なめたらあかん姪浜の穴子 | 福岡市博多区住吉の鮨屋なにわ その2

さて、T社長が久しぶりに飲もうというので鮨なにわ。

今日の今日まで気づかなかったんですが店の外にはシャレた看板があります。

いつの間にこんなもん、シャレとんしゃあ~

19時に入店したらカウンター万席。

奥の小あがりに座りT社長を待ちます。

会議が長引いて15分遅れるとのメッセージが( ;∀;)

じっと玄関を見つめる私。女の子ならも少し待ってもあなたは15分までね待つのは・・

左手の壁を眺めると、なかなか良い絵が置いてあります。誰に書いてもらったんだろ。

「と」って誰や?

そのうちに15分遅れでT社長到着。

ちょうどカウンター左端の韓国人男女が計算して帰ったのでカウンターに座りました。

もともとオープンキッチンですが、大将が料理をするところの前なので料理する様子がよく見れます。

何か注文しないと勝手にどんどん出てきます・笑

T社長とビールで乾杯しているうちに、鮪の煮物がでてきました。血合いの香りがする系統のものです。酒飲みにはこんなアテを出しますよね。

例えば大将に5,000円で料理にしてとか、なにか言ってください。

そういう大人のお店ですが、メニュー表もちゃんとあるので大将と会話してね。

プレミアムモルツもすぐになくなり冷酒をお願いしました。

デフォルトは緑川です。その他を飲みたければ大将に銘柄を聞いてね。

冷酒をお願いしてお冷もお願いしたら器はこれもんです♪

さて、タイラギのひもぽん酢。

近くのいきつけの五三食堂でもよく頂く一品ですが冷酒のアテによく合いますよね。

大将がおもむろにドンっと大量のとら河豚をば置きました。

しかも私の目の前にはぽん酢。

こりゃ、やっぱアレが出てくるんやな。

固唾をのんで見守る私・笑

胸は高鳴る心は弾む、弾むかわいい銀の玉・なんのこっちゃ

とら河豚刺身とアワビと雲丹。

こりゃ冬の3大美味いもん酒のアテシリーズですがな。

とら河豚が輝いていますよねぇ

大将の方針は地物の魚介を出すこと。毎日、近場の金ケ崎漁港を中心に行橋あたりまで漁港に買い付けに行っています。

なんちゅうんだろう、最高の魚を他所から取り寄せるんじゃなくて、地物の新鮮な最高の魚を提供するという方針です。

T社長との話もそぞろになってきました。

話に気をくばりながら料理に目がいって気がちる気がちる・笑

さて卵焼きとこのしろ。

鮨屋の卵焼きって美味いですよねぇ。大好きです。ときどき酒のアテに注文しますよ。

お隣さんの男性2名が(知らない人なんですが)先にこのしろを食べていたのですが・・

私の方を振り向いて「この、このしろ抜群に美味いですよぉ」とほぼ叫ぶ・笑

このしろ(コハダ)は、焼いたものとかは見ないですよね。すしネタか刺身。

酒のあてに良し!

僕は「刺身はそろそろにして握りをちょいともらいましょうか」と大将に話したので、このしろで終わり。

T社長には刺身盛りが登場です。

なんか大将が熱くなった油を魚にかけ始めました。

なんですか?こんな料理の方法があるんですね。揚げないんだ。

アマダイでしたわ。おいしそ~。と思ったんんだけど「ちょうだい」と言わなかったらアマダイは私の前に登場せず( ;∀;)

ちょっと後で悔やんだ・笑

かわりにとら河豚の唐揚げが出てきました。

いやあ唐揚げはとら河豚ですよね。ほんとに美味いっ。もっと食べたいがカロリー高そうだから欲張らない欲張らない。

低い低いと思ってても高いのが「血糖値」と「プライド」ですもんねぇ

自家製の「がり」が登場です。私はほんとは甘目のガリが好きなんですが大将の作ったガリは甘くない大人の味なです。

穴子にぎり裏表。

大将に「穴子ある?」って言ったら「ありますよ~」と2つ返事が帰ってきました。

ここで穴子談義になりました。

おのちん「大将、この穴子どこの?」

大将「姪浜漁港ですよ」

おのちん「え~すぐそこの?」

大将「姪浜の穴子はすごく美味いですよ。」

おのちん「そうなんですか?」

大将「なめたらあかん姪浜!って感じです」

おのちん「へーそんなに。どのあたりでとるの?」

大将「玄海島から能古島の間あたりですよ。野上よういちさんがやってるけど籠漁って方法でとるんですわ。

籠の中にこのしろが入ってきて、これまたそれを狙って穴子がやってくるんです。シャコも籠に入ってくるんですけど、それを狙ってスズキが籠に入ってくるんです」

大将の穴子はタレをつけない写真のタイプのものです。穴子の味をタレが邪魔しないですわ♪

みそ汁がキラキラ光ってますがな。この脂の主は??

とら河豚でございました。

ここらで〆ようとしたその時。

なん大将、こんなキラキラした鯖を私の目の前にドンと置いて。

わざとですか?

脂の乗りが半端ない玄界灘の鯖ですわ。

たまらず握ってもらいました。

赤身が見えなければ太刀魚じゃないかというくらい。キラキラしてて目がくらみそう。

仕事をするときの私の目のように光っておりました(*‘ω‘ *)

大将、うまかったよぉ。またね。

☆鮨 なにわ
〒812-0018 福岡市博多区住吉4丁目6-21
GoogleMapで開く
公式ホームページ
TEL:092-473-8448
営業時間:17:30~24:00
定休日:不定休

≫筆者:おのちん
≫訪問日:2019.01.25

関連記事

  1. お安い学食で昼飯もたまには楽しいものです│福岡市九州大学大橋キャンパスの学食

  2. 開陽台で360度の地平線・遠音別川で大量のマス遡上、オシンコシンの滝|社員旅行

  3. 地鶏ささみと胡瓜の梅ぽん酢和え|福岡市博多駅南のがったんごっとん その1

  4. 温泉リゾートホテル 里創人 熊野倶楽部の食事|三重県熊野市

  5. オムライス専門店で蟹クリームオムライスとチーズ&デミグラスオムライス|京都市中京区のSTAR 京極店

  6. 《世界遺産》源平合戦の行方を決めた神社!?╿和歌山県田辺市 鬪雞神社

  7. 白いバンドウイルカとの出会い╿和歌山県太地町 くじらの博物館 その②

  8. お任せにぎりの大将は28歳| 福岡市の江戸前鮨、石ばし

  9. まるで牛肉みたいな鯨ステーキ│鯨料理の小料理おおいし

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  2. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  3. 【特集:二〇加屋長介 薬院本店】超おススメ!なんでも美味い博多の…

    2019.05.13

  4. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  5. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  6. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  7. 【世界遺産の旅:知床】知床五湖、ホエールウォッチング、摩周湖、…

    2019.04.01

  8. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  9. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  10. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2019.03.28

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17