豊かなペンギンエリアとクジラの骨格標本に大満足!╿山口県 下関市 海響館

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は関門海峡の流れにさからい回遊しています。

関門橋が見えるわねえ。

はて、不思議なところに辿り着きました。

梓「いらっしゃい、マンボウちゃん。ここは下関の水族館、海響館の入口だよ」

マ「あ、連理梓さん。今回も水族館のご案内、お願いしますよ、はってはて♪」

すてきな海中トンネル!

梓「海響館に入ったら、まずはエスカレーターで最上階の4階へ昇っていくよ」

マ「さっそく、お魚たちがお出迎えですねえ」

マ「はて、3階に降りると、こんなところにトンネルが

 

マ「おお、空飛ぶペンギンです」

マ「イワシのトルネードを真下から眺められます、はってはて♪」

下関ならやっぱりフグ!

梓「海中トンネルを抜けると、さまざまな生きものたちが見られるよ」

梓「まずは、水族館の帝王ことタカアシガニだ」

マ「はて、そんな呼び方をしている人はほかに聞いたことがないような」

  

マ「こうやって見ると、イカって意外と情けない顔をしているのねえ」

マ「はて、奇妙な生きもの」

マ「なんだかエイリアンみたいねえ……おや」

マ「いろんなフグが並んでます」

梓「下関のシンボルといえば、やっぱりトラフグだよね。これに加えて、海響館ではいろんなフグが展示されているんだ」

 

マ「なんだか親近感が湧くような、はて」

マ「なんと、こんなところにマンボウのお友だちが」

梓「マンボウはフグ目マンボウ科の生きものだからね」

アクアシアターでイルカとアシカの共演を!

マ「おっ、イルカショーのコーナーですか」

マ「キュートでかわいいわねえ」

マ「はて! すごいジャンプ力です」

マ「あら、こっちにはアシカちゃんも! こっちもつぶらな瞳でかわいい!」

マ「イルカとアシカの共演が見られるとは、贅沢な欲張りセットねえ」

まだまだ続く海の生きもの……そして熱帯雨林のあの巨大魚も!

梓「2階に降りると、スナメリたちに会えるんだ」

 

マ「あ、連理梓さん、見てください! スナメリのバブルリングですよ!」

マ「こっちはゴマフアザラシですよ、はってはて♪」

マ「クラゲの水槽も幻想的ですてきねえ」

マ「まぼ。向こうから、大きな魚が」

マ「はてはて! 手のひらと比べてもこの大きさ!」

梓「熱帯雨林の巨大魚、ピラルクだね。海の魚と比べても引けを取らない大きさだ」

フンボルトペンギン特別保護区で癒されて

マ「はて! たくさんのペンギンたちが屋外に!」

梓「フンボルトペンギンの生息場所の一つ、チリの『アルガロボ島』を再現したのがフンボルトペンギン特別区。より自然な状態で雛を育てられるようにしているんだ」

マ「あ、ほんとだ、こっちでも子育てしてます」

マ「あ、こっちでも」

マ「気持ちよさそうねえ」

マ「あら、意外ときれいな目をしてます」

マ「まぼ。1階の屋内にもたくさんのペンギンが」

梓「ここは世界最大級のペンギンプール。亜南極の環境を再現し、ジェンツーペンギン、キングペンギン、イワトビペンギン、マカロニペンギンの4種が飼育展示されているよ」

マ「ここでも、かわいらしい姿が見られますねえ」

マ「まぼ。毛皮を被った大阪のおばちゃんみたいなペンギンが」

マ「こっちは、なんだか背中の木が、戦士の剣みたい」

マ「はて! ペンギンは下関市の鳥でもあるんですねえ」

シロナガスクジラの全身骨格!

マ「まぼ。シロナガスクジラの骨格、はて」

  

マ「へえ、ノルウェーから運ばれてきたのねえ」

マ「おっ、まずは背骨が見えてきましたよお」

マ「大迫力の全身骨格ですねえ」

梓「肋骨なんかを見てみると、やっぱり魚とは骨の付き方が違うよね」

 

マ「いろんな角度から見てみると、クジラなのか、わからなくなってきますねえ」

マ「はて、こちらはマッコウクジラでしたか」

     

マ「最後は、いろんなクジラの仲間たちの骨格標本を満喫しました、はってはて♪」

基本情報のまとめ

☆海響館 公式HP

〒750-0036 山口県下関市あるかぽーと6−1

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.04.05

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 栂池自然園の小川には尺サイズの天然岩魚|長野県小谷村栂池山荘 2017.10.14

  2. 大隅産の養殖鰻は四万十川の天然鰻のような硬さだった | 鹿児島県薩摩川内市のたけひさ

  3. 【長野】24時間入れる2つの露天風呂付内風呂と1つの露天風呂棟:乗鞍高原のペンション渓山荘│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その11

  4. 【富山】ホテル立山で白海老から揚げ丼定食│紅葉の立山2泊3日の旅 その1

  5. 【福岡市】肉汁ドバドバのハンバーグステーキ御膳│レストランkawashima(かわしま)

  6. ちゃんぽん発祥の店でちゃんぽんと皿うどんを食す | 長崎市の四海楼

  7. 【大分】九重連山、阿蘇五岳を借景にする素晴らしき久住花公園|竹田市

  8. 生うには刺身か軍艦どちらにしますか?|那覇市の具志堅屋

  9. 《日本三景》あゝ松島や松島や╿宮城県 松島

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  2. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  3. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  4. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  5. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  6. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  7. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  8. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  9. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  10. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2016.09.02

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27