2011年、ニッカウィスキーの最高峰「竹鶴35年」の販売なし│ニッカウヰスキー余市工場

朝早くに札幌を出て余市にあるニッカウィスキーの余市工場を見学しました。竹鶴さんは日本で最初にウィスキーを作った人だそうです。
スコットランドにわたりウィスキーを勉強してスコットランドに良く似た風土のこの地に工場を作ったのです。しかしウィスキーってお金持ちでないと事業をやれませんよね。何十年と樽を寝かせないと商売ができないのですから。
工場内はオープンで自由に見学ができます。工場内は人が少なくあまり人手は必要ないようです。最初に作ったら寝かせるのが仕事ですもんね。工場内は写真のようにゆったりとして平屋でウィスキーの臭いが工場の近くでは立ち込めています。ちなみにニッカの昔の名前は「大日本果汁株式会社」だそうです。日本の「二」と果汁の「カ」をとって名前をちじめて「ニッカ」と社名変更したのでしょう。

ここはウィスキーのテイスティ棟です。普段は試せないような、いろんなウィスキーの香りを味わえます。5年目の状態のものなどあるのです。

昔のボトルなどの展示もしてありました。ガラスの切り子で雰囲気がありますね。

ウィスキーを蒸留したりする模型なども展示してありました。

ウィスキーを寝かせた樽です。平屋の建物の外は石造りなのですがこれは火災からウィスキーを守るためだそうです。しかし石作りの中は木張りとなっています。温度を保つためなどかもしれません。いずれにしても雰囲気があります。
▶試飲会場に駐車場がありますが、逆の場所に工場見学の入口がありますので注意!

ニッカ余市工場(北海道)に見学に行って来ました。写真は創業者の名前からとった「竹鶴35年」です。これを買いに行きましたが、7万円なのですが昨年瓶詰めをしなかったので本年は発売がなしそうです。最高級ブランドなので納得の行かないものは販売しないということのようです。ちなみにサントリーの最高級ブランド「響30年」は博多中州の酒屋で6万円前後で販売されてます。

蒸留の際に直接、ウィスキーを暖める方式を昔からとっているそうです。火入れの職人さんは夏場は暑いだろうなあ。少し離れて見ていても熱気が伝わってきます。石炭を入れたり、燃えカスになりつつあるものを出したり微妙な調節をされていました。ここで一回蒸留してから奥の少し形の違うもので再度火入れ蒸留するそうです。

工場内の建物には、こんなかわいい模型もありました。

創業者の竹鶴さんがスコットランド人の奥さまと一緒にくらした工場内の邸宅です。工場内は清潔感がありウィスキーの香りが漂いゆったりとした時間が流れています。

☆ニッカウヰスキー余市蒸留所
〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町7丁目6
GoogleMapで開く
TEL:0135233131
営業時間:09:00~17:00
ニッカウヰスキー 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2011.06.23

関連記事

  1. 沖縄料理を女将の手料理で信じられない安さで食べれるお店 | 沖縄県那覇市の天の蔵

  2. 真鱈ほっぺたフライ | 福岡市博多区の五三食堂 その7

  3. 温泉リゾートホテル 里創人 熊野倶楽部の食事|三重県熊野市

  4. ANA 福岡空港→関西国際空港行きのプレミアムクラス機内食 2016.11.12

  5. 野菜居酒屋の豪快パワーサラダは野菜バカ盛り | 北海道札幌市の金丸農園直営ルンゴ・カーニバル

  6. 根室市民のソウルフード、エスカロップ食う:ニューモンブラン│9月の道東4泊5日の旅

  7. 【福岡市】とりかわのタレ焼きと塩焼き|焼き鳥屋、とりかわ大臣

  8. 2018年に新設された波打ち際に近い展望露天風呂 | 萩温泉、リゾートホテル美萩

  9. 【利尻島】自家製ミルピスはカルピスを薄めたようなお味だった│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その38

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  2. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  3. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  4. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  5. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  6. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  7. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  8. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  9. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  10. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17