和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その① いったいどんなところ?

こんにちは、はてはてマンボウです。今回は和歌山県の白浜町に来ています。そう、今回の回遊の最大の目的は……

パンダです!

梓「というわけで、パンダに会える複合施設、アドベンチャーワールドへやってきた」

マ「あ、連理梓さん! 早くパンダを観にいきましょう、はてはてはて」

梓「まあまあ、そうはてはてと焦らないで、マンボウちゃん。アドベンチャーワールドはサファリゾーンに水族館とたっぷり楽しめる施設なんだ。アドベンチャーワールドを丸ごと楽しめるように、まずは概要から紹介していくよ」

アドベンチャーワールドまでのアクセスは?

梓「車を使うなら、和歌山駅から1時間20分で到着。南紀白浜空港からだと10分もせずに到着だ。羽田ー南紀白浜間は、70分のフライトだね」

マ「空港がとても近くにあるんですねえ」

梓「電車を使うなら、新大阪から特急くろしおで約2時間半だね。くろしおは、京都からも出ているよ」

梓「白浜駅からは路線バスで10分だ。ちなみに、大阪、京都、関東方面から高速バスで来ることもできるから、安く済ませたい人はチェックしてみて。大阪、京都方面はそれぞれ電車+1時間の所要時間を見ておくといい」

チケットは事前購入が便利

マ「さあて、アドベンチャーワールドの入口に到着です……はて、意外と空いているわねえ」

梓「まだ、平日の12時だからね。これが土日だったり、行楽シーズンになったりすると、かなりの行列になるよ」

マ「うわあ、すごい行列です! これ、チケットを買うだけでも一苦労なんじゃ」

梓「そこで、便利なのがオンラインストアでの事前購入だ」

梓「事前にカード決済しておけば、当日、チケット売り場へ並ばずに済むよ」

アドベンチャーワールドの構成は?

梓「アドベンチャーワールドには、動物園、水族館、そして遊園地と、さまざまなゾーンがあるんだ」

マ「最初は、エントランスですね。ここから旅が始まるんですねえ」

マ「はて、エントランスの噴水ではペンギンちゃんが泳いでます!」

マ「ペンギンちゃんにパンダちゃんのベビーカーを貸し出してます。小さい子どもを乗せたらかわいいでしょうねえ」

ファミリー広場、ホースキャンプ、わんわんガーデン、ふれあい広場、ふれあいの里、そして……

梓「エントランスを抜けて坂道を下ると、右側には『ファミリー広場』に『ホースキャンプ』が見えてくる。レッサーパンダやラクダ、ポニーと触れ合えるゾーンだ。『ホースキャンプ』の奥に進めば、『わんわんガーデン』『ふれあい広場』『ふれあいの里』と、動物たちを間近に感じられるゾーンが続くよ。さて坂道を直進すると……」

マ「パンダに会えるんですね!

梓「そのとおり。『パンダラブ』のゾーンでは、ジャイアントパンダの『桜浜』『桃浜』「結浜」が暮らしているよ」

エンジョイドーム

梓「『パンダラブ』を右に見ながら直進すると、『エンジョイドーム』に到着だ」

マ「レストランやテイクアウトのお店がたっぷりありますねえ。これなら腹ごしらえもできそうです。お土産売り場もたくさんですねえ……まぼ?」

マ「はて! 屋内にコースターが!」

梓「雨が降っても楽しめる屋内型ののりものや、ゲームコーナーで溢れているんだ」

サファリワールド

マ「はて! パンダの赤ちゃんが、生後の月齢ごとの写真で続いています。ちょっと回遊するだけでも、ウキウキしますねえ」

梓「さて、『エンジョイドーム』を抜けると『サファリワールド』に到着だ」

梓「もちろん歩いて回ることもできるけど、魅力の一つが、サファリツアーだ。有料・無料、さまざまな移動手段を使って、サファリ内を回れるんだよ」

マ「広いサファリも、これなら楽に回れそうです、はってはて♪」

プレイゾーン

梓「『サファリワールド』のすぐ隣にあるのは、屋外型の遊園地、『プレイゾーン』だ」

マ「大きな観覧車に、ジェットコースターがありますねえ」

マ「あら、かわいいパンダちゃんのコースター」

梓「『エンジョイドーム』の遊具も含めて、子どもと一緒に楽しめる施設がいっぱいあるんだ。遊園地ののりものを乗り放題で楽しめるフリーパスもあるから、チケットを買うときはチェックしてみてね」

ブリーディングセンター

梓「『プレイゾーン』と反対方向へ進めば、そこは『ブリーディングセンター』だ」

マ「なんと! ここでもパンダちゃんを見られるんですね!」

ビッグオーシャン、イルカふれあいプール

梓「ブリーディングセンターの奥には、『ビッグオーシャン』。迫力満点のイルカショーを楽しめるんだ。『アニマルランド』ではアシカショーが、すぐ隣の『マリンウェーブ』でアトラクションが開かれることもある。詳しくは、ツアー・アトラクションのページをチェックだ」

マ「『ビッグオーシャン』のすぐ近くには、イルカを間近に見られる『イルカふれあいプール』もありますねえ」

梓「『ペンギン王国』『センダードーム・海獣館』では、ペンギンやシロクマの姿が見られるんだ」

マ「 センタードームのまえにはレストランやショップが並んでいますから、ちょいとのんびりするのにもいいですねえ」

最後はエントランスドームでお土産を

マ「は、はてはて。たっぷり回って疲れましたねえ」

梓「ぐるりと回ったところで戻ってくるのは、最初に入ったエントランスドームだ。お土産を買うのを忘れないようにね」

基本情報のまとめ

アドベンチャーワールド╿トップページ

≫公式HP 〇トップページ

〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399

≫GoogleMapで開く

≫「施設の紹介」

≫「ツアー・アトラクション」

≫「チケットストア」

≫筆者:連理梓
≫来訪日:2019.04.19

アドベンチャーワールド 相互リンク

〇和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その① いったいどんなところ?

〇和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その② なんたってパンダ!

〇和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その③ 客車で行くサファリワールド

〇和歌山 白浜町のアドベンチャーワールド その④ 迫力満点のイルカショー!

関連記事

  1. 神々しすぎる!大観峰からご来光|富山県ホテル立山から早朝出発

  2. アスパラ、本ししゃも、毛蟹など北海道の食材を堪能|福岡市博多駅前の鮨屋、北海ひがし

  3. 本鮪とろ炙りポン酢| 福岡市博多区の五三食堂 その5

  4. ミシュラン☆の博多うどんはとっても柔らかい|福岡市の葉隠れうどん

  5. 琵琶湖の歴史をご紹介╿滋賀県立 琵琶湖博物館

  6. 福岡空港→札幌千歳空港のANA機内食 | 福岡空港ANAラウンジには一風堂×ANAコラボカップ麺 2018.05.12

  7. 砂ずりポン酢は炙ってありました | 福岡市博多区の居酒屋、五三食堂 その3

  8. 辛そばダシで麻婆豆腐│福岡市博多区の居酒屋サダカネ

  9. 国指定名勝毛利氏庭園と毛利博物館 その2

  1. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  2. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  3. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  4. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  5. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  6. 【ありそでない家族経営の居酒屋】福岡市の仙八

    2019.05.29

  7. 【昭和レトロ居酒屋】福岡市博多区のがったんごっとん

    2019.05.28

  8. 【イタリアン料理】感動の5000円フルコース|鹿児島県薩摩川内市の…

    2019.05.21

  9. 【1月の島根県松江】宍道湖七珍を楽しむも大雪で特急やくもで博多…

    2019.05.20

  10. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  1. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  2. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2019.01.27

  3. 【道東の旅】道東4日間のグルメと遊びのコース|北海道 2018.07.20…

    2019.01.23

  4. 【雪の大谷とホテル立山】大観峰からご来光!平成最後の満月!みく…

    2019.04.23

  5. 【特集】鶴の湯|秋田県乳頭温泉

    2019.03.19

  6. 【特集】会津・裏磐梯、グルメな温泉ペンションと五色沼散策 20…

    2019.04.10

  7. 【萩市特集】萩市の鮨屋 豊月と宿泊施設、観光 | 山口県萩市

    2019.01.27

  8. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  9. 【島根県:松江市の料理屋】やまいちで宍道湖七珍を食え

    2019.05.18

  10. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  1. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07

  2. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  3. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  4. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27