【福岡市】夏を感じる「湯葉、いくら、雲丹のジュレ」│食堂二コラ

インスタにいいね!してくれた女性のインスタみたら私のいきつけのゴーサイン食堂と似たようなメニューや店内だったので弟子かなと思ってやってきました。前日のインスタからの翌日予約です。やることがすばやくなってきました私・笑。

福岡市早良区西新の郵便局サイドにあってすぐに見つけました。もちろん予約していきましたよ~。だって博多駅から6キロちょいあるから空振りはつらいので。カウンターは3名席でその後ろにある2名テーブルに座りました。奥には2つほどテーブルがあるようです。ということは13人で満席ですね。男女2名体制ですのでこれくらいが丁度良いかな。

お酒はゴーサイン食堂とは違い銘柄と価格をきちんと表示されていました。

最初から冷酒で開始するところが呑み助じゃのう。お願いしたのは佐賀の光栄菊、純米大吟醸です。佐賀のお酒って外れがないから好きなのです。

お通しがありました。切干大根ですね。お通しのお値段は不明です。

おばんざい盛り合わせにしようかと思ったのですが、考えを変え、好きなメニューをアラカルトでお願いしました。この他に本日のおススメメニューがありました。

まずは自家製厚揚げです。外はカリッとしてて中はふわふわです。揚げたての厚揚げってホントに大好きです。唐津の川島豆腐のお昼のランチにも似たような出来栄えです。大根おろしと本わさびを乗せてありました。1つだけ注文したのですが2名に分けて出してくださいました。自分でやるとこんな風にならないのだけどコツななんなんだろう豆腐の違いかな。

あっという間に光栄菊1合を飲み干し次にお願いしたのも佐賀の七田です。大将が他のお客様に説明するのが聞こえてきましたが「コロナで飲食店が困っているのでそれを助けようと蔵元が作ったお酒なんですよ」っていうことでした。このお酒もクセがなくとても飲みやすいです。お値段も純米吟醸なのに1合850円とイイ感じです。

次に登場したのは「山芋の竜田揚げ」です。サクサクっとした食感を想像していましたが全然違いました。芋みたいにホクホク←山芋だから当たり前か。竜田揚げっぽい香りは強くなく、なんだろすごく美味い。大好きですコレ。

次は本日のおススメメニューにあった「雲丹、いくら、湯葉のジュレ」です。一番底に湯葉があってジュレいくらの上に雲丹を本わさびが乗っかってます。

美しくて涼しげです。夏にぴったりのビジュアルですね。

底にある湯葉と混ぜて召し上がってくださいということでグチャグチャを混ぜました~。さっぱりと美味しいです。

酒を2合飲んだら鹿児島県人の私は芋焼酎を飲みたくなりました。めずらしく「やきいも黒瀬」を発見。

焼きいも黒瀬をお願いしましたが薄いです。鹿児島県人は芋焼酎6にお湯4がスタンダードですが、あきらかに芋焼酎が少ないんでちと不満です。福岡の場合、言わないと薄い店が多いですから6:4でお願いすればよかった。

これも本日のおススメメニューから山椒メンチカツです。こぶりだということでしたので1人に1個お願いしました。

これがですね、箸でカットするとハンバーグみたいに肉汁がじゅわっと噴出っ!美味いに決まってますよねコレ。玉ねぎが多いのかふわふわしていてとっても美味です。

日本酒、焼酎以外のメニューを再度眺め・・

ジンジャーハイボールをお願いしました。酒を飲んでいると、もっとさっぱりしたものが飲みたくなる今日この頃です。

んで食べる方が全然さっぱりじゃなくて濃厚な「インカのめざめのフライドポテト」です。いんかのめざめは秋に収穫して年を超えた2~3月にとても甘くなるのですが芽が出やすいので今の時期に食べれるのは珍しい。2~3月に食べるのよりずっと甘い感じがしました。普通のフライドポテトとは別ものですよ。ほんっとに甘いフライドポテトです。

和牛いちぼ焼きです。40分ほどかかりますとメニューに書いてあるので最初にお願いしときました。ゴーサイン食堂のメニューと同じような感じでとても甘美味いです。肉の味がとても良いです。

最後に「いくら丼」。並みと小が用意されていて、並880円なりをお願いしました。

美しいですよね。いくら丼。食堂二コラの「二コラ」ってどういう意味なんだろ、雑誌からとったのかな・・

 

☆食堂二コラ
〒814-0002 福岡県福岡市早良区西新5丁目15−34
googleMapで開く
TEL:0928342998
営業時間:18:00(2020.07.20現在、コロナ対応で10:00まで)
定休日:日曜日(不定休あり)
食堂二コラ 公式Facebook

≫筆者:おのちん
≫来店日:2020.07.20

 

関連記事

  1. 【福岡市】馬糞雲丹のリゾットに唐津の赤雲丹乗せ│「鮨 そえ島」

  2. 土佐名物!鰹の塩タタキ|高知市の大黒堂

  3. 真鱈ほっぺたフライ | 福岡市博多区の五三食堂 その7

  4. 紅葉の乗鞍高原に泊まる|双色の源泉 山水館信濃の囲炉裏で岩魚の炭火焼き 2017.10.13~16

  5. 【福岡市】16種類のみそ汁を常時揃えている居酒屋さん|中洲の人形小路の田

  6. 海風を感じながらカフェテラス「ラ・ティーダ」で朝食|名護市のビーチリゾートホテル「ザ・ブセナテラス」その3

  7. 【礼文島】海を眺めながら「礼文うすゆきの湯」の露天風呂│【8月】稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日 その22

  8. 【 岩手 】5種の味噌を胡瓜で頂く。サービス精神最高、盛岡市の「南部藩長屋酒場」│【11月】秋田、北岩手、青森の3泊4日の旅 その2

  9. 【 山形 】日本の米のルーツは酒田市だったのか │ 【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その8

  1. 【特集:冬の十勝4日間】快晴と大雪、帯広、然別湖、旭岳、美瑛を…

    2021.03.18

  2. 【特集】 和食系、味、香り、彩り、器も最高 │ 赤坂あきちゃん

    2020.12.31

  3. 【 特集 : ニセコの温泉 】温泉付ペンションアダージョとヒルトン…

    2020.12.31

  4. 【特集:男池】大分、紅葉の宝泉寺温泉に泊まる1泊2日

    2020.12.31

  5. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  6. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  7. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  8. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6…

    2020.09.07

  9. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  10. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  1. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  2. 【奈良の山手をめぐる旅】吉野、十津川村、飛鳥寺、伊賀上野城まで

    2016.04.09

  3. 【長崎市内観光とグルメ】おでん専門店「桃若」へ|1泊2日:2019.…

    2019.01.23

  4. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  5. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2018.07.20

  6. 【特集:11月の北東北3泊4日の旅】大間の本鮪を食べに行く旅

    2015.11.20

  7. 【島根県2泊3日の旅】松江で宍道湖の珍味、境港で蟹、雲南市で築145…

    2019.02.26

  8. 【特集】紅葉の京都を1泊2日で楽しむ旅|清水寺、今宮神社、船岡温…

    2016.11.26

  9. 【特集】鳥取砂丘とラベンダー色のらっきょうの花、そして城崎温泉…

    2020.12.14

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17