【稚内】稚内空港で「おおなご蒲焼丼」と「おおなごフライカレー」を食う│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その44

稚内港に到着し稚内空港へタクシーで向かいました。

稚内港にフェリーで到着したのは良いものの稚内空港までリムジンバスが連携してないんです。1時間待ちでリムジンバスがあるのですがそれでは食事もできないし余裕がないのでタクシーに乗りました。タクシーで3800円くらいでした。

タクシーの運転手さんと話するのは地元のことが良くわかってとても楽しいです。

今はコロナの影響で観光バスが無いので観光客がとても少ないそうです。夏場は福岡や沖縄などからバスと運転手の応援をもらい冬場はこちらから九州へバスとタクシーの応援をしているけど、それが今はないそうです。

樺太へのフェリーが出ているのか聞いたら今は無くなってしまったそうです。だから函館から飛行機が飛んでるのでそれを利用するしかないみたいです。なぜ札幌じゃなくて函館なのか謎ですが。ただし樺太の人たちは稚内に来て電化製品などの買い物がしたいので年に4回程度臨時船が往来しているとのこと。

いろんな話をしているうちに稚内空港に到着しました。

ターミナル内にある白鳥のはく製です。

良く読むと屈斜路湖じゃなくてクッチャロ湖です。コハクチョウのはく製ですね。稚内には納沙布岬ならぬノシャップ岬があるし、どういうことなんでしょうね。

早々に荷物を預けチェックインしました。

さて空港の右手に大量の大型除雪機があったので見学です。トラックの前に除雪する板をつけて押していくタイプです。

除雪機から稚内空港ターミナルを見るとこんな感じです。

この空港ターミナルバスと稚内港のフェリーターミナルの接続が悪いのはなぜなんだろうか。

一応対応している飛行機の便が書いてあります。

またターミナル内に戻りました。宗谷岬の後ろ部分にフィヨルド地域がありそこで黒毛和牛を飼っていますが上からのフィヨルドの写真は圧巻です。

サハリンがおもしろい!面白そうっ、でも便がないっ。

稚内市のご当地ゆるキャラは「出汁之介」ですがな。誰が考えたんだろ。

2階にはANAフェスタの売店があります。また右奥にレストランがあるので昼食にしました。

こちらがレストランの入り口です。

宗谷の塩ラーメンなどにまざって「おおなご蒲焼丼」や「おおなごフライカレー」なるものがあります。

店内はこんな感じでテーブル席主体です。

数名座れるカウンター席もあります。

きゃつらは「おおなご蒲焼丼」を注文しました。

おおなごとは「イカナゴ」のことだそうです。ウィキ先生は下記のように書いてました。

日本産イカナゴは移動性が小さく各地に固有の系統群が存在している。北方系の魚であるため温暖な水域では夏には砂に潜って夏眠を行う。

限定〇〇食となってましたよ。この蒲焼丼。たっぷりとした蒲焼になっています。

まるで福島県の会津にある白孔雀食堂の「わらじ丼」を彷彿とさせるようなデカさです。

青魚の種類のようで、美味しそうに食べていました。

海藻の味噌汁です。

私は「おおなごフライカレー」にしました。

他の人のブログを見たら大きさが半端なく違ってたので採れた魚の大きさは調整していないようです。

カレー自体は良くあるレトルトのような味だったです。食べるなら「おおなご蒲焼丼」の方がおススメですね。

屋上4階の展望デッキに行ってみました。

誰もいません。それもそのはず、すっごい風が強いです。でも快晴になってきたので清々しいです。

目の前は宗谷海峡がひろがります。

こちらは向うに稚内市が見えます。

空港の裏手です。

すごい風なので早々にここを立ち去りました。

ANAフェスタの売店前の長椅子に腰かけました。

ふと見るとユンケルの自動販売機があります。珍しいですよね。稚内に来ると疲れる人が多いのかもしれません。

製薬会社の佐藤の自動販売機だからユンケルなんですね。

ANAフェスタで稚内牛乳のアイスクリームが販売されていたので買ってきました。全部バニラかと思っていたら間違って「クマザサ」を買っていました。

見かけは抹茶みたいで、食べてみたら旨かったですよ~。

≫この旅の次の記事:ANAプレミアム席の機内食:稚内空港~羽田~福岡空港へ│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その45

 

☆稚内空港
〒098-6642 北海道稚内市大字声問村声問6744
Googleマップ
TEL:0162272111
稚内空港 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.30

関連記事

  1. 国営十勝牧場は国内最大4000haの面積で広大です│7月の道央2泊3日の旅

  2. 日本最大の琥珀の産地、久慈市の琥珀博物館│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その3

  3. 世界遺産、知床五湖をショートコースで回る|社員旅行

  4. 脂っこい鶏もも焼きの後はサッパリの釜揚げうどん | 宮崎市の東京庵

  5. 【稚内】アーケード街のロシア語表記を解読│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その6

  6. 【北海道】帆立の炊き込みご飯が美味い♪川湯温泉の「お宿 欣喜湯」│厳冬の道東3泊4日 その7

  7. 甘みが強い、新物「生さんま」を旭川で食う│2泊3日道央の旅

  8. 【稚内】えぞ馬糞雲丹と北紫雲丹の食べ比べ:江戸前「寿し竜」│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その7

  9. 【北海道】素晴らしきかな!三島さんの芝桜庭園│倶知安町 2019.06.01

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【9月の道東4泊5日の旅】釧路・帯広・厚岸・根室・弟子屈、道東の…

    2014.09.04

  2. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  3. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  4. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  5. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2016.07.30

  6. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  7. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  8. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  9. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  10. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27