懐かしさと新しさ、田園の丘に建つ農家民宿みずき|岩手県遠野市

橋の高炉跡・・釜石から遠野へ

気仙沼の道の駅で「魂の穴子丼」を食べたあと、遠野市の農家民宿へ向かいました。

その途中立ち寄ったのが世界遺産になった「橋野高炉跡」です。

九州の八幡製鉄所などとともに世界遺産になったものです。

インフォメーションセンターに立ち寄りました。

5月21日ですが桜が満開です。こんな時期まで桜が見れるとは岩手県の山中は遅いですね。

高炉跡は石組みが少し残っているだけなのでこのインフォメーションセンターでお勉強しました。

白樺とつつじの色の対比が美しいです。

さて釜石市を後にして遠野市へ車を走らせます。

新緑が目にしみます。

石が落ちてきますか!注意しないと。

遠野駅・・釜石から遠野へ

遠野駅にやってきました。駅前のポストには河童が乗っかってます。

遠野駅です。遠野市に来たのは35年ぶりヽ(´o`;

駅横の駐車場は30分無料、1時間までは160円、以降1時間ごとに80円アップです。

昔、収穫の時期になると絵本で見たような村祭りがありました。ドンドンひゃららドンひゃららって。懐かしいです。

遠野駅の外観はリニューアルしてありましたが、遠野駅構内は大昔のままでした。

柳田国男の遠野物語、なつかしい響きですね。

民話のふるさと遠野。

足が3本ある八咫烏でしょうか。遠野の銘菓のようです。

駅前の観光案内所でいろいろ教えてもらいました。地元の方が教えてくださるのでとても便利です。

田園の丘に建つ農家民宿みずきと夕食

遠野市の農家民宿の2階からの眺めです。田園風景がのどかです。

遠野市の曲がり屋に泊まろうかなあとか考えながら、ふと目にとまった農家民宿。

素敵なお宿でした。

敷地内の駐車場に車をとめました。

右手には農家の古いけれどきれいな小屋があります。

その隣には農家には似つかわしくない洋館が建っています。

農家さんが、趣味でされてる感じの民宿。

オヤジさんが民家の方をペンキ塗りされてました。

聞いたら、地面の煉瓦も全部自分で一輪車と身体ひとつで工事したらしいm(_ _)m

この2階にお泊りしました。お食事は1階です。

駐車場からの写真です。お昼ごろには田んぼの向こうに銀河SLが走るそうです。

ブチがお出迎えしてくれました(^^)/

洋風の「農家民宿みずき」は貸し切りでした!一泊二食で6000円余り。

さっそくお風呂を頂き、18時からの晩飯です。

九州なら宮崎県北や大分県で見かける「だご汁」にそっくりです。お母さんが手作りで作られるそうで大変美味しいです。

写真を見てもらったらわかるでしょうけど、鮎の塩焼きはホクホク。今、目の前の川で釣ってきて焼いたんじゃないかと思いました。身がパンってハリがあります。

豚のソテーも美味しい♪ 作りたてをもってきてくれるのが嬉しい♪

料理って温かいのが1番ですね(^-^)/

酒は陸前高田の酔仙。冷で頂きました。

やっと震災で流された蔵を再建したそうです。

今回、宮城県の塩釜から岩手県釜石市までを走ってビックリしたのは、復興ってまだまだ全然なんです。

5年が過ぎて、随分と・・と思ってましたが、まだ土木工事すら終わってない、ちゅうか最盛期。道行くダンプカーの大量なコト。

お母さんと話しているうちに日が暮れてきました。

田園の丘に建つ農家民宿みずきの朝と朝食

農家民宿で気持ち良い朝を迎えました。

雲海でしょうか・・雲が立ち込めています。

農家の朝は早いですね。宿泊したお部屋から見える目の前に広がる風景です。

朝7時、朝食前にあたりを散歩に出かけてみました。白い真ん中の建物が宿泊施設です。

右手に切れて写っているのがオーナーのお住まい。左手は農家の小屋です。

おばあちゃんが作業中です。

一輪車を引いているおばあちゃんに「おはようございます」とお声がけしたら「かぼちゃの種を植えて帰るところだ」とのお返事。

朝早くからお疲れ様です。

おばあちゃんとしばしお話しました。

目の前のこの道が差街道だそうです。昔はコレが本道だったらしい( ゚Д゚)

江差から遠野までコレを昔の人は馬っこで往来してたそうです。

馬っこ1頭がやっと通る道だけんど。ちょいと上まで登ると茶店があったそうです。

87歳のおばあちゃんが「ひいおばあちゃんから聞いた話だけんど。」と、教えてくださってから、また農作業の続きに歩いて行かれました。元気です‼

こうやって農作業を朝からやるのが元気の秘訣なんでしょうね♪

ふと気が付くといつの間にか霧がなくなって快晴です。

朝食もお母さんの手作り感満載で美味しいです♪

2階のリビングは貸し切りでした。ほんとリラックスできました。

階段にはたくさんの思い出が書いてあります。

ありがとう!おかあさん、おばあちゃん!

☞朝から向かったのは「かっぱ渕」|キュウリで河童を釣るかっぱ渕と伝承園|岩手県遠野市


☆田園の丘に建つ民宿みずき

〒028-0303 岩手県遠野市宮守町下鱒沢34地割104−1
GoogleMapで開く
TEL:0198-69-7833
ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2016年05月21日土曜日

関連記事

  1. 青森県三厩の生鮪の大トロと赤身 | 仙台市の「うまい鮨勘」

  2. おでんとボリューム満点のあんこう鍋を食う│水戸市の「となりのしまだ鱗」

  3. 【富山】室堂から美女平経由で立山駅へ.称名滝のあたりには猿|ホテル立山のお風呂と部屋

  4. 【和歌山】澄み渡る海の底の洞窟!╿白浜町の三段壁洞窟

  5. 正統派居酒屋で鯵のなめろう|千葉市栄町の寿々喜

  6. ANA機内からは利尻富士がしっかり見えました&ANAプレミアム機内食もご紹介│3泊4日道北の旅

  7. 【北海道】「種ごみ」や「花巻」おもしろい名前の蕎麦│厳冬の道東3泊4日 その5

  8. 旭山動物円でホッキョクグマの肉球やお尻の穴まで観察した後は美瑛のパッチワークロード│7月の道央2泊3日の旅

  9. 【福岡市】とりかわのタレ焼きと塩焼き|焼き鳥屋、とりかわ大臣

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  4. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  5. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  6. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  7. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  8. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  9. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  10. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17