【 京都 】《日本三景》「海の京都」天橋立へ!

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は日本海を回遊しています。

梓「今回は、海の京都にやってきた」

マ「あ、連理梓さん。はて、京都に海があるんですか」

梓「そりゃあ、京都北部にある日本三景の一つ、天橋立だよ」

天橋立へのアクセス

梓「京都市内から車で行くときには、京都市北西の京都縦貫(じゅうかん)自動車道からだいたい2時間」

梓「駐車場は、観光地らしく、いたるところで客引きをしているから、特に困ることはないと思う」

梓「電車で来るときは、京都駅からJRの特急『はしだて』で宮津駅まで約2時間。福知山から天橋立までは観光列車『くろまつ』も出ているから、気になる人はこちらをチェック

マ「最近は、いろんな観光列車が出ていますよねえ」

梓「宮津駅から天橋立までは『京都丹後鉄道』かバスで40分ぐらい」

マ「特急から先も、意外と時間がかかりますね」

梓「高速バスだと2時間で着くから、こっちの方が便利かもね。金額も安い」

天橋立の歴史のあれこれ

マ「おお、いよいよ着きましたね! ここが日本三景の天橋立ですかあ」

梓「天橋立って、百人一首にも出てくるんだよ」

マ「まぼ」

梓「大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天橋立

マ「なんだか聞いたことがあるような、ないような」

梓「日本の神話にも出てくる」

マ「神話! はて」

梓「イザナギノミコトが天に通うために作った梯子が、寝ている間に倒れたものだと言われている」

マ「はて、駐車場付近には立派なお寺が」

梓「智恩寺(ちおんじ)だね。日本三文殊の一つ。知恵の仏様、文殊菩薩の霊場」

マ「受験生のお参りに良さそうですね」

梓「この地で暴れていた開く龍を鎮めるためにやってきた文殊菩薩が、悪龍を仏教の道へと教化したと言われているそうだ」

『天橋立』北から見るか南から見るか╿観光スポット

天橋立公園

梓「あの定番の風景を見るために、天橋立ビューランドへ向かおう」

マ「おお、リフトで昇っていくんですねえ、こりゃあ、らくちんマンボウちゃんです、はってはて♪」

マ「まぼまぼ。こんなところに、ナンジャモンジャ」

梓「天橋立が見られる天橋立ビューランドには、リフトかモノレールで向かう。10分もかからずに上まで着くよ」

マ「おお、これよお、これこれ♪」

天橋立を「歩く」!

梓「さて、天橋立は、実際に歩くこともできるんだよ」

マ「ほほーん。上から見るだけじゃなくて、実際にあの海の道を回遊してみましょう、はってはて♪」

マ「あら、立派な山門。こっちが入口かしら」

梓「そっちに行ったら、智恩寺に着いちゃうよ。天橋立は智恩寺を見て右側だ」

マ「へえ、橋を渡っていくんですねえ」

梓「ところが、ただの橋じゃない」

マ「まぼ」

マ「はてはて! 橋が開いて船が通りすぎていきましたよ

梓「この廻旋橋(かいせんばし)は、船が通るたびに90度旋回するんだ」

マ「松林が続いていきますねえ」

マ「おっ、日本三景の石碑もありますねえ」

笠松公園

梓「さて、天橋立を挟んで北側へやってきた」

マ「最初とは反対側にいるんですねえ」

マ「こっちにも、ケーブルカーやリフトがあるんですねえ」

マ「あら、時代を感じるわねえ」

マ「さあ、昇っていきますよう」

梓「さ、笠松公園へ着いたよ」

マ「あっ、股のぞき台!

梓「笠松公園からの眺めは、天橋立が昇り龍のように見えるから『昇龍観』と呼ばれているよ。『股のぞき』発祥の地でもある」

マ「もちろん、のぞきますよ~、はってはて♪」

マ「はて、残念。ちょっぴり曇ってます」

マ「はて、不思議な鳥居の向こうにすてきな建物が」

梓「『アマテラス カフェ』。さて、ちょっとお茶でもしたら、ゆっくりリフトで帰るとしようか」

マ「はて、観光地にあるおしゃれなカフェとは、こりゃゆかい、ゆかい、はってはて♪」

基本情報のまとめ

天橋立ビューランド

〇公式HP

〒626-0001 京都府宮津市字文珠

≫GoogleMapで開く

傘松公園

〇公式HP

〒629-2242 京都府宮津市字大垣75

≫GoogleMapで開く

智恩寺

〇公式HP

〒626-0001 京都府宮津市文珠466

≫GoogleMapで開く

アマテラス カフェ

〇公式HP

〒629-2242 京都府宮津市字大垣

≫GoogleMapで開く

アクセス

〇丹後くろまつ号

〇高速バス

【日本三景】相互リンク

宮城県 松島

松島では、遊覧船と、瑞巌寺を中心に回りましたよ~。

広島県 宮島

宮島では、定番の厳島神社から、水族館に紅葉、さらにはロープウェーで行く不思議な山頂にも行ってまいりましたよ~

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2014.02.21

参考文献
〇神社本庁(2012)『神社のおへそ』(扶桑社)

関連記事

  1. 【 北海道 】 昼飯は小樽で鮨:札幌場外市場から小樽へ │ 2泊3日トマム、旭川、札幌、小樽、定山渓の旅 その3

  2. 【 北海道 】 ANA3842便で福岡空港から羽田経由、帯広空港へ │ 冬の十勝旅4日間 その1

  3. 【礼文島】ペンションうーにーのステキな食事:2泊目│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その23

  4. 【 秋田 】季節の山菜入り稲庭うどん&びっくりするほど柔らかい名物もつ煮込み定食|田沢湖駅前「駅前食堂」

  5. 【 北海道 】十勝サホロリゾートスキー場にオープン早々行ってきました。| 2018.12.16

  6. 【 熊本県 】 とんかつ、牛肉、海老天が入ったどんぶり三昧 │ お弁当のヒライ 緑川SA店

  7. 【 京都 】湯引きハモを梅ソースで|京都市の京和食いち藤

  8. 【東京】ANAプレミアムクラス機内食|福岡→羽田 2016.05.11

  9. 【 岩手 】レストラン安比高原で匠のプライムポークのハンバーグ|岩手県花巻市のいわて花巻空港

  1. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  2. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  3. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  4. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  5. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  6. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  7. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  8. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  9. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  10. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  1. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  2. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  3. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  4. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  5. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  6. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  7. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  8. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  9. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  10. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07