《世界遺産》徳川家康が日本を見守る日光の地╿日光の東照宮

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は栃木の日光を回遊する予定です。海がないなら、さみしいわねえ。

梓「マンボウちゃん、日光は初めてかな」

マ「は、連理梓さん。今回もよろしくお願いしますよう」

マ「高速道路は空いていますねえ。遠くには険しいお山も見えて、ドライブ! って感じがします、きゃほきゃほ」

梓「海がなくてもご機嫌みたいだね」

マ「あ、日光インターチェンジ」

梓「紅葉の時期なんかのオンシーズンは日光ICから東照宮までがとても渋滞するから、注意してね。時間帯を朝夕にずらすのも手かな

正式名称は東照宮

マ「さあ、日光東照宮に着きました。たっぷり回遊するぞお、おらおら~」

梓「正式名称に『日光』はつかないって、マンボウちゃん、知ってた?」

マ「はて。日光東照宮なんじゃ」

梓「日光以外にある場合は『上野東照宮』という具合に、地名をつけて強調する。だけど、東照宮といえばオリジナルは日光にある。本来は、わざわざ『日光東照宮』という必要はない」

マ「まぼ」

梓「これは『伊勢神宮』も同じだね。『神宮』といえば伊勢の神宮のことを指すから、わざわざ『伊勢』をつける必要はない。神宮が正式名称

マ「ま、まぼう」

世界遺産・東照宮の建築美!

梓「『日光の社寺』が世界遺産に登録されたのは1999年。東照宮、二荒山神社、輪王寺の二社一寺で構成されている」

梓「東照宮の建築物は、この極彩色で有名だね。安土桃山時代に花開いた鮮やかな色彩美が受け継がれている」

マ「ひゃあ、五重塔ですねえ。いきなりあざやかな建築物がお出迎えです」

梓「小浜藩の酒井忠勝が寄進した。境内の建築物で、徳川家以外が寄進したものはこれだけだよ。ちなみに、この建物の耐震システムは東京スカイツリーにも応用されているんだとか」

マ「はてはて! 400年後の建築技術に応用されるとは……さすが地震大国から生まれた建物ですねえ」

梓「さあ、表門を抜けるよ」

梓「三神庫(さんじんこ)は、東照宮の祭器類を収蔵している。奈良の正倉院を模した校倉造(あぜくらづくり)だ」

梓「さあ、手水舎(てみずしゃ)で身を清めよう」

マ「は、はて。この豪華な建物が、手水舎とは」

梓「手水舎横の鳥居を通り過ぎる」

マ「石段を上ると、同じような建物が左右に2つあります、はて」

梓「右が鐘楼、左が鼓楼」

マ「この回廊の向こうが、有名な陽明門ですね」

梓「ところが、私たちが来たときはまだ工事中だった」

マ「がーん。そんなあ」

梓「2017年3月現在は工事も終わっているから、またの機会に訪れてみて」

梓「さて、唐門(からもん)を抜けると拝殿と本殿だ」

マ「本殿を抜けると、建物を見下ろせるんですねえ」

梓「さあ、このまま林道を奥へ進むと、奥社(おくしゃ)だ」

梓「奥社には徳川家康の墓所がある」

マ「あんなに華やいだ建物の数々を抜けた先は、とても静かで落ち着いた場所なんですねえ」

神になった家康公! 東照大権現と徳川家康

マ「そういえば、ところどころ東照大権現と書いてあるのを見たような」

梓「東照大権現(とうしょうだいごんげん)は、徳川家康の神号だ」

マ「はて、神号」

梓「死後、神になったってこと」

マ「はて! そんな簡単に」

梓「もともと日本では古来から、死後、人間を神としてまつる風習があった。菅原道真だって、天満宮で祀られているだろう」

無数に彫られた霊獣たち……装飾物のあれこれ

梓「さて、ここまでに通り過ぎた装飾物の数々を振り返ってみよう」

マ「仁王門は、仁王像と狛犬が一緒にいるよくばりセットねえ」

梓「いいところに目をつけたね、マンボウちゃん」

マ「まぼ。 なんだかわからないけど、褒められた。うれしい」

梓「獅子・狛犬と仁王像はそれぞれ境内の入口を守っているんだけど、獅子・狛犬は神社、仁王像はお寺の入口にそれぞれいるだろう」

マ「そういえば。それがどうして一緒にいるんですか」

梓「これは神仏習合という考えだ」

マ「じ、じん……」

梓「しんぶつしゅうごう。江戸時代までは、神社とお寺はいまみたいに分かれてはおらず、一体として考えられることが多かった。神社であるはずの東照宮の入口に五重塔があるけれど、本来はこれも仏教世界の建物だよね」

梓「表門をはじめとして、東照宮にはさまざまな動物が見られるのが楽しい。これは唐獅子。牡丹の上に乗っているね」

マ「ぱおーん。こっちはゾウさんです。でも、なんか雰囲気が本物のゾウと違うような」

梓「江戸時代初期の人間は、本物のゾウを見たことがなかったからね。東照宮のゾウはどれも空想のゾウだ」

マ「たしかに、三神庫のゾウも、ウシみたいだったりネコみたいだったりしますねえ」

マ「こっちは龍でしょうか」

梓「これは、獏(ばく)。こっちも霊獣だね」

マ「ああ、夢を食べる、獏ですね」

梓「ほかにも『鉄や銅を食べる』とも言われている。戦乱があると食べものである金属がなくなるから飢えてしまう、という言い伝えから武器のない時代にしか生きられない、平和の象徴でもある」

マ「うわあ、龍のなりそこないみたいな珍獣が」

梓「想像上の生きものの見本市だから、細部の彫像を1つひとつ注意して見るのも楽しいね」

梓「唐門の白い柱には龍が彫り込んである」

マ「派手な装飾のなかに、突然白い柱が出てくると、これはこれで目立ちますね」

マ「あ、あれは!」

マ「眠り猫ですよ。ああ、癒されますねえ」

梓「眠り猫の周りでは、スズメが鳴いている。天敵の猫は眠りこみ、スズメも安心して飛びまわれる様は平和な世を表している」

マ「あ、マンボウにぴったりの言葉が。そうそう、のんびりするのが最高よねえ。マンボウ、のんびり生きている限り、毎日が楽しい~」

基本情報のまとめ

☆日光東照宮 ≫公式HP

〒321-1431 栃木県日光市山内2301

≫GoogleMapで開く

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2016.01.15

参考文献
〇『Pen+【完全保存版】ニッポンの世界遺産。』(CCCメディアハウス)(2017-12-29)
〇須田慎太郎(2015)『日光東照宮400年式年大祭記念 日光東照宮』(集英社インターナショナル)

関連記事

  1. 海がなくとも、鴨川があるじゃないか!╿国内最大級の内陸型水族館 京都水族館

  2. つきだしは生めかぶから怪しげに浮かぶロバのデザイン|群馬県高崎市の炉場

  3. 釜炊きご飯とあおさのみそ汁で〆 | 福岡市、食と酒 なかむた その2

  4. 金沢市の主計町料理料亭街と小松市の安宅の関

  5. 富良野ポークをたっぷりの山わさび添えで食う |北海道旭川市の田舎料理 田子兵衛 その2

  6. 奈川村の白樺峠、鷹の渡り| 2018.10.15

  7. 秋田で「博多名物、野菜巻き串」なるものを食う| 秋田市川反通

  8. 魚も肉も出る5500円のコース料理|ニセコヒルトンビレッジ 2016.07.29

  9. くじらの炊き込みごはんと鯨の竜田揚げ | 小料理 大石は鯨料理屋だった。

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【ニセコ・積丹2泊3日】旬のバフンウニ丼を食べる旅

    2019.03.31

  2. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  3. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  4. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2019.01.26

  5. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  6. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  7. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  8. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  9. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  10. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27