【福岡市】毛蟹の蟹味噌で一献やる| 鮨屋 北海ひがし その7

博多駅前の鮨屋、北海ひがしに立ち寄りました。

来週の火曜日から北海道の最北端「利尻島、礼文島」に旅行に行くのですが、その前哨戦ですわ。

フルーツ×生ビールちゅうもんがありますのでおススメです。甘いのはデコポンビールです。飲んだのですけど写真撮るの忘れました。

つきだし。

美しいのですが「なんやろこれ」と思ったので女将に聞きました。人ってなんだかハッキリしない食べものって不安を抱くじゃないですか・笑

「湯葉を揚げてから焼いたものに蟹あんかけをかけたもの」でしたあ。美味いね、なかなか良いスタートですね。

これはサービスなのか、毛蟹についてきたものかちょっと不明ですが、毛蟹などと一緒に持ってきてくれました。

もちろんモズクです。酢の物は夏に体が欲します、ありがたや。

どーですか、毛ガニでっせ。北海道の札幌出身の女将がいる店なので毛蟹をお願いしました。すぐに毛蟹が登場しました。

北海道から空輸で博多に飛んできます。蟹を食べる時って無口になりがちですが、大将が身をほぐしてくれるので食べるのが楽ちんで話も弾む~。

毛蟹で、デコポンビールを飲んでると「あっ」という間に飲み干してしまいましたわ。

そこで登場するのが、もちろん毛蟹の「蟹みそ」ですがな。

どですか?この蟹味噌の美しさ。よだれ100タレです。

たっぷりの蟹味噌をしばし頂いた後、冷酒を入れて飲みました。ホントは熱燗がイイのでしょうけどね。ちと暑い今日この頃なので熱燗の気分ではないかなと。

そして毛蟹のクライマックスは「足のみそ焼き」です。大将の使う味噌は甘くて大好きです。2年前の毛蟹の記事のころに比べて足を半分にカットして食べやすくしてますね。

アップにしたら、これもんですよ。この毛蟹の足はパクパク夢中で食べちゃいます。

ドアップで見て頂きましょう。ちと、おこげがあるとこなんざ、たまらんでしょ?

専用のスプーンでこんな感じで簡単にすくって食べれます。なぜかいつも最後にでてくる毛蟹の押し寿しは出ませんでした。あれはセットではないのだろうか・・

冷酒は日本一北にある酒蔵、北海道は増毛町の国稀酒造の純米酒「国稀」です。あっ、その向うに見えるのがデコポンビールですわ。

次は酒のアテに「酒とば」をお願いしました。丁度良い塩加減で酒のアテにピッタリです。

鮭とば(さけとば)とは、秋鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干したものである。「とば」は漢字で冬葉と書き、冬の北海道・東北地方の風物詩となっている。また、「とば」がアイヌ語の tupa トゥパ「鮭を身おろししたものを更に縦に細かく切って乾かしたもの」に由来する可能性もある。※ウィペディアより

なぜか、最近メニューから消えているけど「実際にはある」という「蟹あんかけ茶碗蒸し」という絶品メニューです。最近は小サイズを用意されていますので通常サイズではなくそちらを注文しました。

蟹がたっぷり入った「蟹餡かけ」の下には美味しい茶碗蒸しが隠れてます。

まあ、ここに来たら、いつも注文するのは同じようなモノになってしまうのですが、いつも迷うのは「炙りバッテラ」にするか「ドラゴンロール」にするかなんです。今日は炙りバッテラでいきましょか。

さて炙りバッテラが、炙り上がりましたぜ。上部から撮影したものでその炙り具合を見ていただきましょう。

どうですか、中身は生っぽさを残しながら皮が炙られているこのビジュアル。美味さが染み出しているのがわかりますか!

あれっ、今日は鯖が左下まで回り込んでないや。小さ目のサバだったのかな・・

このあたりに来ると結構、お腹がふくれてきているので、握りを数点お願いして〆にしてます。雲丹をまず頂きました。

そしてアナゴです。雲丹と穴子は単品だけにする場合、いつもお願いしています。珍しく烏賊をお願いしたのですが用意がなかったです、残念。


≫大将はマスクしていましたが熱を測る女将がマスクしてないのでマスクしてもらいました。

 

☆北海ひがし
福岡市博多区博多駅前4丁目8-15
GoogleMapで開く
TEL:092-414-6786
営業時間:お昼11:30~13:30 夜17:30~23:00
定休日:日曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.21

関連記事

  1. 【北海道】圧巻「ざる雲丹」の夕食│積丹の「なごみの宿いい田」

  2. パエリアで〆たコスパ高いスペイン料理│福岡市のイビサルテ 薬院

  3. 漁師の店があって函館がすぐそこに見える大間崎│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その8

  4. 道の駅びぶかで、あげいも。ひつじのミルクもありまっせ。旭川~稚内│3泊4日道北の旅

  5. 温泉ペンション「きらの宿すばる」でディナー|北海道の社員旅行 2016.09.02-04

  6. 【礼文島】ペンションうーにーのステキな食事:2泊目│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その23

  7. すごいっ!大皿料理を自由自在にアレンジ|奈良県奈良市の小料理奈良

  8. 飲んだ後はさっぱり系味噌ラーメン:釧路市のらーめんたかはし│9月の道東4泊5日の旅

  9. ヴィラのりくらの2日目の夕食|長野県乗鞍高原

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  2. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  3. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  4. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  5. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  6. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  7. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  8. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  9. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  10. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07