きんつば、堅ボーロにホワイト餃子?╿滋賀県 長浜の知られざるご当地グルメ

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は琵琶湖を回遊の末、滋賀県の長浜市に到着しております。せっかくだから、いろいろなおいしいものを堪能したいわよねえ。

滋賀県と言えば、やっぱり近江牛よねえ。

梓「ところが、近江牛以外にもまだまだ楽しめるご当地グルメが長浜にはあるんだ」

マ「あ、連理梓さん。長浜ならではの食べものを教えてください、はってはて♪」

芋でできているきんつば!?

マ「むむむ、芋……のきんつば? きんつばって、普通はあんこを包んだものでは」

梓「芋平(いもへい)では『安納いも』『屋久島幸吉(こうき)いも』『種子島紫いも』『紅隼人(はやと)いも』の4種類の芋あんを売っているよ」

梓「というわけで、4個入りが2つずつ入った8個入りを買ってみた」

 

マ「きんつばにも、芋がぎっしり詰まってます! はってはて♪」

梓「見ためほど甘すぎはせず、さっぱりとした味わいながら、芋のこくが伝わってくるよ」

関西唯一のホワイト餃子が楽しめる店╿茶しん

マ「はて、回遊しているうちに、新しいお店へ着いたわねえ。茶しん……ここもお茶屋さんかなにかしら」

マ「はて、なぜかフォントがどれも違う」

マ「ホワイト餃子……はて、気になるわねえ」

マ「イタリアン焼そばもいったい何が出てくるか、想像もつかないです。さっき、きんつばを食べたばかりなので、今回はホワイト餃子だけにしておこうかしら」

梓「ちなみに表の蝋(ろう)細工ではこんな感じ」

マ「まぼ。麺の上に不思議なあん」

マ「なぜか、名物であるホワイト餃子は写真対応です、はて。10個単位で売っているとは。たくさん出てくるのかしら」

梓「入口すぐのレジでお会計を済ませてからテーブルに座るシステムだ。お水はセルフサービスだよ」

マ「昭和時代をそのまま引き継いだような歴史感あふれる店内ねえ」

梓「店内はテーブルが5、6脚程度でそれほど広くはないから、17時半ぐらいにはもういっぱいになっているので、早めに来るのがいいかもね」

マ「はて、テーブルには、透明なマットの下になにやらハガキが挟んであります」

梓「茶しんはもともと、その名のとおり、お茶を販売しているところなんだ。別の店舗に行けば、各種お茶を購入することができるよ」

マ「そんなお茶のお店がホワイト餃子にイタリアン焼そばを……不思議ねえ」

梓「さあ、ホワイト餃子がやってきた。これで20個セット」

マ「1個あたりは、普通の餃子より少し小さいかしら。お味は……厚い皮がもっちもちですねえ!」

梓「肉汁があふれてくるようなこともなく、軽くて食べやすい味だ」

マ「子どものおやつにもいいかも」

梓「ホワイト餃子は持ち帰りもやっているんだよ」

マ「持ち帰り! そういうのもあるのねえ」

マ「まぼ。茶しんと同じ屋根の下に『暫 しばらく』の文字」

梓「こちらでは、大判焼きを売っているよ。1個78円なり

マ「はてはて! これだけ餡子が詰まってこのお値段! 良心的ですねえ」

お持ち帰りにちょっと買いたい╿堅ボーロ

マ「いろいろなおいしいグルメを見て回りましたねえ」

マ「むむむ。のっぺいうどんに、焼鯖そうめん」

梓「のっぺいうどんは、しいたけ・湯葉・かまぼこといった、たくさんの具が入ったるあんかけのうどん。焼鯖そうめんはその名のとおり、そうめんにサバが乗っているね」

マ「町のいろいろなところに、焼鯖そうめんの文字がありますねえ」

マ「あらら。長浜だけに、福岡の長浜ラーメンが」

梓「とんこつラーメンで有名だよね」

マ「だけどマンボウちゃん、いろいろ食べておなかいっぱいになっちゃいました。ここらで、なにかお土産を買って、おうちで食べちゃおうかしら」

梓「そんなマンボウちゃんにおススメなのが、この堅ボーロだ」

マ「はて、堅ボーロ」

梓「小麦粉を二度焼きして、生姜砂糖でコーティングしたお菓子だよ」

マ「堅い商品ですので……ほおん、どれどれ」

マ「まぼ、まぼ、堅いわねえ……でも、甘すぎない生姜がゆっくりと口の中に広がりますねえ。もひとつ、ぽりぽり。もひとつ、ぽりぽり。止まりません、はてはて~」

基本情報のまとめ

芋平 長浜店

公式HP

〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町8−19

≫GoogleMapで開く

※すぐ近くのアーケードには「大手門店」もあります。

茶しん

公式HP

〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町5−3

≫GoogleMapで開く

堅ボーロ

元祖 堅ボーロ本舗(清水ボーロ) 公式HP

長浜観光 相互リンク

〇現存する日本最古の鉄道駅舎╿滋賀県 長浜鉄道スクエア

〇太閤・秀吉の地!╿長浜城歴史博物館

〇日本の誇るフィギュアのミュージアム!╿海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.03.04

関連記事

  1. 炭火で焼いた穴子のつまみ:むつ市の秀寿司【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その5

  2. 《解説》クリムトたちの妖しい世界╿絵画を語るとき我々の語ること⑨象徴主義

  3. 真鱈ほっぺたフライ | 福岡市博多区の五三食堂 その7

  4. 美味いっ♪豆腐田楽は伊賀の名物|三重県伊賀市、田楽座わかや

  5. ちんこ団子って知ってますか? | 鹿児島県、薩摩川内市のおにつか

  6. 路線バスで1時間あまり(一般車は4月まで通行止)|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その1

  7. 【礼文島】知床、メノウ浜、桃台猫台展望台│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その16

  8. 【稚内】稚内公園には野生のエゾ鹿(バンビ)が草を食んでいました│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その4

  9. 《解説》ヘタウマ絵画も意味がある!╿絵画を語るとき我々の語ること②中世

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  2. 【2月:オホーツク3泊4日】流氷船でサンセットクルーズ&オホー…

    2015.02.20

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  5. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  8. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  9. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  10. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27