泳ぎ鯖刺し|福岡市の居酒屋きはる

開花宣言があったばかりというのに、中洲の春吉橋近くの桜はかなり咲いていました。

桜の季節の夜は肌寒いですよね。

もう5年くらい前になるでしょうか「住吉のチーズ」で働いていた若者から教えてもらった「きはる」

「泳ぎ鯖」なるものがあって「体が震えた」ほど美味かったという情報を聞いて、1~2度電話したことがありましたがその時は当日予約は無理でした。

今回、ふと思いついて当日予約電話を18時半にしてみると「20時までだったらOK!ラストオーダーは17:30まで」とのことで即、お店に走りました。

「五島サバ きはる」の提灯が下がっています。お店は2階にあります。

店の入り口まで上がると3人のご婦人が「ダメだと思ったんだよねぇ」と言いながら降りていくところでした。

どうやら「いきなり来店」を試された様子。予約してからいった方がいいよ~。

さて中に入ると「カウンターのどこでも座っていいですよ」とのことで厨房の中が見える真ん中に座りました。

飲み物はハイボールのデカいのをお願いしました。

まずは、つきだし3種が登場。メニューを見たら、このつきだし「500円」です。

奥にあった小さな茶わん蒸しは小エビが入ってて、とても美味しいです♪

さて、「体が震えるほどの泳ぎサバ」とは?

メニューを見ると右上に囲ってありますがな。五島の泳ぎサバ刺し・炙鯖刺し・胡麻サバの3種と穴子ですね。

うん!?よく見ると鯖メニューがすごく多いです。11種類もありますわ(^^)/

そしてメニューがどれも私ごのみ。

まずは「泳ぎサバ刺し」から。この色合いを見てください。普通食べるサバと「濃さ」がなんだか違います。

大将に「なんで泳ぎサバ」って言うんですか?って聞いたら「市場から買わずに漁師から直接買ってるんです。さっきまで泳いでいたのを釣ったやつを出すから泳ぎサバ」

ほう!納得です。刺身のお味ですか?バリ美味いに決まってますがな。

鯖ツナでポテトサラダ。サバのアジがほんのりして美味しいですよ。

鯖だけじゃなんですから「むかご」をお願いしました。

むかごの素揚げはホクホクです♪

さて冷酒をお願いしましょうかね。

クセのない佐賀の東一にしましたよ。酒器も良いですね。

アスパラガスの酒盗バター炒め。

これねぇ、「酒盗くさいか」と思ったら全然そんなことはない。バターが酒盗の臭みを消すのかな。

とろりとしたあんかけが掛かっているような感じで、アスパラガスの味を引き立ててとても美味しいです。

サバの燻製。レモンを絞ってかけマスタードで燻製サバを食う。しあわせ。

〆にかかります。サバコロッケです。

ジャガイモとサバの混合。わかりますよね?ソースをからめて頂きました。

それと一緒に頂いたのが「焼きサバチャーハン」

美味いチャーハンは色を見ただけで分かりますよね!

上に乗っかってる梅肉などもグチャグチャに混ぜて頂きました。いやあサバ料理、何種食べた?・笑

満足しました。

次回は「春吉プリン」なるもので〆たいな。

炙りサバ刺しと炙り穴子刺し 2019.04.01

福岡市は桜も満開です。いつのころからか桜を眺めるくらいで花見という花見をしなくなりました。

さてカウンターに座るとほどなく、つきだしが出てきます。500円なり。

手前右は蛸にめんたいこを絡めた塩辛。奥の茶わん蒸しは一口サイズで温かく美味しいです。

とりあえずモルツの生ビールをお願いして、メニューを眺めます。

前回は「泳ぎサバ刺」を頂いたので今回は炙りシリーズで行こうと思います。

炙り鯖刺し。五島の漁師さんから直接仕入れるという新鮮なサバ。なんだか色合いが独特なんですが新鮮だとこうなのでしょうね。

鯖も炙るとグっと甘みが増す感じで美味しいです。

こちらも五島から。炙り穴子刺しです。透明感あってとても美味しい穴子でした♪

あげたてさつま揚げ。本当にアツアツなのでしばらく時間を置いてから頂きました。

中は豆腐など入っていない固めのさつま揚げです。

ドライトマトと焼きナスの白和え。これ、生クリームが入ってるのだろうか。クリーミーでとけるように美味いです。

まるでやわらかいポテサラみたいです。

冷酒はグラスで頂きました。まずは青森の斬という純米吟醸に続けて東一。

これ東一。東一は甘めのお味で好きなのです。

朝倉地玉子のニラ卵焼き。朝倉ってたまごの生産で有名ですよね。

この卵焼き、中がとろりとなっている状態でした。ここまでとろりとした卵焼きは初めてです。

冷酒のアテにいただいた生蛸の塩辛風。

「風」がついているとうことで塩辛ではありません。柚子のお味がついている刺身と言った感じかな。

予約していないお客様が次々に来店し、つぎつぎに断られています。予約必須ですね。

〆はもちろん焼きサバチャーハンです。梅、紫蘇が乗っかってきます。「混ぜこんで食べてくださいね」とスタッフさんが言いますので・・

しっかり混ぜ混ぜして頂きました。前回も頂きましたが安定の美味しさです。

デザートは「元祖 春吉プリン」。生クリームの量がかなり多いお味です。満足して千鳥足で帰途につきました。

いまどき「つけ」を申し出るお客様いるの?って聞いたら「いないです」って。先代から貼ってあるのでそのままらしい。

☆きはる
福岡県福岡市中央区春吉3丁目21-28 2F
googleMapで開く
TEL:092-752-3312
営業時間:18:00~23:30
定休日:日曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019年03月25日

関連記事

  1. バリウマの自家製キムチとねぎPタンを七輪焼肉で食す | 福岡市の焼き肉屋ばかとあほ

  2. けの汁そばを食う:青森空港の食事処ひば│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その8

  3. 五色沼で二ホンリスに遭遇|9月の福島県裏磐梯

  4. 【福岡市】スパイスが卓上に載っているサフランご飯のカレー屋さん│スパイス

  5. 分厚い帆立差しに銀カレイのえんがわ | 帯広市の炉端、魚千

  6. 【福岡市】揚げたてのデカいネタが順番に出てくる大衆天ぷら定食屋|だるま吉塚本店

  7. なわて通りでお好み焼き|長野県松本市の「いかるがの里」2017.10.13~16

  8. 砂ずりポン酢は炙ってありました | 福岡市博多区の居酒屋、五三食堂 その3

  9. つぶ貝刺しの後はつぶ貝の内臓スープ:旭川の田子兵衛│7月の道央2泊3日の旅

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2016.01.23

  2. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  3. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  4. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2016.09.01

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  7. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  8. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  9. 【特集:冬の道東】快晴!冬の摩周湖や丹頂鶴、釧路の回転ずしに驚…

    2016.01.15

  10. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17