【 5月の北海道 】世界のポテトチップスが置いてある、道の駅じゃがいも男爵 │ 3泊4日函館の旅 その39

道の駅なないろ・ななえ

道の駅なないろ・ななえに立ち寄りました。

ここにはジャガイモの男爵に特化した男爵ラウンジという建物があるということでじゃがいも好きな私は立ち寄ったのです。

まずは駐車場の広いことにびっくりしました。手前が道の駅で向うに男爵ラウンジがありました。林檎のオブジェなんかお金かけてますね。自衛隊さんがいらっしゃいます。いつもありがとうございます。

ん!旅好きが選ぶ!日本人に人気の道の駅ランキング2020で道内1位と書いてあります。前日の木古内も道内一位と書いてあったよなあと思ってよく見るとトリップアドバイザーの中での話ですね。

なるほど、しかも「〇〇で1位」というふうに見方を変えて選んでいくと1位が無限大に広がりそうですね。考えてるね。

建物は新しく美しいです。魅力的な旗がたなびいています。

海鮮丼や肉丼が甲乙兵でメニューがあります。面白いですね。

中に入ると峠下テラスなるものがあって軽食ができるようになっていました。

地元の新鮮な野菜などが売っているのはどこの道の駅も共通ですね。

おおっ、王様しいたけなるものは400グラム入りで10,800円というハイランクのお値段となっています。庶民が買うのかな・・ブランドシイタケですね。

THE DANSHAKU LOUNGE

男爵ラウンジにやてきました。でかいジャガイモが浮いているように見えますが、心配しないでください、外套にくっついています。

さっそく中に入ってみました。開放的なラウンジに男爵いもに特化したものがいろいろ販売されています。そして奥にはレストランとテイクアウトコーナーがあります。

男爵イモの起源について知識を得ることができますよ。

じゃがいもに関する機械か道具が並んでいます。

歴史を感じる道具たち。

世界のポテトチップスが販売されていました。

まずは英国のポテトチップス

米国のポテトチップス

ヨーロッパのポテトチップスたち

こちらはスペインのポテトチップスでした。

スペインの黒トリュフポテトチップスです。美味そうだなあ。

こちらもスペインのイベリコハム風味ポテトチップスです。いろんなポテチを買って食べ比べするのがいいですよね。

レストラン

売店の奥の左手にレストランがありました。営業は11時から15時です。

本格的なランチが楽しめます。薪を使ったライブで楽しめるみたいです。

テイクアウト

テイクアウトコーナーもあります。こちらはフライドポテトや男爵コロッケ、ソフトクリームなどがメニューです。

お客様は一人だけで少ないなあと思ったのですが・・

これから注文されるお客様と電話で予約済みのお客様に分かれているので普段はけっこうなお客様が来店されるのでしょう・・

男爵のフライドポテトを買おうと思っていたのですが、種類があって普通の男爵チップス400円なるものはマックで買うような形のフライドポテトです。そしてザ・男爵プレミアムチップス500円はじゃがいもをカットした状態で揚げたものでした。

しかもザ・男爵プレミアムチップスはオイルフレーバー+ディップ付きです。こりゃプレミアム一択ですね。そしてザ・男爵コロッケはサクサクほくほく牛肉入りと書いてあります。こちらも捨てがたいです。

外のテラス席でポテチを食べる

テイクアウトを食べるところがあるか聞いたら建物の外にすばらしい席がたくさんありました。しかも誰もいないので使い放題です。ソファにゆっくり座って頂きました。

ザ・男爵プレミアムチップスです。

マヨめんたいディップス味で頂きました。

しかし正直いってまずかったです。だって揚げてから時間が経っている感じでしわしわなんですもん。しかもオイルフレーバーはトリュフを選んだのですがトリュフの香りがまったくしません。

かけてないか間違って葉っぱを乗せたんじゃないかと思ってわざわざ聞きに戻りました。「オイルフレーバーは香りづけでスプレーするだけなので」という説明でしたがトリュフに敏感な私がまったく香らない状態なので、オイルフレーバーは選んで注文しても無意味かなと思います。

500円のポテチ、しかもザ・男爵と名付けたのなら、揚げたてを出して欲しかった。残念です。

ザ・男爵コロッケは美味しかったです。

 

☆道の駅 なないろ・ななえ
〒041-1102 北海道亀田郡七飯町峠下380−2
GoogleMapで開く
TEL:0138865195
営業時間や定休日は公式ホームページでご確認ください。

道の駅なないろ・ななえ 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2021.05.11

 

関連記事

  1. 【 京都 】紅葉の今宮神社|京都市北区の今宮神社 2016.11.27

  2. 【 5月の北海道 】函館朝市は市場が休みの水曜日を避けるべし。│ 3泊4日函館の旅 その51

  3. 【 秋田 】パンダのマークの南蛮ラーメン|ラーメンショップAji-Q田沢湖店

  4. 【福岡市】和牛・トウモロコシ・白姫海老・桜エビを1つにしたリゾット|イタリアンとTUMAMI キム翔

  5. 【 山形 】山形県にも合掌造りの白川郷みたいな場所があった │ 【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その3

  6. 【 福岡 】椎茸ダシを効かせた季節の野菜カレー│福岡県:九州自動車道広川インター下り線

  7. 【 千葉 】大人のお子様ランチ|柏市の丸の内ディンドン 柏髙島屋店

  8. 【山口】爽快っ、海面と露天風呂が同じ目線!水平線を見ながら│下関市のホテル西長門リゾート

  9. 【 群馬 】つきだしは生めかぶから怪しげに浮かぶロバのデザイン|群馬県高崎市の炉場

  1. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  2. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  3. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  4. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  5. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  6. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  7. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  8. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  9. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  10. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  1. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  2. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  5. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  6. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  7. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  8. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  9. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  10. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17