豊かなペンギンエリアとクジラの骨格標本に大満足!╿山口県 下関市 海響館

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は関門海峡の流れにさからい回遊しています。

関門橋が見えるわねえ。

はて、不思議なところに辿り着きました。

梓「いらっしゃい、マンボウちゃん。ここは下関の水族館、海響館の入口だよ」

マ「あ、連理梓さん。今回も水族館のご案内、お願いしますよ、はってはて♪」

すてきな海中トンネル!

梓「海響館に入ったら、まずはエスカレーターで最上階の4階へ昇っていくよ」

マ「さっそく、お魚たちがお出迎えですねえ」

マ「はて、3階に降りると、こんなところにトンネルが

 

マ「おお、空飛ぶペンギンです」

マ「イワシのトルネードを真下から眺められます、はってはて♪」

下関ならやっぱりフグ!

梓「海中トンネルを抜けると、さまざまな生きものたちが見られるよ」

梓「まずは、水族館の帝王ことタカアシガニだ」

マ「はて、そんな呼び方をしている人はほかに聞いたことがないような」

  

マ「こうやって見ると、イカって意外と情けない顔をしているのねえ」

マ「はて、奇妙な生きもの」

マ「なんだかエイリアンみたいねえ……おや」

マ「いろんなフグが並んでます」

梓「下関のシンボルといえば、やっぱりトラフグだよね。これに加えて、海響館ではいろんなフグが展示されているんだ」

 

マ「なんだか親近感が湧くような、はて」

マ「なんと、こんなところにマンボウのお友だちが」

梓「マンボウはフグ目マンボウ科の生きものだからね」

アクアシアターでイルカとアシカの共演を!

マ「おっ、イルカショーのコーナーですか」

マ「キュートでかわいいわねえ」

マ「はて! すごいジャンプ力です」

マ「あら、こっちにはアシカちゃんも! こっちもつぶらな瞳でかわいい!」

マ「イルカとアシカの共演が見られるとは、贅沢な欲張りセットねえ」

まだまだ続く海の生きもの……そして熱帯雨林のあの巨大魚も!

梓「2階に降りると、スナメリたちに会えるんだ」

 

マ「あ、連理梓さん、見てください! スナメリのバブルリングですよ!」

マ「こっちはゴマフアザラシですよ、はってはて♪」

マ「クラゲの水槽も幻想的ですてきねえ」

マ「まぼ。向こうから、大きな魚が」

マ「はてはて! 手のひらと比べてもこの大きさ!」

梓「熱帯雨林の巨大魚、ピラルクだね。海の魚と比べても引けを取らない大きさだ」

フンボルトペンギン特別保護区で癒されて

マ「はて! たくさんのペンギンたちが屋外に!」

梓「フンボルトペンギンの生息場所の一つ、チリの『アルガロボ島』を再現したのがフンボルトペンギン特別区。より自然な状態で雛を育てられるようにしているんだ」

マ「あ、ほんとだ、こっちでも子育てしてます」

マ「あ、こっちでも」

マ「気持ちよさそうねえ」

マ「あら、意外ときれいな目をしてます」

マ「まぼ。1階の屋内にもたくさんのペンギンが」

梓「ここは世界最大級のペンギンプール。亜南極の環境を再現し、ジェンツーペンギン、キングペンギン、イワトビペンギン、マカロニペンギンの4種が飼育展示されているよ」

マ「ここでも、かわいらしい姿が見られますねえ」

マ「まぼ。毛皮を被った大阪のおばちゃんみたいなペンギンが」

マ「こっちは、なんだか背中の木が、戦士の剣みたい」

マ「はて! ペンギンは下関市の鳥でもあるんですねえ」

シロナガスクジラの全身骨格!

マ「まぼ。シロナガスクジラの骨格、はて」

  

マ「へえ、ノルウェーから運ばれてきたのねえ」

マ「おっ、まずは背骨が見えてきましたよお」

マ「大迫力の全身骨格ですねえ」

梓「肋骨なんかを見てみると、やっぱり魚とは骨の付き方が違うよね」

 

マ「いろんな角度から見てみると、クジラなのか、わからなくなってきますねえ」

マ「はて、こちらはマッコウクジラでしたか」

     

マ「最後は、いろんなクジラの仲間たちの骨格標本を満喫しました、はってはて♪」

基本情報のまとめ

☆海響館 公式HP

〒750-0036 山口県下関市あるかぽーと6−1

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.04.05

水族館 相互リンク

↑↑↑日本全国でマンボウが回遊した水族館の記事はこちらにまとめてあります。

水族館好きのみなさんはぜひ、チェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 本州最南端の地へ╿和歌山県 串本町 潮岬

  2. ANAプレミアム席の機内食:稚内空港~羽田~福岡空港へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その45

  3. パン粉を乗せて焼いたオイルサーディン缶|福岡市博多区の五三食堂 その34

  4. キンキの炭火焼とそれに合わせて特注した冷酒を飲む | 宮城県仙台市の地雷也

  5. 平目のえんがわ カラスミ和えって美味いに決まってますよね |福岡市の五三食堂 その2

  6. 大葉の香り高しのジャコ飯 | 福岡市博多区の五三食堂 その11

  7. 《解説》光を求めてタッチも変わる╿絵画を語るとき我々の語ること⑧印象派

  8. ウィスキーのみの硬派なBARは渋いJAZZを流す大人の社交場│福岡市のハーツフィールド

  9. 温泉ペンション「きらの宿すばる」でディナー|北海道の社員旅行 2016.09.02-04

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  2. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  3. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  4. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  7. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  8. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  9. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  10. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07