【 滋賀 】日本の誇るフィギュアの世界!╿海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は琵琶湖の地から滋賀県の長浜を回遊しています。

はて! 突然恐竜の顔が!

うわあ、びっくりしたあ。はて、ここは一体。

梓「ここは、海洋堂の営業している海洋堂フィギュアミュージアムだ」

マ「あ、連理梓さん。はて、海洋堂とは」

梓「いろいろな模型を製作していることで世界的に有名な会社だよ。チョコエッグのおまけなんかも作っていたね」

マ「はて! そんなところが運営しているミュージアムとは気になりますね。さっそく行ってみましょう、はってはて♪」

マ「おお、いきなり自然の生きものたちがお出迎えですね」

マ「あ、『よつばと』のよつばちゃん」

マ「けっこう大きいですねえ。等身大サイズでしょうか」

梓「さて、メインの展示は2Fだから、階段を昇ろう」

特撮シリーズ

マ「あ、ゴジラ!」

梓「平成ゴジラシリーズのゴジラだね」

マ「まぼ、なぜわかるんですか」

梓「私はゴジラが好きなんだ」

マ「これは、モスラの幼虫ですね。これはマンボウも知ってます」

マ「まぼ、こっちは少し情けないような」

梓「これは初代ゴジラだね」

マ「「おお、演出も加えると、かっこいいですねえ」

生きものシリーズ

マ「おお、これは巨大なジンベイザメ!」

マ「こっちは、恐竜たちですね!」

マ「いろんな種類の生きものがチョコエッグの付録になっていたんですねえ」

仏像シリーズに歴史的なアレも!

マ「おお、色とりどりで細部にも気合の入った仏像たちです!」

マ「あ、これは興福寺の阿修羅像ですね!」

マ「細部まで丁寧に作りこんでありますねえ」

梓「よく見ると、左手の指先が欠けているところまで再現されている

マ「はて! 芸が細かいですねえ」

マ「おお、歴史的な造形物がほかにも」

梓「遮光器(しゃこうき)土偶に、埴輪(はにわ)もたくさんだね。ギリシャ美術にエジプト美術も興味深い」

アニメ

マ「おお、『風の谷のナウシカ』のナウシカとクシャナ殿下ですね」

マ「ジャンルを問わず、いろんなアニメのキャラクターが並んでいるんですねえ」

マ「はて、よつばちゃんが笑っている隣で、進撃の巨人が人を食べてます……」

マ「ロボットのフィギュアも充実していますねえ」

北斗の拳

マ「おお、等身大のケンシロウですね!」

マ「ケンシロウとラオウですか。この辺まではマンボウもわかります」

マ「はて、これは」

梓「そりゃあ、南斗六聖拳だよ」

梓「おお、カサンドラのウイグル獄長まで見られるとは思わなかったね」

マ「はて、獄長」

エヴァンゲリオン

 

マ「エヴァは、キャラも機体も、展示が多いです。人気がうかがえますねえ」

無数に広がる手のひらサイズのフィギュアたち!

マ「うわあ、すごい数のフィギュアがコレクションケースに展示されていますねえ」

 

マ「ジャンルを問わずにいろいろなフィギュアを作ることで、幅広い層の人気を掴んできたんでしょうねえ」

ミュージアムを回ったあとには、ショップも楽しんで!

梓「ミュージアムには、ショップも併設されている」

マ「あの展示を見た後だと、ますます購買意欲をそそられろそうですねえ」

マ「あ! やっぱり買っているじゃないですか」

梓「いいじゃないか。安かったんだ、ヴェロキラプトル。全長も15cmぐらいでなかなか迫力もあるよ」

マ「あらあら、こっちはかわいいクマちゃん。これも買ったんですか」

梓「ミュージアムの入場券を買うときに、一回だけガチャガチャを回せるんだ。私が回したのはテディベアだけど、こうやって飾ってあげると、なかなかかわいいよね」

基本情報のまとめ

☆海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館 公式HP

〒526-0059 滋賀県 滋賀県長浜市元浜町8-22 長浜アートセンター

≫GoogleMapで開く

 

長浜観光 相互リンク

〇現存する日本最古の鉄道駅舎╿滋賀県 長浜鉄道スクエア

〇きんつば、堅ボーロにホワイト餃子?╿滋賀県 長浜の知られざるご当地グルメ

〇太閤・秀吉の地!╿長浜城歴史博物館

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.03.04

関連記事

  1. 【 千葉 】正統派居酒屋で鯵のなめろう|千葉市栄町の寿々喜

  2. 【 福岡市 】味噌豚ビビンバとホルモン鉄板焼き定食|焼肉ウエストプレミアム キャナル前店

  3. 【 北海道 】旭山動物円でホッキョクグマの肉球やお尻の穴まで観察した後は美瑛のパッチワークロード│7月の道央2泊3日の旅

  4. 【福岡市】豚肉の紅茶煮はとろとろだった│いずみ田 祇園店

  5. 【 青森 】道の駅浅虫温泉「ゆ~さ浅虫」350円で展望風呂に入る│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その7

  6. 【 青森県 】煮干し出汁、手打ち麺の中華そばを花菱で食う。│ 3泊4日 晩秋の津軽 その29

  7. 【 兵庫 】自家製のソースと粉、多種多彩なお好み焼き|兵庫県西宮市のてんてこ

  8. 【 5月の北海道 】大正3年開設の五稜郭公園は朝の5時からジョギングを楽しめます│ 3泊4日函館の旅 その54

  9. 【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

  1. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  2. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  3. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  4. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  5. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  6. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  7. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  8. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  9. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  10. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  1. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  3. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  6. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  9. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2017.10.13

  10. 【2月:オホーツク3泊4日】流氷船でサンセットクルーズ&オホー…

    2015.02.20

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07