こてこての大阪ワールド!╿道頓堀から通天閣へ

こんにちは、はてはてマンボウです。大阪に来たからには、やっぱりにぎやかな道頓堀に行ってみたいわねえ。

梓「というわけで、いわゆる大阪のど真ん中へとやってきた」

マ「うわあ、連理梓さん。すごい人出ですねえ」

梓「さ、まずはあたりをぶらっと歩いて、その雰囲気を楽しもう」

道頓堀の概要

梓「道頓堀商店街は、大阪のいわゆる『ミナミ』、難波や心斎橋(しんさいばし)周辺を指している。大阪駅からは大阪メトロの地下鉄御堂筋線で15分あれば着くよ」

マ「うわあ、こっちはもっとすごい人出です!」

マ「食べる、遊ぶ、買いもの、観劇……まさに大阪のあそびの壺が、この道頓堀なんだ」

マ「うわあ、定番のグリコの看板です」

梓「阪神優勝のたびに人々が飛び込んできた道頓堀川の両サイドへ、所狭しと雑居ビルが並んでいるよ」

マ「いわゆる『大阪』が詰まった世界が広がっているわねえ……あれ、左側に、なんだか見覚えのある観覧車が」

マ「はて! こりゃあ、あべのハルカスから眺めたドン・キホーテでしたか」

食べる、遊ぶ、買いもの、観る……大阪がごった煮となった商店街を歩いてみよう!

梓「まずは、巨大なかにのオブジェでおなじみの『かに道楽』からスタートだ」

マ「ここが、かに道楽の本店なんですねえ。大阪でも『本場の味』を名乗るなんて、自信があるわねえ」

マ「はて、こっちはカールおじさん。だけど、雑居ビル、どこにカール要素があるのか……はてはて」

マ「大阪王将の巨大餃子に」

マ「よしもとのアンテナショップ! よく見ると、豆柴カフェなんてかわいらしいカフェも並んでいますが、よしもとのインパクトが強すぎて一瞬見落としてしまいます」

マ「てっちりのお店があると思いきや……」

マ「こっちは、定番のたこ焼き屋さん!」

マ「はて! さすが大阪! コナモンミュージアムなんておもしろいものが」

梓「新大阪をはじめ、日本中にチェーン店を持つ『道頓堀くくる』が営業しているよ」

マ「道頓堀の喧騒に、ハレルヤが響き渡っています……」

マ「次々に出てくるクレイジーな看板にも、だんだん驚かなくなってきました」

マ「と思いきや、この現代アートみたいなズワイガニにはついつい足を止めちゃいました……おや」

マ「あ、食いだおれ人形!」

マ「食いだおれ人形もすっかりお土産化されているのねえ」

マ「何百メートルもこの勢いが続くんだから、ものすごいエネルギーを秘めた場所です」

梓「さて、道頓堀を堪能したところで、もう1つの大阪の象徴へと足を伸ばそう」

マ「大阪の象徴?」

梓「それはもちろん、通天閣だ」

天に通じる大阪の象徴・通天閣へ!

梓「通天閣は1956年に竣工した、大阪を象徴する展望台だ。高さは108m。ちなみに、いま建っているのは二代目なんだよ」

マ「道頓堀から通天閣までは近いんですか」

梓「なんば駅から大阪メトロの地下鉄御堂筋線に乗って動物園前駅まで5分、ここからは歩いて10分ぐらいで着くよ」

マ「なあんて言っているうちに、通天閣に着いちゃいました」

梓「ちなみに、上から見るとこんな感じだ」

マ「あ、マンボウ、気づきましたよお。あべのハルカスからの眺めですね」

マ「はて、反対に通天閣から見たあべのハルカスは、こんな感じでしたか。やっぱりこうして見ると、ひときわ大きい建物ですねえ」

梓「手前に見えるのが、動物園だ。動物園前駅から歩いてきただけあって、すぐ近くに見えるね。その奥にあるのが、大阪市立美術館とてんしばエリアだよ」

マ「はて、美と健康の快適空間……世界最大級・天然温泉……」

梓「これはスパワールドだね。天王寺エリアの巨大温泉施設だ」

マ「大阪の定番エリアを回遊して、なにわワールドを堪能しましたね、はってはて♪」

基本情報のまとめ

道頓堀

≫公式HP

〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀10

≫GoogleMapで開く

通天閣

≫公式HP

〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目18−6

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2018.12.23

相互リンク 天王寺エリア

↑↑↑「天王寺エリアをもっと知りたい!」という方はこちらの記事をチェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 【福岡市】香りの魔術師ですわ。どの料理も隙がない和食コースです。│赤坂あきちゃん

  2. 【岐阜】畳平「乗鞍 白雲荘」の夜のテラスには満月が│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その20

  3. プールが映えるブセナテラスの夜景|名護市のビーチリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」その1

  4. スカイツリー・帝釈天・矢切の渡し・荒川電車・巣鴨刺抜地蔵|はとバスツアーで下町満喫

  5. ボリュームあるアンコウ鍋1280円 | 福岡市の銀シャリてる房-J

  6. 蛤の器に乗っかった「蛤のクリームコロッケ」|福岡市博多区の五三食堂 その26

  7. 海獣たちを間近に感じよう!╿大分県の「うみたまご」

  8. 6月の八甲田ロープウェイから雲海に浮かぶお岩木山 | 青森市

  9. 行列のできるイタリアンジェラート|北海道倶知安町のルヒエル

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  2. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  4. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  5. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  6. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  7. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  8. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  10. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07