市 】 殻付きタラバのふんどしって食べたことありますか? │ 町のすし家 四季花まる

  6. ひがん河豚の白子ソース掛け|地物のネタで勝負する【鮨 なにわ】その3

  7. スカイツリー・帝釈天・矢切の渡し・荒川電車・巣鴨刺抜地蔵|はとバスツアーで下町満喫

  8. 牛テールスライス塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その19

  9. 【福岡市】馬糞雲丹のリゾットに唐津の赤雲丹乗せ│「鮨 そえ島」

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  2. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  3. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  4. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  5. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  6. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  9. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  10. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07