都会の真ん中にある憩いの動物園╿大阪市 天王寺動物園

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は大阪の天王寺エリアを回遊しています。

あら、こっちには通天閣が。

あらあら、こっちにはあべのハルカス。なんだか、都会の真ん中に迷いこんだみたいねえ。

梓「そんな都会の中でも楽しめる動物園があるんだよ」

マ「あ、連理梓さん。マンボウちゃんは動物園が大好き! ご案内をよろしくお願いしますよお、はってはて♪」

天王寺動物園の概要とアクセス

マ「あ、通天閣をバックにカバオくんが」

梓「天王寺動物園は、その名の通り、大阪の天王寺区にある市営の動物園。東京の上野動物園、京都市動物園に次いで、日本で3番目に古い動物園でもあるんだ」

マ「歴史ある動物園なのねえ」

梓「天王寺動物園の入口は2つ。1つは東側の『てんしばゲート』。こちらは天王寺駅やあべのハルカス側だね」

マ「てんしばと言えば、芝生の広がるのんびりとしたエリアでしたねえ」

梓「そしてもう1つが西側の『新世界ゲート』だ」

マ「あ、ほんとだ。新世界方面って書いてあります。繁華街の新世界や通天閣側ですね」

梓「大阪駅から来るなら、JRの環状線を利用する場合は天王寺駅で降りて、てんしばゲート側から。大阪メトロの地下鉄御堂筋線で動物園前駅で降りると新世界ゲート側から入れるよ」

てんしばゲートから入って『夜行性動物舎』、そしてコアラ館へ!

梓「今回は『てんしばゲート』から入ってみよう。なだらかな坂を下ると最初に見えてくるのは『夜行性動物舎』だよ」

マ「ひょええ、大量のコウモリたちが!」

マ「ああ、フクロウちゃんもいてくれましたか。安心、安心」

梓「夜行性動物舎の隣にはーー」

マ「コアラ、ですね! 情けない顔をして、かわいいわねえ。でも、なんだか親近感が」

カバ舎を通ったら、待っているのは『アフリカサバンナ』ゾーン

梓「さて、次なるゾーンはカバ舎だ」

マ「はて、カバ舎。でも、カバなんてどこに……」

マ「はて、見覚えのある大きなお鼻の穴!」

マ「はてはて! ほんもののカバオくんでしたか」

マ「おお、ものすごい勢いで、自慢のお鼻から水を吹きだしてます!」

マ「今度は、サイのゾーンですねえ」

マ「通天閣に見守られてます」

マ「サイってつぶらな瞳をしているのねえ」

梓「さて、草原が広がるサバンナ・ゾーンへ到着だ」

マ「あっちでは、キリンさんが餌をもらってますねえ」

マ「こっちには、夜明け前に走り出すのを待っているかのようなダチョウ」

梓「こっちには、エランドがいるね」

マ「はて、エランド」

梓「レイヨウの一種だ。インパラの仲間だね」

マ「はて! よそみをしていたら、キリンの首がこんな近くに!」

マ「物思いにふけりながら、あべのハルカスを眺めていますねえ」

梓「草原の隣のゾーンには、ライオンもいるよ」

マ「こうやって見ると、やっぱり雄々しいわねえ」

巨大な鳥籠の世界╿鳥の楽園

マ「はて、今度はなんですか」

梓「ここは巨大な鳥籠。鳥たちが、文字通り自由に羽を伸ばせる、鳥の楽園だ」

マ「大きな鳥たちが、たくさんいるわねえ……まぼ?」

マ「はて、あの巣のようなものは」

梓「鉄骨を利用して、営巣をしているんだね」

マ「動物たちの姿が間近に感じられて、楽しかったですねえ、はってはて♪」

基本情報のまとめ

≫公式HP

〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1−108

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2018.10.06

相互リンク 天王寺エリア

↑↑↑「天王寺エリアをもっと知りたい!」という方はこちらの記事をチェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 太平洋の生きものが大集合!╿大阪府 世界最大級の水族館・海遊館

  2. めかぶの塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その6

  3. 新鮮すぎて焼いたら割れる一本釣りの鯵│いちき串木野市のすし松

  4. ANAプレミアムクラス機内食|福岡→羽田 2016.05.11

  5. 【福岡市】豚肉の紅茶煮はとろとろだった│いずみ田 祇園店

  6. 大人気の洋食屋さんでミートドリア|福岡市博多区のペンギン厨房

  7. ズワイガニたっぷりのトマトソーススパゲティ温泉たまご添え。層雲峡のビアグリル・キャニオン│2泊3日道央の旅

  8. 【 大分県 】 楓やブナの素晴らしき原生林は眩しい紅葉だった │ 男池の上の台

  9. モヨロ遺跡に立ち寄り網走湖のワカサギ釣り│2月のオホーツクの旅、3泊4日

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  2. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  3. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  4. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  7. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  8. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  9. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  10. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27