「注文の多い料理店」がある宮沢賢治記念館|岩手県花巻市

福岡空港からJALでいわて花巻空港へ

2017年3月25日から27日で岩手県の旅に行ってきました。

福岡空港から岩手県花巻空港へはJALのみ1日1便のみの限定です。それも時間帯が悪いのです。地方便はこうなりがちですよね。

それにしても3月と言っても東北の山はすごい雪ですね。

見学に立ち寄ったとこはあれど降り立つことは初めての「いわて花巻空港」です。

岩手花巻空港で手荷物受け取り、自動ドアからロビーに出るとカメラのフラッシュを浴びました。

誰か芸能人でも?と思ったら、花巻空港新築5周年だそうです。

林檎ジュースなんぞを頂きました!

宮沢賢治記念館と注文の多い料理店「山猫軒」

いわて花巻空港でレンタカーを借りて近くの宮沢賢治記念館にやってきました。

駐車場に車をとめて振り返ると

「注文の多い料理店」があるじゃないですか。その名も山猫軒です。

子供のころドキドキしながら読んだ「注文の多い料理店」の記憶が頭の中でいきなりよみがえってきました。

 

猫の目が怖いっ

「決して遠慮はありません」なんだか日本語が変ですが意味があるのでしょうか・・

あの「自分に胡椒を振りかける」シーンとかが思い出され妙に勘繰りたくなります。

原文のままなんですね。

若くはないけど、やや太め・笑

歓迎はされそうです。

お腹もすいていないので宮沢賢治記念館へ急ぎます。

お店の横からは北上山地の早池峰山を見ることができました。

3月の末ですが桜の芽はまだまだ硬いですね。もう少し開花には時間がかかりそうです。

まだ足元には雪が残ってますもん。

駐車場からしばらく歩くと宮座賢治記念館の入り口が見えてきました。

アプローチが結構長いです。贅沢なつくりですね。

やっと宮沢賢治記念館に到着しました。

そっか銀河鉄道の夜か。

喫茶コーナーや売店もありました。

宮沢賢治のトランクの裏ブタの中にあったという小さな手帳にアメニモマケズのフレーズが書いてあったらしく、それを復元した手帳が売ってて私はかなり興味をシメしたのですが2700円、う~んと迷ったあげく買うのヤメました。

猫の事務所で記念写真を撮りました。

花巻市博物館

宮沢賢治記念館を出発しすぐ近くの花巻市博物館に立ち寄りました。

江戸時代からあるというひな人形が展示されていました。

駒形公園前の駒形旅館の思い出

就職した頃、仙台に着任、岩手県を担当していたので、よく宿泊してた駒形旅館です。

すごく懐かしいので立ち寄ってみました。

この旅の際に予約電話したら満室と言われましたのです。たたずまいは昔のままです。

駒形旅館はホームページもないし、楽天トラベルなどに登録ないのですが震災復興の労働者などの宿泊が多いのかもしれません。残念でした。

駒形旅館からほど近い水沢駅にやってきました。そういえば・・

駒形旅館前にある駒形神社などがある公園をぶらぶらしてたら思い出しました。

大昔・・先輩と駒形旅館に泊まり、飲みに行きほろ酔いで、駒形公園を通り抜けて帰る途中、静かな公園の街灯の下に1台のクルマが停まってました。中をふとみるとカップル。

しかも男性が女性におおいがぶさりキスしながらスカートをめくりあげて真っ白いパンティの上から超速で指。を動かしてて先輩と私は酔いも吹っ飛びジイっと見いったのでした。

あの真っ白いパンティが目に焼き付いてます。うーむ、懐かしい・・笑

JR一関駅

さて駒形旅館の予約が取れなかった私は一関に宿をとっていたのでした。

レンタカーで一関に到着です。駅の両サイドには大きな市営駐車場があり24時間600円で安いです。ホテルからはそこにとめてくるように指示を受けました。

面白い冷酒があるもんですね。タクシードライバーにおすすめなのだろうか・笑

お泊まりは一関駅前のグリーンホテルです。

☞夜の食事は居酒屋まるみ|大将の卵焼きと大将のお任せにぎり|岩手県一関市のまるみ

 

☆宮沢賢治記念館
〒025-0011 岩手県花巻市矢沢第1地割1−36
GoogleMapで開く
TEL:0198-31-2319
営業時間:08:30~17:00
定休日:12月28日~1月1日
公式ホームページ 宮沢賢治記念館

☆花巻市博物館
〒025-0014 岩手県花巻市高松26 Chiwari−8−1 Dai
GoogleMapで開く
営業時間:08:30~16:30
定休日:12月28日~1月1日
公式ホームページ 花巻市博物館

※この2つの施設は共通割引券があります。

≫筆者:おのちん
≫来店日:2017.03.25

関連記事

  1. 見てわかるフワッフワの宍道湖天然うなぎ|松江市の居酒屋、やまいち

  2. 上空から地図を眺めるように。札幌千歳空港から福岡空港へ2019.06.03

  3. 手打ち「かしわ蕎麦」850円 | 北海道新得町の十割蕎麦、十箱。

  4. カプチーノのようにアワアワ,ふわふわのスープ | 福岡市、一双の豚骨ラーメン

  5. 高層ビルの屋上に! 都会の中からこんにちは╿東京都 池袋 サンシャイン水族館

  6. 魚のいない水族館!?╿和歌山県太地町 くじらの博物館

  7. 小布施に立ち寄り栗鹿の子を買って新潟空港へ、福岡空港へプロペラ機で戻ります。

  8. ヤンコプチャンと朝鮮人参入りマッコリ|福岡市の韓国料理屋 漢陽

  9. 岩魚の骨酒・小谷温泉山田旅館・鎌池・600本限定ひやおろし・白馬ジャンプ台

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  2. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2019.01.27

  3. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  4. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  5. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  6. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2019.01.27

  7. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  8. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  9. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  10. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07