《日本三景》あゝ松島や松島や╿宮城県 松島

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、宮城県の海を回遊しています。

はて、なんだかたくさんの岩が並んでいるところに迷いこんでしまったような。

梓「君がいまいるのは、日本三景だよ」

マ「あ、連理梓さん。日本三景、はて」

マ「あ、ほんとうだ。ということは」

梓「今回は、日本三景の1つ、松島を探検しよう」

松島までのアクセスは?

梓「さて、仙台まで東北新幹線でやってきたあとは」

梓「JRの東北本線に25分ほど乗ると、松島駅に着く」

マ「のんびりしたところを走っていくわねえ」

マ「はて、この飲みものは」

梓「ずんだ茶寮が売っている『ずんだシェイク』だ。仙台観光には欠かせないドリンク。仙台駅でも買えるよ」

梓「松島駅に着いたあとは、15分ぐらい歩くと観光地の中心に到着だ」

無数の島々を観光船で巡る!

マ「あら、こんなところに立派な観光船が」

梓「松島といえば、やっぱり観光船だよね。松島の間を縫いながら、大小さまざまの島々の名勝を楽しむことができるよ。1時間に1本、所要時間は50分程度」

マ「それじゃあ、島々の回遊の旅に出発ですよお、はってはて♪」

マ「松島というだけあって、松が生えた島々が並ぶわねえ。形も独特な島がたくさんです……まぼ?」

マ「はて、かもめとの距離が近いような」

マ「ひええ、どんどん集まってきました~なにも悪いことしてないのに、はてはて」

梓「ははは、ヒッチコックの『鳥』みたいだね」

マ「笑っている場合じゃないですよお」

梓「落ち着いて、マンボウちゃん。この遊覧船では、かもめにかっぱえびせんをあげることができるんだ」

マ「はて、近づいてきましたよ。指を食べられないかしら……」

マ「餌だけ食べた!」

マ「風景も楽しいけど、かもめと戯れるのにもついつい夢中になっちゃいます、はってはて♪」

瑞巌寺と五大堂で歴史を感じる

マ「さて、地上に戻ってきました」

梓「ここからは、松島の歴史スポットを巡ろう。まずは参道を歩いて瑞巌寺へ」

伊達政宗ゆかりの寺╿瑞巌寺

梓「瑞巌寺はもともと天台宗(てんだいしゅう)のお寺として平安時代に開かれたのが、鎌倉時代に禅宗がはやったとき、臨済宗(りんざいしゅう)へと転換した。『瑞巌寺』の名前をつけたのは、伊達政宗なんだよ」

マ「うわあ、綺麗な苔と林。境内には、手入れが行き届いていますねえ」

梓「国宝の庫裏(くり)がお出迎えしてくれる」

マ「庫裏ってなんですか」

梓「禅宗で、台所のことだよ」

マ「はて! 立派な岸壁を彫り込んでます…おや」

マ「う、鰻塚。はて」

梓「大正時代に、地元の人の寄付でできたらしいよ」

マ「はて、不思議な洞窟群が。普通のお寺の境内とは思えない、スケール感があるわねえ」

五大堂・透橋

梓「さて、瑞巌寺の境内を出たら、今度は五大堂へと向かおう」

マ「瑞巌寺から少し離れていますけど、ここも瑞巌寺に所属しているんですねえ」

梓「瑞巌寺に所属させたのは、伊達政宗だそうだ。もともとは、平安時代に征夷大将軍の坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が毘沙門堂(びしゃもんどう)として建てたのが始まりだそうだよ」

マ「坂上田村麻呂なんて、久しぶりに聞きましたよ、はて」

梓「征夷大将軍はもともと、東北に住む蝦夷(えみし)を征伐するための将軍のことだからね。東北に来ていたんだ」

梓「五大堂には、この透橋(すかしばし)を渡るんだ」

マ「どうして、透かし橋、なんですか」

梓「足元を見てごらん。橋げたの間が空いてるでしょ。橋の上からでも海面が透けて見えるから、透橋」

梓「さて、ここが五大堂。不動明王を中心として降三世(ごうざんぜ)・大威徳(だいいとく)・軍荼利(ぐんだり)・金剛夜叉(こんごうやしゃ)の五大明王が祀られているのが名前の由来だ」

マ「明王、はて、どこかで聞いたような」

《世界遺産》仁和寺で見る明王と天
↑↑「明王について知りたい!」という方は、こちらをチェックしてくれ~まあんぼう~

梓「この五大明王、普段は秘仏だけど、2016年には三井記念美術館で公開されていたんだよ」

マ「なむなむ」

梓「五大堂の側面には十二支が描いてある」

マ「羊は、なんとなくヤギっぽいですねえ」

マ「松島の穏やかな眺めを五大堂から望むのも、豊かな気持ちにさせられますねえ。松島や、はてはてマンボウ、マンボウちゃん。はて~」

基本情報のまとめ

松島町

〇公式HP

丸文松島汽船株式会社

〇公式HP

〒985-0016 宮城県塩釜市港町1丁目4-1

≫GoogleMapで開く

瑞巌寺

〇公式HP

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島町内91

≫GoogleMapで開く

五大堂

〇公式HP

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.12.15

相互リンクまとめ ①四寺廻廊

↑↑↑「四手廻廊って何?」「東北のお寺をもっと知りたい!』という方はこちらの記事をチェックしてくれ~まあんぼう~

相互リンクまとめ ②日本三景

京都府 天橋立

天橋立では、ロープウェーから天橋立の股のぞきを楽しみましたよ~。

広島県 宮島

宮島では、定番の厳島神社から、水族館に紅葉、さらにはロープウェーで行く不思議な山頂にも行ってまいりましたよ~

関連記事

  1. 炭火で焼いた穴子のつまみ:むつ市の秀寿司【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その5

  2. 《解説》光を求めてタッチも変わる╿絵画を語るとき我々の語ること⑧印象派

  3. 【和歌山】道の駅に水族館が!╿「エビとカニの水族館」と「道の駅すさみ」

  4. 利尻島から稚内へハートランドフェリーの1等客室で渡る│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その43

  5. 大雪のため飛行機を諦めJR松江駅から特急やくもで岡山経由博多駅へ|島根県松江市

  6. 神々の古里、産田神社|三重県熊野市

  7. 【山口】プライベートビーチを散歩した後、ふぐ刺し│下関市のホテル西長門リゾート

  8. 1月、奇跡の快晴、透明度日本一、紺碧の摩周湖│1月の道東2泊3日の旅

  9. パンダのマークの南蛮ラーメン|ラーメンショップAji-Q田沢湖店

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  2. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  3. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  4. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  5. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  6. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  7. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  8. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27