【福岡市】カラフルなアラレをまぶした鰹ダシ漬け玉子明太おにぎり│創作料理屋takanabe(たかなべ)

平尾にある創作料理屋さんtakanabe。真ん中を囲ったように古い長屋があります。

都会の中にあるのに木があるとなんだか落ち着きますよね。

まずは生ビールをお願いしました。オーナーが一人で営業されています。美しく注いでくださいました。

こちらはノンアルコールの梅酒。お味は梅に桃が混ざったようでジュースみたいに美味しいとのこと。

「のんある」と書いてありますね。裏のラベルを見ると梅と砂糖と蜂蜜でできているので梅ジュースですわ。

6000円コースのトップバッターの前菜です。5品が登場しました。

真ん中はミニトマトを甘酢でつけたような料理です。お味は丁度よく好きなお味です。もう少し酸っぱくても好きですわ。

太刀魚にずんだを乗せて焼いたもの。

ずんだの香りがとても良いです。

時計回りに・・プリンの上に雲丹が乗っかっています。

胡麻豆腐を焼いたもの。これは定番のようですね。

ソーメンかぼちゃですかね。さっぱりしていて夏に合いますね。

ここらで響きのハイボールを頂きました。

さてお作りが出てきましたよ。分厚いカットが歯ごたえあります。

ひらす、はがつをの炙りなんぞも入っています。向うには菊の花の寒天が添えてあります。

はいはい、よく見えるように炙りの画像です。

脂ののった魚を炙るとうまくなりますよねぇ。生姜を乗せていただきました。

オーナーは器にこだわっています。というか色のコントラストにとても気をつかっているのがわかります。そしてハッキリした色合いをお好みだと思います。

蓋をあけると、どですか!このビジュアル。まあなんと夏らしい茶碗蒸しです。スイーツのような茶碗蒸しです。

テーブル席2つとカウンターに4席で満席です。前日までの予約制となっていてコース料理しかありません。

さて冷酒が飲みたくなりました。一番上に秀峰という甘口のお酒があったのでお願いしてみました。

オーナーが「甘口ですよ、良いですか」と質問、私は「甘口好きなので」ということでお願いしました。「氷をまぜてシャカシャカして飲むようなお酒ですよ」ということでこんなワイングラスで出てきました。

一升瓶はまるで海で飲むお酒じゃあないですか・笑 山形のお酒なんですがBEACH SIDEと書いてあります。

次に、なんか袋に入って蒸したようなものがでてきましたよ、なんぞやら。

あおさを御団子にしたものと海老が美味しいダシにつかっていました。

団子になっちゃうとあおさってわかんないですよね。

海老も美味しいのですがダシがすごく美味くてスプーンで飲み干しました。

福岡のお酒、黒田節「凛」

こちらはさっぱりしていて雑味が少なく好きなお味です。

佐賀牛のサーロインが登場っ。添えてあるのは万願寺かと思いきや「伏見唐辛子ですっ」とのこと。そんなんあるんや。

白味噌っぽいのは茄子ソースだそうです。茄子と味噌でソースを作ったのではなかろうか。サーロインに良くあうソースです。よく考えるなあこんなソース。

天ぷらは、はも、ズッキーニ、いちじくの3点盛りです。

夏を感じさせるハモは2つ、ズッキーニとイチジクは1個づつです。いちじくは熟してて美味いです。

ほら、また器でびっくりさせようとしてますわオーナーが。

〆のご飯はダシに浸したおにぎりです。色とりどりのあられがまぶしいデス・笑

おにぎりは「卵めんたい」が乗っかってました。ダシはかつをダシで全部飲み干せます。

デザートは、プリンにすもものコンフィチュールが乗っかったものです。

色が赤くて出てきた瞬間「わぁ~」ってなりますよねぇ。

プリンとセットで頂きます。

こちらもオーナーお得意の羊羹みたいなものです、チョコとあずきを混ぜて作ってるらしいです。和三盆を振りかけてあります。僕はこの手のチョコはあまり好きなほうではないのですが小豆が良い仕事していて美味しいと思います。

最後は紅茶をストレートで頂きました。珈琲をお願いすることもできます。

器と食事の彩りが美味しい食事の満足度をより高めてくれます。

 

☆料理屋takanabe(たかなべ)
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾2丁目17−22
googleMapで開く
TEL:092-753-7352
営業時間:ランチ:11:30~14:30。夜:18:00~23:00
定休日:不定休
料理屋takanabe 公式ホームページ。

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.08.06

関連記事

  1. JALシティホテル青森前のビストロ橙でオムレツ│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その10

  2. 糖質30グラム以下のロカボランチ|福岡市の野菜ソムリエの店アグロ

  3. 【北海道】帆立の炊き込みご飯が美味い♪川湯温泉の「お宿 欣喜湯」│厳冬の道東3泊4日 その7

  4. 【福岡市】豚肉の紅茶煮はとろとろだった│いずみ田 祇園店

  5. ANA、プレミアムクラス機内食|羽田空港→福岡空港 2016年6月18日

  6. 【福岡市】自家製クリームチーズ豆腐|博多区住吉の居酒屋「それなり」

  7. 【礼文島】トド島展望台には高山蝶ベニヒカゲがいた│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その10

  8. ホエールウォッチングでツチクジラの大ジャンプ|羅臼港より 北海道の社員旅行

  9. 【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  2. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  3. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  4. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  5. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  6. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  7. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  8. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  9. 【新潟空港発着の信州3泊4日】上田、小諸、八ヶ岳、下諏訪、あづ…

    2016.10.13

  10. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27