紀伊田辺でうつぼ料理╿和歌山県 田辺市の「からかさ」

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は、和歌山の南の方を回遊しています。

波に流されているうちに、田辺の町へ辿りつきました。穏やかな海が広がっているわねえ。

あら、ぼおっとしている間に、あっというまの夕焼け。温かなだいだい色が、紀南の海によく映えています。しかし、こんな時間になるとお腹もすいてくるわねえ。

梓「田辺に来たなら、やっぱり海鮮を食べたいよね。田辺では、あの『海のギャング』が堪能できるんだよ」

マ「あ、連理梓さん。はて、海のギャング。恐ろしい名前ねえ、いったいなにが出てくるんでしょうか」

田辺駅前の小路を訪ねて

梓「紀伊田辺の駅前にある弁慶町商店街へとやってきたよ」

マ「ところで、どうして弁慶町と言うのでしょうか」

梓「そりゃあ、源義経の従者で有名な、武蔵坊弁慶の生地だからだよ」

マ「あの弁慶って、この田辺で生まれたんですか! それは知りませんでした」

マ「この商店街の中に、噂の海鮮のお店があるんですねえ、はってはて♪」

梓「ないよ」

マ「はて」

マ「は、はてはて。こんな小路を進むんですか」

マ「あ、着きました。駅前から5分も歩いていなかったかも。なんだか、田舎のおばあちゃん家に来たって感じで、落ち着くわねえ」

まずはお通し、たまご豆腐から

マ「いろんなメニューがあるわねえ……」

梓「とりあえず、悩んでいる間に、お通しのたまご豆腐をいただいてみたら」

マ「あら、お通しにたまご豆腐なんて珍しいわねえ。大きなお玉でさっとすくってきたような感じ……って、うわあ、上品なお味! たまご豆腐って、さっぱりしていながら、どこか一癖あるようなイメージなんですが、このたまご豆腐は穏やかな口当たりで、箸休めにうってつけですね」

梓「メニューのおすすめにもなっていた、タコのからし味噌だよ」

マ「タコの身も分厚いですねえ。味噌との相性がバツグンです」

本日の焼き魚「赤っぽ」、そしてお待ちかねの……

梓「ここらで、本日の焼き魚をいただこうか。今回は赤っぽを頼んでみた」

マ「はて、赤っぽ」

梓「ハタ科の魚らしいね。和歌山の地元の人たちにはよく食べられている魚だそうだ。煮つけや塩焼きにされる」

マ「あらあら、言っているうちに、赤っぽがやってきました」

マ「さっぱりとした口当たりの白身魚ですねえ。油のくどさはぜんぜんなくって、食べやすいです……むむむ」

梓「どうしたの、マンボウちゃん」

マ「赤っぽの向こうに、なにやら唐揚げのようなものが」

梓「気づいちゃったみたいだね」

梓「これが、田辺の名物料理、海のギャングこと、うつぼだ。今回は唐揚げにしてもらった」

マ「は、はてはて。うつぼって……」

マ「あの、うつぼですよねえ。あれが……」

マ「こんなにおいしそうな唐揚げに!」

マ「なんだか、ごつごつとした見た目ねえ」

梓「骨が多いから、食べるときには気をつけてね」

マ「はて! 食べてみると、ゼラチン質が多い、ほわっとしたお味。あの海のギャングが、こんなにおいしい唐揚げになってしまうとは……」

梓「ほかにも、鍋に入れて食べたり、いろんな食べ方があるらしい。お店の人に、おいしい食べ方のおススメを聞いてみるのもいいかもね」

シメは海鮮丼と、かつおのお茶漬けで

マ「海鮮丼は、いろんな種類のお魚が散りばめられていますねえ!」

マ「あらあら、ホタルイカまで」

梓「マンボウちゃん、かつおのお茶漬けも食べてみないかい」

マ「はて、かつおのお茶漬け」

梓「紀南では、かつおをお茶漬けにして出してくれるお店もあるんだよ」

マ「シメに食べる料理に最高ですね。小路の先には、和歌山のおいしい海の幸が広がっていました、はってはて♪」

基本情報のまとめ

≫公式HP 〇南紀田辺のうつぼづくし からかさ(「田辺商工会議所 地域資源∞全国展開プロジェクト」より)

〒646-0031 和歌山県田辺市湊34−45

≫GoogleMapで開く

※駐車場はありません。すぐ近くのコインパーキング(100円/時)が便利です。

 

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.04.19

関連記事

  1. 日曜は貸し切り状態だったニセコ五色温泉旅館|2泊3日、ニセコ五色温泉の旅 

  2. 【動画あり】快晴!積丹ブルーの神威岬│北海道積丹半島

  3. 高橋牧場のチーズ工場内にあるピザ屋「マンドリアーノ」|2泊3日ニセコ五色温泉の旅 2016.12.17-19

  4. 琵琶湖の歴史をご紹介╿滋賀県立 琵琶湖博物館

  5. 真狩村の歌う細川たかし像、真狩神社、5月の桜が満開です|ニセコから見る羊蹄山は素晴らしい♪

  6. 帯広市のビジネスホテルで唯一の源泉かけ流し温泉|帯広市のふく井ホテル

  7. 糖質10グラム以下のロカボメニューで飲む |福岡市の野菜ソムリエの店アグロ

  8. 牛テールスライス塩焼き | 福岡市博多区の五三食堂 その19

  9. バリウマの自家製キムチとねぎPタンを七輪焼肉で食す | 福岡市の焼き肉屋ばかとあほ

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【特集:岩手県の遠野市を楽しむ旅】仙台空港から沿岸を北上しまし…

    2019.04.06

  2. 【熊野は世界遺産だらけ】それにしても遠かった

    2019.04.28

  3. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  4. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  5. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  6. 【秋田・青森のグルメと観光】北東北de仕事しながら | 4泊5日 20…

    2019.01.26

  7. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  8. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  9. 【銀シャリてる房 特集記事】居酒屋なれど料理が丁寧でコスパが高い…

    2019.01.26

  10. 【特集:私の一番好きな鮨屋】山口県萩市の豊月

    2019.05.18

  1. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07