全国から常連が集うおでん専門店 | 長崎市の桃若

急に行きたくなった長崎市のおでん専門店、桃若。

1月5日、朝の9時過ぎに電話してみました。

「はい、桃若です」

えっ出ないと思ったのに大将が出ました( ゚Д゚)

「今日の予約をしたいのですが」

「あっ、今日からやってますよ」

18:00の開店時間に予約を入れ、それから楽天トラベルでホテルを予約しました。

ホテルは思案橋、つまり桃若に近い、ドーミーイン長崎にしました。

九州自動車道を博多➡長崎へ

お昼は四海楼でちゃんぽんを食べ長崎市内をぶらぶら。

17時45分に桃若に到着。

まだ暖簾が出ていません。

しょうがないので銅座(このあたりの飲み屋街)をぶらぶら、近くにある福砂屋本店でカステラを買ってから再度、桃若に向かいました。

だんだん日も暮れてきて良い感じです。

思案橋のメインストリートも道は広くないのですが、銅座の飲み屋街は本当に道が狭い。

長い歴史があるからこそ、こんなんなんでしょうね。

メインストリートから横道に入るともうこんな感じ。

なんでこうなのかわかりませんが雰囲気良し!

商店街の専用トイレなんてのもありました。

18時数分前。

赤ちょうちんが下がり暖簾も出てるじゃないの。

早速、入店しました!!

 

実は20年ぶりくらいだったのですが、女将はお代わりなかったのですがご主人は息子さんに譲ってらっしゃいました。

お元気だそうです。

女将に聞いたら女将のおばあちゃんが創業されて、お父様が継がれて、そして女将の代になり息子さんがやり始めたということで4代目ですね。

昭和6年の創業だそうです。1931年の創業ということになりますね。

私は、昔、長崎新聞の知り合いの記者に教えてもらって仕事で長崎に行く際には寄らせてもらっていました。

新しいメニューもありましたが、今日はまだ準備がないとのこと。

おでんネタの前に座ったので皆さんが注文される品を見ることができるのでとても良い席でした。

あっメニューは奥の壁に札を下げてあります。50種類くらいかな種類があります。

すぐにお客様で満席。

6時半にもなると飛び込みのお客様は全員お断りされています。

「年の初めはいつもは暇なんだけどね」と息子さん。

女将がロールキャベツはまだですよお

とか、大根ももう少しとかお客様の注文をさばいています。

お客様の注文は紙に手書き。クラシカルです。

ネタ表を作って正の字で管理した方が早いと思うのだけど、これはこれで味がありますね(^_-)-☆

女将がいろんなカウンターのお客様と話をしていますが以前長崎に住んでいて東京に今住んでる人とか、県外の人が正月に長崎に戻った際に立ち寄っているようでした。

女性2名連れなども複数います。

お父さんによく似た息子さんも手書きしてからネタをお皿に装います。

パノラマにしたら真直ぐなカウンターがL字に曲がってしまいました・笑

まずは豆腐とタマゴと大根を注文。白物だけになりました(^^)

ビールで開始しました。キリン・サッポロ・アサヒが置いてあります。

おでんは豆腐があれば必ず最初にもらいます。

タレは薄味のさっぱりした感じです。

ツレはコンニャクときんちゃくと竜眼を注文しようとしたら

竜眼は2つに切らないといけないから後でね

ということで、練り物を「おいしいよ」と勧められ頂いてました。

※18時にお客様が入って一度に注文なのでさばくのが忙しいのです。

きんちゃくには、野菜がたっぷり入っていました。

ここらで黒霧島の水割りを1杯注文。

女将に昔話をひとつしました。

20年ほど昔、私はカウンターで一人で飲んでいたのです。

ある時70代位の年配男性が・・

先代に「あんたのオヤジさんの頃、つまり終戦後に酒がなかったころ、お願いしたらこそっと裏から焼酎を持ってきてくれて飲ませてくれた」

という話をしたいたのを良く覚えています。

女将が「え~焼酎を飲み始めたのは近年だけどね~」と言っていたので、ひょっとしたらお酒を持ってきてくれたの覚え違いかもしれませんね。

そういえばメチルアルコールがどうのとか言っていたので、やっぱりお酒だったかもしれません。隠し酒を持ってきたのでしょう。

里いもとハンペンと牛蒡天(メニュー板には棒天と書いてありました)

ハンペンに味が染みています♪

蛸・竜眼・ロールキャベツ。

竜眼はちゃんと2つにカットしてくれました(^^♪

ここらで冷酒に変更。2種類用意してあり甘口という六十餘洲という波佐見町の今里酒造のお酒をもらいました。

銀杏は色が映えますよね。

お隣さんが注文したものが目の前で見れます。銀杏を食べたくなりました・・

ん?なんか貝みたいなものが・・

アワビ??

あかぎし貝という貝だそうです。初めて聞きました。

この「あかぎし貝」柔らかくてコリコリとかしていなくて、アワビみたいなお味で美味しかったです。

丸い練り物は「いわしの団子」

そして銀杏の美味しいこと。銀杏っておでんにしても美味いんですね♪

板メニューにあった「塩辛」を注文。

かつをの酒盗でした。

櫻正宗の熱燗を注文。

熱燗を1合、お願いしました。

まだまだ飲める感じですがセーブします・笑

じゃがいも。

小さなじゃがいもですが味が染みて美味しいです。

ここらで勘定をしてもらってお店を出ました。

2名で8600円なりでした。

途中で女将が小銭を握りしめて「向いの酒屋に行ってくる。ほんとに便利なんよ、近いから」と言っていた店が確かに向かいにありました。

さて、店を出たのは目的があってのこと。

女将が「よこはまのラーメン」が一番うまいと私は思う。長女もそういうのよねえと言っていたので、〆にそのラーメンを食べようかと思ったのです。

☆桃若
長崎県長崎市本石灰町3-1
GoogleMapで開く
TEL:095-823-3392
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜・祝日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2018.01.05

関連記事

  1. ナイトラン、つまり夜に滑走路をジョギングできる中標津空港|北海道の社員旅行 2016.09.02-04

  2. 手作り感満載のでかいハンバーガー│沖縄県浦添氏のjimmy’s 浦添店

  3. 春だけの生わかめシャブシャブ。メインはフカヒレ|岩手県花巻市の鉛温泉藤三旅館

  4. 【礼文島】知床、メノウ浜、桃台猫台展望台│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その16

  5. 釧路空港→羽田空港へのANA742便機内食 | 羽田→福岡空港行は富士山が良く見えます。2018.12.17

  6. ラクレットチーズのパスタ|札幌千歳空港の花畑牧場ラクレット

  7. 【福岡市】でかい!とらふぐの白子焼き|地物のネタで勝負する【鮨 なにわ】 その5

  8. 【福岡市】辛そばダシで麻婆豆腐│居酒屋サダカネ

  9. 海鮮が抜群の店の〆は栗と松茸の銅鍋ご飯|新潟市髭古町の海老の髭

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  2. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  3. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  4. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  5. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  6. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  7. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  8. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27