日本最古の「伽藍(がらん)」が残る寺╿大阪府 四天王寺

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、大阪の天王寺エリアを回遊しています。

はて、四天王寺。聞いたことがあるような。

梓「四天王寺といえば、聖徳太子の建てたお寺だよ」

マ「あ、連理梓さん。聖徳太子が出てくるとは、そりゃあ有名なお寺のはずですよねえ。さっそく行ってみましょう」

聖徳太子の概要とアクセス

梓「四天王寺は、593年、飛鳥時代に建てられたお寺だ」

マ「そりゃあ、古いわねえ」

梓「593年といえば、ピンと来るかい」

マ「まぼ」

梓「聖徳太子が推古天皇の摂政に就任した年だ。593年、聖徳太子、コックさん

マ「あ、いつもの語呂合わせですね、はてはて」

梓「物部守屋(もののべの もりや)と蘇我馬子(そがの うまこ)の合戦が起きた。このとき蘇我氏についた聖徳太子が、自ら四天王像を彫ったところこの戦いに勝利した。というわけで、四天王を安置する寺院が建立された」

梓「お寺の建造物の並びを伽藍配置(がらんはいち)と呼ぶ。『四天王寺式伽藍配置』は、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並び、それを回廊が囲む形式で、日本で最も古い建築様式の一つとしても知られているよ」

梓「JRの天王寺駅や近鉄の大阪阿部野橋駅からは、歩いて15分ぐらいだ」

マ「あ、もしかして『天王寺駅』って、四天王寺が由来になっているとか」

梓「そのとおり」

マ「言い当てましたよお、さっすが有能マンボウちゃん、はってはて♪」

境内を見て回ろう!

 

梓「四天王寺には大きな入口が2つあるよ。まずは名前のとおり南側へ大きくそびえる、南大門」

マ「立派な門ですねえ」

梓「一方、西側に控えるのはこの石鳥居だ」

マ「大日本、仏法最初、四天王寺、でしょうか。やっぱり、昔から仏教を伝えていることを誇っているんですねえ」

梓「日本へ仏教が伝わったのは538年。四天王寺が、日本仏教の最初期からあるお寺なのは間違いないからね」

マ「あの鳥居の額(がく)みたいなものにはなんと書いてあるんですか」

梓「『釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心』と書いてある」

マ「よ、読めません……」

梓「『お釈迦さまが説法をするここは極楽の東門の中心だ』という意味」

マ「ほええ、意味があるんですねえ。あ、この鳥居の向こうにも建物が見えます」

梓「こっちは、西にあるから西大門。通称、極楽門」

マ「松下幸之助さんが寄進したんですねえ……むむむ、門の柱に転法輪(てんぽうりん)。はて」

マ「 あ、ほんとにあった」

梓「これを回転させると、直接法門に触れて、心が現れるそうだ」

マ「たっぷり回しますよ~、おらおら~」

梓「心静かに回さない効果がないよ、マンボウちゃん」

マ「まぼ」

伽藍の周りをぐるぐる巡る

梓「手水舎を見つけたら、まずは身を清めよう」

マ「なんと、境内に中学校が」

マ「校内にも観音さまがいるんですねえ」

 

マ「はて。聖徳太子のお寺ですが、弘法大師の修行像が」

マ「こっちには不動明王が」

梓「四天王寺は元来から、特定宗派に属しない、いわゆる八宗兼学(はっしゅうけんがく)のお寺だったからね。いろいろな像があるのもうなずける」

マ「はて! こっちには無数の弘法大師が並んでいます」

梓「伽藍のすぐ北側には、石舞台が広がっている」

マ「ふむふむ。住吉大社や厳島神社に並んだ、日本三舞台、と。なんだかわからないけどすごそうねえ」

梓「古来の作法にのっとった舞楽がここで舞われることもあるそうだ」

マ「あら、こりゃこりゃ、舞台の上には昇っちゃだめですよ~」

いよいよ四天王式伽藍配置へ!

梓「さあ、いよいよ伽藍配置の中へ向かおう」

マ「立派な五重塔ですねえ」

梓「五重塔の隣には金堂が備えているね。救世観音菩薩と、四天王が祀られているよ」

梓「ちなみに伽藍配置を含めた四天王寺の全体像は、上から見るとこんな感じ」

マ「こうして見ると、建物が一直線に並んでいて、その周りを塀が囲んでいるというのがよくわかりますねえ。しかし、これはどこから見ているんですか」

梓「それはもちろん、日本で一番高いビル、あべのハルカスだよ」

マ「立派な五重塔が印象的なお寺でしたねえ」

基本情報のまとめ

≫公式HP

〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1−11−18

≫GoogleMapで開く

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2017.01.16

 

相互リンク 天王寺エリア

↑↑↑「天王寺エリアをもっと知りたい!」という方はこちらの記事をチェックしてくれ~まあんぼう~

関連記事

  1. 世界遺産の島・宮島で楽しむ╿宮島水族館「みやじマリン」

  2. 嵐電で嵐山へ、とにかく人が多い紅葉の渡月橋|京都市

  3. 上高地、大正池ホテルの夕食と朝食 | 2018.10.13-14

  4. 《世界遺産》五重塔だけじゃない!╿京都市の東寺、あるいは教王護国寺

  5. 鶏+魚介スープの手打ち中華そば|山口県山口市の侍

  6. 16種類のみそ汁を常時揃えている居酒屋さん|福岡市中洲の人形小路の田

  7. ニセコ五色温泉旅館で朝風呂浴びてから朝食|2泊3日のニセコの旅 2017.05.13-15

  8. 神の子池は神ブルー | 2018年7月道東3泊4日の旅

  9. 《解説》光を求めてタッチも変わる╿絵画を語るとき我々の語ること⑧印象派

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2019.05.07

  2. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  3. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  4. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2019.05.17

  5. 【紅葉の旅 】 白馬・小谷・栂池・乗鞍高原3泊4日の旅 2017.10.1…

    2019.02.15

  6. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  7. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  8. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  9. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  10. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07