【福岡市】北海道の馬糞雲丹と藍島の赤うにの食べ比べ | 知る人ぞ知る高級居酒屋、田中田

6月に行って以来、福岡市の田中田本店にやってきました。先週、予約したところ19時半からなら席が取れますとのこと。相変わらずの人気です。

いつものようにカウンターに席をとってありました。

そして、いつ見ても抜群の材料が揃っています。このどんこのデカさ、そして分厚さ、すごいです。一番でかい奴を焼いてもらうことにしました。

でかい奴が無くなりましたが残ったやつらも凄いです。

まずは生ビールを田中田印のジョッキで頂きます。

つきだしは、穴子のにぎりでした。いつも面白いものを出して楽しませてくれます。

昨今はこの見開きのメニューのみになりましたが、それでも品数が多いのでいつも楽しめます。

んで、いつも最初にお願いするのが「まぐろトロ炙り」です。

肉と見まごうばかりのビジュアルです。。辛味大根と本わさびを添えてあります。

私はいつも山葵で頂くのですが、この焼き具合、美味さ、肉のようです。

んで「生うに」に目が行きました。雲丹好きの私としてはチャレンジすべき一品です。

スタッフさんにお聞きしたら「無添加赤うに」は売り切れとのこと。んじゃと言うことで・・

北海道の馬糞うに(左)と藍島の赤うにの食べ比べにしてもらいました。やっぱ馬糞は美味いや。

いつもはテーブルの前の席にある大皿料理は皿と名前の表示だけにしてありました。

お客様の飛沫がかからないようにとの気遣いでしょう。好感がもてますね。

さて生ビールも飲み干し、冷酒に切り替えます。

お願いしたのは佐賀の東一NERO。クセのないお味で好きなお酒のひとつです。

田中田のコースターは、ひとひねりしたものが多いのですが私のコースターはいつも「高額食料品専門店」みたいなやつなのはなぜ!?

野菜も摂取せねばということでお願いしたのは「田中田サラダ」です。いろんな野菜が入っていて美味いです。今回もイチジクやサツマイモなどの旬のものが入っていて嬉しいです。

厨房の「焼き」を見ていると、まあデカい海老だこと。

私がお願いした「どんこ」も焼きを待っています。

焼き始めたと思ったら手前には、これまたデカい松茸が焼かれているじゃないですか!あのデカい「どんこ」よりでかいぞ。

やってきました「焼きしいたけ」。このどんこはすごいです。でかいです。

見てください。この肉厚なこと。かなり美味いですわ。

ここらで、箸休めにちゅうか酒のお供に「イカの塩辛」を注文です。この生っぽさがたまらんです。

そしてお酒は「三千盛 超特」をお願いしました。ミネラルウォーターはいつも登場します。

天草大王のチキン南蛮をお願いしたらタルタルソースがたっぷりでチキンが見えませんわ。

相方はチキン南蛮をおかずに、ととろ飯を注文しましたよ。

胡麻ダレをかけた上に醤油も少し垂らして混ぜ込みます。

飲み足りない私は「缶のままの姿で登場」という触れ込みのオイルサーディンを注文。

その右には「殻ごと食べるよとよ!うずら卵の醤油焼」なんていうマニアックなメニューまであります。

ピリリ有馬山椒焼きとのフレーズがメニューにくっついている通り焼いたオイルサーディンの真ん中には山椒がおいてありますね。

レモンをかけて一味マヨネーズで食べるのを推奨しているようですね。

オイルサーディン缶は「サンフェース印 いわし油漬」と書いてあります。京都は丹後のメーカーのようです。

このビジュアルが素敵。

この焼いた「鰯の油漬け」を食べるにはそれに合う飲み物がいるなあということでお願いしたのはコレ!

酎ハイメニューから・・

季節限定!生しぼり「へべす酎ハイ」です。宮崎特産のへべすがたっぷり入っています。

もちろん氷もシティホテルのBARで使うような透明な氷がちゃんと入っています。

いやあ満足しました。

最後のデザートは4分の1カレーにしました。まかないカレーがメニューになったもので、正規の量のものから8分の1の大きさまであるのでお腹の具合に合わせてどうぞ!

 

☆田中田 博多本店
福岡市中央区清川3-16-19
GoogleMapで開く
TEL:092-522-1211
営業時間:平日18:00~25:00 日祝日17:00~23:00(ラストオーダー閉店30分前)
定休日:月曜日(不定休で休みあり)
公式ホームページ 田中田

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.10.01

関連記事

  1. 【 北海道 】道の駅びぶかで、あげいも。ひつじのミルクもありまっせ。旭川~稚内 │ 3泊4日道北の旅

  2. 【北海道】飲むシュークリーム│ニセコ高橋牧場

  3. ちゃんぽん発祥の店でちゃんぽんと皿うどんを食す | 長崎市の四海楼

  4. 現存する日本最古の鉄道駅舎╿滋賀県 長浜鉄道スクエア

  5. 喧騒の河童橋が嘘みたい!すぐ近くの静かな秘密の場所|長野県上高地 

  6. 【稚内】稚内空港で「おおなご蒲焼丼」と「おおなごフライカレー」を食う│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その44

  7. 九度山村の真田庵の後は神通温泉に入って関空へ|和歌山県

  8. カワハギの刺身、大将は元寿司職人│福岡市の居酒屋、仙八

  9. 【利尻島】自家製ミルピスはカルピスを薄めたようなお味だった│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その38

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  3. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  6. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  7. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  8. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17