【動画あり】快晴!積丹ブルーの神威岬│北海道積丹半島

なごみの宿いい田を朝8時半前に出発しました。目的地は宿から5分あまり走ったところにある神威岬です。前日通行止めだったのでリベンジなのです。
思ったとおり風が弱く通行止めは解除されていました!≫前日通行止めの記事:【動画】積丹牛乳を使った「しゃこたんブルーソフトクリーム」│北海道積丹町神威岬

快晴の神威岬は素晴らしい眺めです。この独特な岬の先端までは女人禁制の門から徒歩で20分あまりでしょうか。もちろん足の悪い方は行くことができません。

朝の8時半、人がほとんどいません。そりゃそうでしょうね。

積丹ブルーが素晴らしいです。

島武意岬方面です。

天皇誕生日に灯台守の家族が余別の町に買い出しに行った際に波にさらわれたことで掘られたトンネルがあります。大きな岩が立ち上がっていますがこれは「水無しの立岩」と呼ばれています。

【念仏トンネル】≫ウィキペディアより引用
神威岬近くのワクシリ岬にある全長60メートルのトンネル。1918年(大正7年)11月8日開通。現在は立入禁止となっているが、以前は神威岬に行くにはこのトンネルを通る必要があった。1912年(大正元年)、灯台守の家族がワクシリ岬付近で荒波にさらわれ死亡するという事故が起きたのを契機に、1914年(大正3年)に着工した。両側から手掘りで掘り進むうちに食い違いが生じ、工事が中断したが、村人たちが念仏を唱えて鐘を打ち鳴らしたところ、その音で掘り進む方向が分かり工事が再開できたと言われている。このため、途中で2度折れ曲がっており、内部は真っ暗である。念仏を唱えながら通ると安全であると言い伝えられている。

さて手前に3つの同じような奇岩が見えてきました。真ん中の奇岩なんですが・・・。

その中に私が「アントニオ猪木岩」と命名した岩があります。いかがでしょうか?

≫関連記事:昔は女人禁制だった神威岬よりロシアを眺む|北海道積丹町

それにしてもコバルトブルーの海の色は美しい。黒いのは昆布のようですね。

岬の形状がこんななので突然の突風が吹くことがあるので注意をしなければなりません。

道の両サイドには柵があります。道は細いです。

晴れた日は最高です。さすがにこの岬、穏やかとは言え風は結構あります。

岬の先端あたりで船をとめて漁をしています。

振り返るとだいぶ歩いてきたのが分かります。右手は泊村方面です。

岩が落ちてこないように祈りながら通過します。

1888年(明治21年)8月25日、北海道で5番目の灯台として初点灯。2度の建て替えを経て、現在は無人化されている。≫ウィキペディアより引用

神威岬灯台へやってきました。

北海道の現存する灯台では5番目に古いものだそうです。

灯台の下にある説明版です。

神威岬灯台の動画。

神威岬先端までやってきました。初めて快晴の神威岬にやってきましたので感無量です。西北に向かって突き出しているんですね。

この特徴的な神威岩。

動画でその様子をお楽しみください。

以前、ずっと向うに見える大陸のようなものを見て「あれはロシアじゃないか」と思ったお馬鹿さんな私。

和歌山の海に似たような奇岩がありますが、それとはまた違う岩礁です。

波に洗われてこのような形になったのでしょうか。

ずっと停止していますが素潜漁でもしているのでしょうか。

ほんの少しの時間でしたが積丹ブルーを堪能しました、ありがとう積丹半島、神威岬。

神様の岬を後にして戻ります。駐車場まで30分近くかかるはずです。

≫ニセコ経由で札幌千歳空港へ:赤肉と青肉、2種のメロンスムージー│北海道喜茂別町 畑の食堂 あべ屋

 

☆神威岬駐車場
〒046-0321 北海道積丹郡積丹町神岬町92
googleMapで開く
TEL:0135-46-5730 (カムイ番屋:駐車場にあるレストランや売店)
公式ホームページ 積丹観光協会

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2019.06.03

関連記事

  1. 二度揚げしたヤマメは頭からボリボリ|大分県の久住高原コテージで夕食

  2. 巨大なかき氷「雪山」の上下に抹茶|JR博多駅の「京はやしや」

  3. 弟子屈なら定宿の温泉ペンション「きらの宿すばる」| 2018年7月道東3泊4日の旅

  4. ザラメが特徴、長崎カステラの福砂屋本店。

  5. 日本最古の「伽藍(がらん)」が残る寺╿大阪府 四天王寺

  6. 脂が乗りまくり!名物の炙りバッテラ|福岡市博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  7. 日本最大級の淡水魚の水族館!╿栃木県なかがわ水遊園

  8. 昭和ロマンに美術館、昇竜観音、ボケ封じ……いったいなんだ! 稲積水中鍾乳洞

  9. 手の込んだ和のコースを堪能 | 福岡市、食と酒 なかむた その5

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  2. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  3. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  4. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  5. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  6. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  7. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2019.04.18

  8. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  9. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  10. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27