【長野】牛留池の東屋には新しい熊の糞がありました。│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その13

2020,08,03の朝、渓山荘を出発

温泉ペンション渓山荘を出発して乗鞍高原周辺の行ったことのない牛留池を観光することにしました。

ペンションから少し下って小さな一般道路に出ました。ここには例年蕎麦が植えてあったのですが今年は植えてないようです。カラスムギかな生えていました。

乗鞍高原、憧れの一般住宅ログハウス

すぐ近くにキレイな公園があるのです。ここを歩くとふわふわしているのですが、芝生ではなく大柄な苔が生えていてふわふわしているようです。その奥に家があるのがわかるでしょうか。近づいてみましょう。

こんなログハウスがあるのです。いつもキレイに掃除が行き届いています。ログハウスの右手に薪が積み上げてあります。白人の男性が巻き割りをされているのを見たことがあります。

このログハウスから公園を見るとこんな感じです。すでに自分の庭と同じですよね。こんな家に住めたらいいなあといつも羨望のまなざしで外部から見学しています。

いつかお菓子もって乗鞍高原の生活をお伺いしてみようかな。乗鞍高原って一般の家って見かけないので貴重な家だと思います。

公園側は家の裏手になっているので表側に行ってみます。このあたりは看板にあるように沢山の宿があります。こだまさんと仙山乗鞍さんには泊まったことがあります。

なぜか公園側の屋根は美しいのにこちら側はだいぶ錆が出ています。こちら側から塩分や硫黄分を含んだ風が吹くのでしょうか・・それにしても素晴らしいなあ。

牛留池までは徒歩7~8分

乗鞍高原休暇村の向かいにある駐車場に到着しました。

その横から牛留池に行く道があります。休暇村の裏手にある感じです。先客が2名いたのですが「熊は普通にたくさんいますよぉって平気で言ってましたねぇ」と話あっていたので休暇村で説明を聞いてきたのでしょうか。上高地でも沢山の熊の出没情報があったので今は活動シーズン真っ盛りなのでしょうか。

右手が木道の道で左に整備されてなさそうな道があります。

標識は右側の道が牛留池への進路になっていますが、実際に行ってみると左の道の方が平たんで近いです。

標識に従って右側の木道を歩いていきました。

8月ともなると水芭蕉が咲き終わって巨大化しています。

木道の分かれ目ですが右側の道はスズメバチが巣を作っているということで通行止めにしてありました。こんな張り紙をする前にスズメバチの駆除の業者を呼んだ方が早いと思うのですが・・

しょうがないので牛留周回の方に回りました。

渓山荘の大女将は「駐車場から2~3分よ」とおっしゃってましたがまだ400メートルあります。ここから5分ですね。スズメバチのいる方が2~3分なのでしょう。

なんじゃこりゃ!ちとまちなさい。丸い部分の下は地面についているのかと思いきや地面につかずに10センチほどでしょうか、浮いています。よくもまあこんな造形が出来あがったものですね。

たぶん一回倒木した木が持ち直してぐるりと回ってたちあがったのでしょうが、地面に着地してないのがすごいわ。

立ち入らないでくださいとロープを張って保護してありますが名前がついているわけでも説明版があるわけでもありません。牛留池とセットで紹介してもらいたいものです。ほら「ぐるぐるの木」の向うには牛留池の展望所になる東屋がすぐそこに見えています。

東屋に到着です。

牛留池の東屋です。

快晴であれば乗鞍岳が逆さに映るそうです。今日は曇っているのですが林が逆さに映っています。

乗鞍岳噴火の際にできたくぼ地に水が溜まってできた池という説明がされていました。

牛留池の標高は1590メートルです。

ふと下を見ると熊の大きな糞があるじゃないですか。

ところが東屋から出て奥に行く道を見たら今朝というかさっきしたようなツキノワグマの糞があったので、こりゃいかんと私の第7勘が働いたので引き返すことにしました。

駐車場に到着し次の目的地の善五郎の滝へ車で向かいました。ちょっとくだったところに善五郎の滝への駐車場があるのです。

すると道路で猿の子供がたわむれていました。

 

僕らの車が手前で止まって見ていると子ザルの親が近くから注意したようで道路脇の木に登っていきそこで遊んでいました。

 

≫牛留池の次は:善五郎の滝は爆滝だった│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅

☆牛留池(乗鞍高原)
〒390-1513 長野県松本市安曇鈴蘭4307−1
GoogleMapで開く

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.03

関連記事

  1. 【 鳥取 】JR境港駅とその周辺でゲゲゲの鬼太郎を楽しむ|境港市

  2. 【 東京 】スカイツリー・帝釈天・矢切の渡し・荒川電車・巣鴨刺抜地蔵|はとバスツアーで下町満喫

  3. 【 東京 】野菜たっぷりの朝食の後、歌舞伎座4階から当日券の歌舞伎を堪能|ソラリア西鉄ホテル銀座

  4. 【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

  5. 【 大阪 】日本最古の「伽藍(がらん)」が残る寺╿四天王寺

  6. 【 5月の北海道 】八雲町の旧熊石には、もうひとつの立待岬があった │ 3泊4日函館の旅 その33

  7. 【 愛知 】ANAプレミアムクラスの機内食 | 福岡~中部国際空港往復 2018.10.13~15

  8. 【 鳥取 】JR境港駅前から始まる水木ロードにはゲゲゲの鬼太郎モニュメントがいっぱい

  9. 【 北海道 】日曜は貸し切り状態だったニセコ五色温泉旅館|2泊3日、ニセコ五色温泉の旅 

  1. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  2. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  3. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  4. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  5. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  6. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  7. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  8. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  9. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  10. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  1. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  2. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  5. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  6. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  7. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  8. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  9. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  10. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17