【北海道】快晴から雲の中へ、朝の露天風呂│ニセコ町の五色温泉旅館

ニセコ五色温泉旅館の夕食 2日目 2019.06.01

ニセコ五色温泉旅館の夕食のメインは基本、鍋です。豪華な料理ではありません。旅館というにはさみしい感じもしますが料金設定がお安いので立派なものかと思います。山小屋と思って食べるには豪華とも言えるかもしれません。

昨夜は鍋でしたが今夜は基本の鍋に戻りました。

こんな感じです。今の時期が旬のねまがり筍が入っていますね。

今宵の食事のまとめ動画を作ってみました。

いつものイワナです。北海道ですから蝦夷イワナでしょうか?

フライは鯵です。アスパラなどを添えてあります。

鯖とシャケの刺身です。

昆布巻き。

山菜。これ見かけはなんですが、意外と味が良くて酒のアテになりました。

イカとオクラなど

茶碗蒸しです。

鍋が少しづつ煮立ってきました。

う~ん、アスパラは細いです。

最初はサッポロビールで始めたのですが、ふぐひれ酒にしてみました。

キウイで終わりました。

ニセコ五色温泉旅館で朝風呂 大浴場の内湯と露天風呂

部屋から窓の外を見ると快晴だけど雲がそのあたりにある感じです。山間部特有の不思議な雰囲気です。

前日もご来光をこの露天風呂から見たのですが本日もその時間にやってきました。朝の5時過ぎでしたが泊り客が10組いたので温泉には1人先客がいました。10組ということは満室だったのですね。土曜日はやはり泊り客が多いようです。

昨日と同様、ニセコアンヌプリの山すそからご来光が出かかっています。

 

ご来光が降り注ぎます。

前日にも増して快晴です。

太陽の光が露天風呂に差し込んできました。

内湯の窓ガラスに太陽が映っています。

空気も澄んでいてたぶん気温も10度ちょいくらいです。清々しいです。

と思っているうちに雲の中に入ってしまったようで辺りは何も見えなくなりました。

山の天気は変わりやすいですね。

 

あっという間に雲の中に入ってしまった様子の動画です。

 

【まとめ動画】ニセコ五色温泉旅館の露天風呂でのご来光です。

露天風呂から上がってニセコ五色温泉旅館のまわりを散歩です。

自炊棟が見えないくらい雲が濃いです。

着替えて外に出ようと部屋から自炊棟を見たら、あっという間に晴れてます。なんじゃこりゃ。

宿の玄関前にあるフキが大きくなってきています。5月のはじめだったらフキノトウ状態なのだと思うのですが育つのは早いです。

ニセコ野営場

ニセコ五色温泉旅館から五色温泉インフォメーションセンターの方へ向かうとすぐ右手に野営場があります。

芝が植えてあってどんなところか見てみることにしました。

ニセコアンヌプリの登山口にもなっているようですね。

この道を登っていくようです。

左手に野営場があります。ここはトイレです。

下に駐車場があるのですが野営場のとなりが駐車場なので車からテントなどを運ぶのも楽ですね、2組のテント泊がいらっしゃいました。

駐車場も管理事務所も全体が新しくて気持ちが良いです。

車を置いてニセコアンヌプリに登る人たちが数組準備していました。快晴ですし気持ちよいでしょう。

こちらが炊事棟です。左側が管理棟。

ニセコ五色温泉からはこの距離です。とても近いですね。

五色温泉野営場の案内板。ゆったりしていて良い感じです。お風呂はニセコ五色温泉の立ち寄り湯を使えば良いですしね。

五色温泉野営場 公式ホームページ

ニセコアンヌプリへ登るには登山届が必要です。

ニセコ五色温泉旅館の裏手の上部はまだ雪が残っていました。さすが北海道の標高750Mです。本州との比較では1000Mをプラスすると似た環境になるそうです。つまりここは本州なら1750Mの標高くらいということです。九州なら久住山の山頂にいる感じです。

ニセコ五色温泉旅館の朝食 2泊目 2019.06.02

いつも感じの朝食です。

生たまごかと思ったら温泉たまごでした。

洋室

私はいつも洋室を選んで予約しています。ツインルームになっています。

入り次から窓側を見るとこんな感じです。冷蔵庫や電気ポットがあります。

コンセントはテレビの裏側にあるだけですのでスマホの充電はここだけですから充電器はちゃんと考えていってください。私はいくつも充電できるプラグを持っていきます。

部屋にはトイレがついています。ただしウォシュレットではありません。

≫ニセコ五色温泉旅館を出発:大人気のパン屋はオープンから行列だった│北海道黒松内にある「道の駅くろまつない」

 

☆ニセコ五色温泉旅館
〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ510
GoogleMapで開く
TEL:0136-58-2707
公式ホームページ ニセコ五色温泉旅館

≫筆者:おのちん
≫宿泊日:2019.05.31~06.02

関連記事

  1. 【和歌山】道の駅に水族館が!╿「エビとカニの水族館」と「道の駅すさみ」

  2. 玄界灘の荒波よりコスパが高い「ミルフィーユカツ丼」360円|福岡市博多区の華さん食堂

  3. 築地の魚河岸千両にて雲丹など刺身をつまみました| 2017.09.30

  4. 【福岡市】低温調理、とろける白レバー|うどん居酒屋、二〇加屋長介 その8

  5. 《解説》ヘタウマ絵画も意味がある!╿絵画を語るとき我々の語ること②中世

  6. 【福岡市】濃厚チーズのポテサラはまるでケーキ|二〇加屋長介薬院本店

  7. 【福岡市】帆立しんじょの揚げ出し、ふき味噌、たまらんわ| 食と酒 なかむた その7

  8. 牡丹海老の姿コロッケ:旭川市の田子兵衛│3泊4日道北の旅

  9. 大きさに徹底的にこだわった「じゃが芋バター煮」| 福岡市博多区の五三食堂 その16

  1. 【特集:9月の富山】台風の中、紅葉の立山2泊3日の旅

    2020.10.03

  2. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  3. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  4. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  5. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  6. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  7. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  8. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  9. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  10. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  1. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2016.05.21

  2. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  3. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  4. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  5. 【北海道を東西へ2泊3日】旭川を拠点に東へ西へ、増毛町~紋別町

    2016.06.28

  6. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2018.06.16

  7. 【特集:7月の尾瀬と会津】新潟空港から行く尾瀬と会津、2泊3日の旅

    2015.07.24

  8. 【8月の上高地3泊4日の旅】飛騨高山のゲストハウスに前泊して乗…

    2016.08.19

  9. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2016.11.12

  10. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07