かまど炊きの銀シャリでなめこと青さの味噌汁│コスパの高い居酒屋 、福岡市の銀シャリてる房-J その5

珍しく遅くまで仕事をやってました。朝方まで開いている博多駅前の銀シャリてる房にやってきました。

冷酒とワインじゃなくて蒸留酒にしようと思い角ハイボールで始めましたよ。これメガタイプです。いろんな店で「ハイボールのメガ」を用意してあるのはメーカーの作戦でしょうか。

つきだしは貝をもってこられたので「ゴメン」と言って変更してもらいました。あんまり好きじゃないのです。このつきだしは酢の物で美味しいです。

お腹が空いていてメニュー見てたら、なんでも美味しそうに見えちゃいます。一度にたくさん注文しました。

まず登場したのはポテサラです。ごつごつした感じの面白いポテサラです。ドレッシングみたいなのは少なくして欲しいケド。

さて定番というか必ずお願いする「肉味噌ピーマン」です。シャキッとした生ピーマンに甘めの肉味噌を乗っけて食べると美味いし体に良いものを食べてる気がするのは私だけでしょうか。ピーマン嫌いな子供をつれてきて食べさせたら食べるカモね。

これですよ。意外に美味かった。というかこういうカリっとした生地のピザが大好きです。おなかにもたまらないし。

アボカドとエビのピザです。ゴルゴンゾーラピザなんてのもありますよ。ハーフでお願いしました。

さてハイボールも飲み終わりこの店の名物コップ酒500円なりを注文しました。今回お願いしたのは佐賀の鍋島です。

酒器は後ろの棚から選ぶのですがお酒はこんな容器に120ミリリットル入って出てきます。ちょうど酒器にいっぱいくらいの量です。

定番のアスパラ焼き。一年中あるんです。

さてコップ酒はあっという間になくなって白ワインをお願いしました。ここの白ワインはがぶ飲みできるお値段でお高くないのです。

BARとかお高い店で飲むワインと違ってこんなに並々とついでくれます。うれし~。

でもね、お代わりしたら「もっと量が多くなってる」。おどろき~。意図的か?準備するスタッフで量が違うのかわかりませんが、ほんとすごい量。

新らっきょうはまだ出ないの?と聞いたらありました。まだまだ青いお味がしました。これからどんどん出てくるでしょうね。

ラッキョウの花は10月から11月に咲くんですよ、ご存じですか?私は鳥取砂丘の近くで見たのですがラベンダーみたいな色で美しいですよ。

アナゴは白焼きと天ぷらがあって白焼きにしてもらいました。かば焼きがあったらかば焼きにしたかも。レモンをちょいとかけた後に本わさびを少し乗っけて頂きました。

コップ酒は20種くらい用意してありますが普通にお酒も用意してあります。

クリームブリュレはすぐに出てきました。

小さいですがカロリーには注意ね。こんだけ食べといてカロリーもないでしょうが・・

銀シャリが名物のこの店、18時に開店して通常は19時前後にはかまどで銀シャリが炊き上がります。ですが遅い時間、銀シャリってそろそろ炊き上がったりします?って聞いたら「あと2分です」って嬉しい返事をもらいました。

銀シャリが炊き上がるとこんな感じでスタッフの大合唱が起こります「銀シャリぃ 炊き上がりましたあ 美味しい銀シャリぃ いかがですかあ」。あんまり声が大きいので私も一緒にでかい声で歌いますが全然だれにもばれません・笑

はい、ということで〆は銀シャリと「なめことあおさの味噌汁」です。

銀シャリは柔らかくて美味いし味噌汁も良い。ごちそうさまでした。

☆銀シャリてる房-J
福岡市博多区博多駅前4丁目24-2
TEL:092-451-0101
営業時間:18:00~04:00(ラストオーダー03:00)
定休日:月曜日でしたがメンバーを増やして現在は休みなしで回しています。
クレジットカード可

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019.06.19

 

関連記事

  1. 《解説》光を求めてタッチも変わる╿絵画を語るとき我々の語ること⑧印象派

  2. 《世界遺産》五重塔だけじゃない!╿京都市の東寺、あるいは教王護国寺

  3. 6月の八甲田ロープウェイから雲海に浮かぶお岩木山 | 青森市

  4. 《解説》激しさと静けさがまじりあう╿絵画を語るとき我々の語ること④バロック

  5. アボカドチーズオムレツ│福岡市博多区の野菜ソムリエの店、アグロ

  6. 火山噴火チキンカツ|国立科学博物館は入場料600円

  7. 豚肉の紅茶煮はとろとろだった│福岡市のいずみ田 祇園店

  8. JAL335便、国内線ファーストクラス機内食|羽田→福岡空港 2017.10.22

  9. 平目のえんがわ カラスミ和えって美味いに決まってますよね |福岡市の五三食堂 その2

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  2. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  3. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  4. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  5. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  6. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  7. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2019.04.10

  8. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  9. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  10. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27