【 長崎 】ドーミーイン長崎の朝食は長崎料理が揃ってました

2019年1月6日の朝。

昨日と違ってだいぶ晴れ間がのぞいています。

ドーミーイン長崎の部屋から外を見るとビルの間から巨大客船が見えます。

わかりにくいかな・・

拡大画像で!

この巨大客船の大量の中国人たちは、何泊するのだろう。

長崎市の友達から長崎市は「坂と墓とバカの街」と聞いたことあります。「バカ」は余計かと思うのですが・・

山の上まで家がびっしり。車が入っていかない場所が多くて、引っ越しは苦労することが多いそうです。

【ドーミーイン長崎の朝食】

さて3Fにあるフロントの先にある朝食会場。このホテルは3Fにフロント、お風呂、食事会場、ランドリーなどが集中しています。

ご当地グルメを用意してあるようです♪ いいですね。

朝食会場。

長崎の卓袱料理も一度は食べてみたいものです。

卓袱風に回転大皿で雰囲気を盛り上げています。

練り物も美味しかったです。

手前にあるのがハトシ。肉をパン生地で巻いて揚げたものです。

たまご料理は3種、温かいです。

大根煮つけ。

サラダ。

これも長崎らしい小籠包♪

皿うどんはホントに小さな小さな小皿に入れてありました。

朝、たくさんは食べれないので、こんな感じに少しだけ用意してあるのは好感が持てます。

隣にあんかけを用意してあります。

少しづつ取っていったらこんな風になりました!

豚の角煮やゴマ団子なども参加しました。

なかなか美味しい食事でしかも長崎らしいものもいろいろ揃えてあって良かったです♪

ごはん。白ごはんと菜メシがあったんで、こちらにしました。

さて・・このドーミーインホテルチェーン店ですのでいろんなものが各地で同じです。

仕組みなどが同じということは安心感がありますよね。

【提携駐車場】

茶色い建物は提携駐車場のひとつ「リファレンス銅座パーク」です。駐車料金は12時間までが1000円、それを超えると1500円でした。

フロントで割引券をくれます。その向こうにそびえる2軒となりがドーミーイン長崎です。

1Fにファミマが入っています。銅座という場所がら思案橋にも歩いて500メートルくらいの賑やかな立地です。

出島跡にも近いということで「出島の湯」とあります。ドーミーインは全国「温泉」を売りにしていますが、ここドーミーイン長崎は温泉は出なかったようです。

その代り「鉄分を限りなく0にした超軟水」を謳った湯でした。館内全部その超軟水で、お風呂は確かにやわらかい湯で気持ちよかったデス。

この日は白くてクリーミィな「シルクの湯」とヒノキを浮かべた「ヒノキの湯」を用意してありました。またサウナもあります。

【大浴場】

男湯の入り口で

カードをかざすと開錠され中に入れます。

外に出るときはこのボタンを押してカギを開錠します。

スリッパはここに置くのですが

風呂から「上がったらスリッパがない」なんてことがあるのでしょうね。新しいスリッパを用意してあります。こんな細かいところがドーミーインシリーズの特徴です。

東アジアを中心に外国人が多いので注意事項を記載してあります。

入れ墨には入れ墨隠しのシールを用意してあります。

お風呂の中の整髪剤などはPOLAです。これは部屋のバスルームも同じです。

ひげそり。湯舟にこの髭剃りの透明なカバーが浮いていました。誰や!!

ちいさなお子様を連れて入る男性のためにこんなものも脱衣所に用意してあります。

もちろん体重計もあります。

脱衣所にはトイレ。

お風呂を出ると「休み処」があります。ビジネスホテルでは珍しいですよね。

こんな感じになっています。奥にあるのは

漫画です。

レンジや氷も用意されていました。

同じフロアーにランドリーなどもあります。

【お部屋】

ドアを開けて左手に、パジャマやスリッパ。

お風呂用のフェイスタオルとバスタオルが用意されています。

右手にバストイレ。

ツインルーム。

楽天トラベルから当日予約しました。2名、朝食付で12,890円(税込)でした。

シモンズベッドです。

枕元にはスマホが充電しやすいコンセントが2コあります。

このあたりは全国同じなので安心感ありますね。

家族向けに2段ベッドタイプのキャビンルームが用意してあるそうです。

家族連れに良いですね。

【番外編】

高級感あるホテルの1F入口

EVには角に椅子が用意されています。気配りが細かいです。

☆出島の湯 ドーミーイン長崎
長崎県長崎市銅座町7-24
GoogleMapで開く
TEL:095-820-5489
公式ホームページ 出島の湯 ドーミーイン長崎

≫筆者:おのちん
≫宿泊日:2019.01.05

関連記事

  1. 【 北海道 】エゾシカのカルパッチョは臭み無し。弟子屈町の温泉ペンション、きらの宿すばる│1月の道東2泊3日の旅

  2. 【兵庫県】城崎温泉の 力餅で名物カレーうどんと赤飯│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  3. 【 福岡市 】桃の甘酢漬と鱚フライ | 博多区の五三食堂 その14

  4. 【 5月の北海道 】函館市の美しきカトリック元町教会 │ 3泊4日函館の旅 その45

  5. 【 沖縄 】 大迫力!ジンベエザメの食事は海水ごとオキアミをがぶ飲み │ 美ら海水族館

  6. 【福岡市】東京都のお酒「おくのかみ」を飲む│江戸前鮨、石ばし

  7. 【稚内】稚内公園には野生のエゾ鹿(バンビ)が草を食んでいました│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その4

  8. 【 長野 】紅葉の栂池山荘に泊まる|小谷村栂池自然園 2017.10.13~16

  9. 【 北海道 】帯広市民はカレールーをインディアンで持ち帰るのが常識│7月の道央2泊3日の旅

  1. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  2. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  3. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  4. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  5. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  6. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  7. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  8. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  9. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  10. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  1. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  2. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  3. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  4. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  5. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  6. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  7. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  8. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  9. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  10. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07