ちゃんぽん発祥の店でちゃんぽんと皿うどんを食す | 長崎市の四海楼

陸橋の向こうには四海楼の建物。その隣に公営の駐車場があります。

四海楼をナビに入れたのですがナビがこの駐車場を案内しました。

最新のナビは賢いですね。

お隣の市営駐車場に車を止めて、四海楼へGO

堂々たる風格のあるビルですね!

左手には龍。

その足元には・・

なんか四角いものが・・

なんだろう・・

中国の魔除けらしい・・

ビルの左手には順風耳

右手にも銅像が・・

さて階段を上がっていきます。

目指すは5Fの展望レストラン。

13時過ぎというのにEVの前には無慈悲にも「展望レストラン 満席」のお知らせ。

かまわずEVに乗り込みました。

お~EVの中の各階を示す番号は、漢字ですか。

ホントに満席でした。

名前を書いて待ちます。10組以上、待ちますが、まあしょうがない。

良くみると窓の外には中国人を乗せた豪華大型客船が停泊しています。マンションみたいですね。

椅子が置いてあるので30分くらい座って待ちました。

待っている間にメニュー表を渡されどれを注文するのか考えます。

すでにメニューを見る前に「ちゃんぽん」と決まっているですが、やっぱり眺めますね。

待っている間に置くのトイレへ

厠ですか中国式ですね(^^) 中国語では、ツァーソアーって言います。

手を洗うのはこんなんでした。

ラッキーなことに窓際の席に座らせてもらいました♪

やっぱり豪華客船が気になる。食事したら見に行こうっと。

注文を終わらせしばし待ちます。

ちゃんぽんは四海楼と江山楼が有名ですがさすがに人が多いです。

長崎名物のハトシを注文!

あ~ビール飲んでいる人が多いなあ。

車の運転なのが残念っ

ハトシが最初にやってきました。

肉のパン巻きみたいなものということでしたが、肉は小さなものでいろんな味がついているようです。

私が注文したのは、ちゃんぽん。

こぶりな蓋付ちゃんぽんもありますが100円くらいしか変わりません。

1080円のちゃんぽん。美しいです♪

 

う~ん、ボリュームは小さい。小さくても良いのですけど、井出ちゃんぽんなど普通の見慣れているちゃんぽんに比べて上品です。

ボリュームは半分でお値段は1,5倍というところ。

錦糸卵が乗っかっているのが普通のちゃんぽんとは違いますね。

錦糸卵をどけるとこんな感じです。

まずはスープを頂きます。

あっ、さすがにスープ美味いや。

でも、ちゃんぽん屋のスープってどこも美味いところが多いので抜群に違うような感じはしないです。

ちゃんぽん麺。

まあ普通です。

ツレはこれ。

ツレは皿うどんを太麺タイプにするのか、パリパリ麺であんかけにするのかに悩み・・

結局、太麺タイプで注文。

太麺でもあんかけでくるのかと思っていたのですが、このタイプでした。

お味は普通かな・・

悪くはないが並んで食べるまでのことはないかと・・

さて食事も終わりEVで2階まで降りて・・

四海楼のミュージアムがあるのです。

ちゃんぽん誕生

ちゃんぽんの生みの親。

ちゃんぽんの名前の由来。

この他にも、いろんな説明版がありました。

そんなに広くはないので食事を終わった後、さっと見て帰るのにおススメです。

そろばん

中国製の食器

中国ものがいろいろ置いてあります。

さて、この後は国宝、大浦天主堂を見にグラバー通りを歩いてみますか。

 

☆中華料理 四海楼
〒850-0921 長崎県長崎市松が枝町4-5
GoogleMapで開く
TEL:
095-822-1296
営業時間:お昼11:30~15:00 夜17:00~21:00(20時ラストオーダー)
公式ホームページ 中華料理 四海楼

≫筆者:おのちん
≫来店日:2019:01:05

関連記事

  1. 屋島の太三郎狸がお出迎え!╿香川県 高松市 屋島寺

  2. 【岐阜】バスで乗鞍高原の畳平到着。お花畑を散策しようとしたら│8月初旬2泊3日信州上高地と乗鞍岳の旅 その16

  3. 日本一の強酸性ph1.3の温泉はヌメヌメしてピリピリした|秋田県の山岳リゾート「新玉川温泉」その3

  4. 熟れた3000円の夕張メロンが6分の1カットで100円 /摩周湖第一展望台売店|2018年7月道東3泊4日の旅

  5. 上杉謙信が祀られているのは山形県?╿米沢市の上杉神社

  6. 【山口】海の真ん中で海流がぶつかり合う珍しい響灘│角島

  7. プールが映えるブセナテラスの夜景|名護市のビーチリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」その1

  8. 世界遺産「鬼ヶ島」|三重県熊野市

  9. 脂っこい鶏もも焼きの後はサッパリの釜揚げうどん | 宮崎市の東京庵

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  2. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  3. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  4. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  5. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  6. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  7. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  8. 【特集】花巻市、一関市周辺を楽しむ旅 | JAL いわて花巻空港を利用

    2017.03.25

  9. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  10. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27