【 北海道 】まるで北欧!然別湖のしかりべつ湖コタン | 冬の十勝旅4日間 その10

正面右は然別湖ネイチャーセンターです。その左手の大きな宿は営業していません。つまり右手にある「風水」が然別湖唯一の御宿です。

駐車場から然別湖を見るとイグルーと呼ばれる氷の建物がいろいろあります。北海道でも一番早く12月中旬には凍り始めるという然別湖ならではの風景が見られます。

御宿ふうすいの横に「しかりべつ湖コタン」の入り口受付がありました。

開催期間は毎年2月1日から3月末までです。開催時間は9時から20時まで。なんと氷上に露天風呂と足湯が作ってあります。全国でここだけではないでしょうか。

受付では体温を測ったりして無料入場です。このしかりべつ湖コタンは1軒だけの御宿風水と鹿追町の有志、そして然別湖ネイチャーセンターの皆さんで運営されています。

さて坂を少し降りると左へターンです。JTBやANA、JALなどいろんな旅行会社が協賛していますね。

まず正面にでかい氷の建物がありました。ここはアイスバーです。建物の上を除雪中です。

然別湖コタンの看板の横からICE BARに入れます。この氷、1月中旬に然別湖の氷を切り出して作るそうです。厚みが50センチとかあるそうですよ。

アイスバーに入店の記事はこちら

アイスバーの建物を通り過ぎようとしてふと壁面を見ると3か所明るい場所がありました。見ると不思議なクラゲのような氷になってます。

この壁面を中から見た様子はアイスバーの記事に写真を乗せています。幻想的ですよね。

このバブルは、然別湖の水が凍っていく過程でできるそうです。

気温はマイナス3℃。天気は良いし寒くありません。

さてアイスバーの建物を過ぎると然別コタンのイグルー群があります。

夏に来ると然別湖はこんなふうに澄んだ水でカヌーなどを楽しめる湖です。

さて湖面に降りてきました。入ってはならないところはロープを張ってあります。左手に1つある、やや大きめの建物が露天風呂と足湯です。

右手を見ると有料ですがスノーモービルとスノーラフトを営業しています。結構乗っている人いますよ。

スノーモービルは先にある湖面の決まった範囲を2週して、たしか1000円でした。

まずはジオ・イグルーという氷の建物です。

中に入って右手から撮影しました。

そして左手から撮影です。

さっきアイスバーで見たアイスバブルの説明版と現物が置いてあります。湖が凍る時下から湧き上がってきた気泡が閉じ込められたものだという説明があります。

アイスキャンドルの現物説明もありました。

過去のイグルーの写真です。今はコロナ禍で縮小しているようですが過去にはすごいデカいイグルーがあったんですね。

こちらは露天風呂です。無料ですがタオルなど持参が必要です。

見学は不可です。正面入り口の右手に係員がいて案内してくれます。右手に木の階段がある先に足湯があります。

右手の足湯の方はここまで入ることができます。その壁の向うが露天風呂です。

これだけの重たい施設を湖面に作って氷は耐えきれるのかと心配になるのですが「数々の失敗を経て1989年に氷上露天風呂がスタート」とあります。歴史は30年以上あるんですね!

こちらは、かまくらのようなイグルーです。

中に入ってみました。切り出した氷が重なっているようすが良く分かります。ベンチが2つ置いてありました。

ベンチから入口を見た写真です。

ここにも過去の面白いイグルーが紹介されています。猫バスイグルーとか人気ありそうですね。

然別湖の1軒宿「風水」はコタンの近くです。私は湖面に張り出した左端の角部屋に泊まりました。

これはカタツムリの殻のように中に入っていくイグルーです。

こちらも過去のイグルーの紹介です。

そして一番奥にあったのがアイスチャペルです。

これもドーム型のイグルーです。中に入ってみますね。

アイスチャペルの中はこんなになっています。ひょっとしたら冬にここで式を挙げるカップルがいるかもしれませんね。

しかりべつ湖コタンの動画です。後半に温泉ホテル風水の部屋からの眺めもあります。

≫この旅の次の記事:【 北海道 】アイスバー、氷のグラスでカクテルを飲む。別湖のしかりべつ湖コタン | 冬の十勝旅4日間 その11

 

☆しかりべつ湖コタン
〒081-0344 北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地 然別湖畔

googleMapで開く
開催期間:2月1日から3月末
営業時間:9:00~20:00

しかりべつ湖コタン 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2021.02.28

関連記事

  1. 【 5月の北海道 】 汐首岬と大間は本州~北海道の距離最短の地なのだ │ 3泊4日函館の旅 その5

  2. 【鳥取県】倉吉白壁土蔵群には淀屋、出雲大社別院、銭湯などが!:その2│2泊3日鳥取と城崎温泉の旅

  3. 《解説》激しさと静けさがまじりあう╿絵画を語るとき我々の語ること④バロック

  4. 【山口】でかい河豚の像がある亀山八幡宮は由緒ある神社だった│下関市

  5. 【大分】二度揚げしたヤマメは頭からボリボリ|久住高原コテージで夕食

  6. 【 5月の北海道 】情報発信とレストランと買い物の「道の駅みそぎの郷きこない」 │ 3泊4日函館の旅 その18

  7. 【 青森 】 JR津軽線のローカル電車と路線バスで竜飛岬へ │ 冬の青森2泊3日の旅 その3

  8. 【 沖縄 】沖縄料理を女将の手料理で信じられない安さで食べれるお店 | 那覇市の天の蔵

  9. 【福岡市】ラーメンワールドチャンピオンの純ラーメン七節│大重食堂

  1. 【 青森 】津軽半島周遊 晩秋の青森の紅葉と八甲田の雪 3泊4日の…

    2022.01.04

  2. 【 島旅 神集島 】 佐賀県唐津市の神集島はフェリーで8分で到着し…

    2021.07.25

  3. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  4. 【5月の北海道】3泊4日 函館を中心としたみどころいっぱいの道…

    2021.05.16

  5. 【 高級居酒屋 】 福岡市の田中田は一流の食材を美しく食べさせてく…

    2021.04.28

  6. 【 鹿児島奄美特集 】 さすが元沖縄です。奄美は人は少なく美しい海…

    2021.04.20

  7. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  8. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  9. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  10. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  1. 【特集記事】ANA国内線プレミアムクラス機内食  記事の一覧

    2019.01.23

  2. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  3. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  4. 【 島旅 唐津市高島 】 宝当神社がある高島までフェリーで10分

    2021.07.06

  5. 【特集:9月の道央2泊3日】日本一早い紅葉を見に大雪山系旭岳へGO

    2015.09.05

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:7月の道央3日間】旭山動物園、美瑛のパッチ良野ラベンダー…

    2015.07.04

  8. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2016.09.01

  9. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  10. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07