【福岡県】宮地嶽神社で快晴の光の道を見たっ│2020年 秋の「光の道」その2

夕日祈願祭も終わり神主様に率いられ、参道の階段にやってきました。密を避けるために人数を分割で進んできました。

夕日祈願祭に5000円支払いして参加した人たち50人は、階段最上部に場所を確保してあります。

階段部分には座布団が敷いてあり、灯明とお守り(削り節も入っていました)が置いてあります。階段を上がり切ったところには椅子席があります。

私は階段席に座りました。

有料席の前方には無料席が100人分あります。こちらは整理券を受け取った人たちです。なんでも朝から並んでいるようです。

逆光になっていますので暗く感じますが実際にはまだまだ明るい17時前の時間帯です。

この日は17時43分が日の入りということで祈願祭が終わってから1時間程度の時間がありました。

夕陽がゆっくり沈んでいきますが、神主様の軽妙な「光の道」のご説明や思いなどを楽しく聞くことができ文字通り「あっ」と言う間に時間が過ぎていきます。

神主様の軽妙な説明は最後の動画にある程度収めてありますので興味ある方はご覧ください。

今年はコロナ禍があるので入場者数を半分に減らしてありました。

このように制限しているのは参加者が多すぎて、階段で事故でもあったら大変なことになるということらしいです。

ホントは私達もこのようなことはしたくないのですと話されていました。

実際の明るさはこのようになっています。

先に見える島は「猫の島」として知られている相島です。神社の参道からまっすぐに伸びた道は西方の極楽浄土に向かっているそうです。

2020年10月17日土曜日にここにやってきましたが、実は「光の道」は翌週まで実施されます。でもこの日が良いのです。

何故かと言うと、本日は、太陽が光の道の参道を右に過ぎて沈むので、必ず参道の正面を通ります。

しかし、20日を過ぎると太陽は光の道の参道より左手に沈むので正面に来ないのです。なぜ正面に来ないのに光の道の催しをやっているかというと「人が沢山来て制限をしないと事故が起こるかもしれないから」と神主様はご説明されていました。

日没の17時43分頃になるとシャッター音が響きます。太陽って沈みかけたら、すごいスピードで沈んじゃいますよね。

さて、こちらは私に割り当てられた竹に入った灯明です。太陽が沈むときにお願いをしました。これは後程、本殿前に奉納します。

席を立ちみんなで本殿に向かいました。これは、御手洗とは別のものです。

日は沈みましたがまだまだ明るいです。あっ撮影はiphone11PROでございます。

本殿のしめ縄の右手に、すでに灯明がいくらか置いてあるのが見えますね。

このように奉納してきました。

そして参拝もしてきました。商売の神様なので、もちろん商売繁盛をお祈りしましたよ。まあ自己責任で頑張らないととは思っていますが日本人で神頼みが好きですよね。

先ほどの光の道で座った場所を通って参道の階段を降りてきました。

まだ土産物屋さんもたくさん営業されています。雲に隠れてなかなか丸円の太陽が沈むところを見れないと聞いていましたが、今回は快晴っと思っていましたが、相島が近くなるにつれて雲に一部覆われたりしながらかなり良い状態で光の道を見ることができました。

みなさんも参拝された際にはすばらしい日没の太陽を見れるよう幸運をお祈りします。

さて、ここらで祈願の様子を含めて「光の道」の様子をまとめた動画を最後にアップしますね。

 

≫この記事は2つに分割しています。もうひとつは→【福岡県】宮地嶽神社の夕日祈願祭は快晴っ│2020年 秋の「光の道」その1

☆宮地嶽神社
〒811-3309 福岡県福津市宮司元町7−1
googleMapで開く
TEL:0940520016
宮地嶽神社 公式ホームページ

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.10.17

関連記事

  1. 大葉の香り高しのジャコ飯 | 福岡市博多区の五三食堂 その11

  2. 6月の八甲田ロープウェイから雲海に浮かぶお岩木山 | 青森市

  3. 美しい野菜サラダを2種のドレッシングで味わう:鶴岡市のみなぐち│【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その7

  4. 【福岡市】北海道の馬糞雲丹と藍島の赤うにの食べ比べ | 知る人ぞ知る高級居酒屋、田中田

  5. オムライス専門店で蟹クリームオムライスとチーズ&デミグラスオムライス|京都市中京区のSTAR 京極店

  6. でっかい鯛のあら炊き|福岡市博多区の松月亭

  7. しらかば定食はいろんな丼がてんこ盛り:千歳空港の郷土料理ユック│5月ニセコ・小樽・積丹半島2泊3日の旅

  8. 《解説》ロココを求めてヤマザキマザックへ╿絵画を語るとき我々の語ること⑤ロココ

  9. 全国から常連が集うおでん専門店 | 長崎市の桃若

  1. 【特集】 和食系、香りと彩り最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  2. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  3. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  4. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  5. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  6. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  7. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  8. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  9. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  10. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  1. 【大分:久住遊覧】久住高原コテージの露天風呂から絶景の草原と阿…

    2019.05.15

  2. 【特集:稚内2泊】濃厚な宗谷のもずくや赤帆立など北の食材を堪能│…

    2015.10.31

  3. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  4. 【五三食堂 特集記事】ダシを上手に使う美しさと独創的な居酒屋|福…

    2018.12.20

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集記事】JAL国内線ファーストクラス機内食  記事の一覧

    2019.02.12

  7. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  8. 【食と酒 なかむた-特集記事】都会の古民家で上質な和食|福岡市中…

    2019.01.27

  9. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  10. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  1. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  2. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07