【青森】鮟鱇とも和え、めぬけのきりこみ、郷土料理満載:居酒屋すみれ組│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その1

2014.12.19 金曜日 福岡空港から大阪伊丹空港経由で青森空港へ

金曜日、仕事を早めに切り上げ、17時過ぎのANA便で福岡空港を出発し、大阪伊丹空港を経由して青森空港まで飛びました。

まず福岡空港からは、ANAとのコードシェア便であるIBEX機で伊丹空港へ出発しました。

伊丹空港へ到着後、短時間で乗り換え、今度はANAのプロペラ機で青森空港へ向かいました。

青森空港へ到着です。空港の外はこんな雪。さすが世界有数の豪雪地帯である青森市です。

しかし除雪はしっかりしてあります。今回はレンタカーは借りずに・・

青森空港を21時発のリムジンバスで青森駅前に向かいました。

青森駅前の居酒屋「すみれ組」に初めての入店

青森駅前に到着し、ホテルにチェックインを済ませ、空いたお腹を抱えながら青森駅前をうろうろしてお店を探します。青森駅前は全国チェーンの店が多いので、そんなチェーン店が嫌いな私は裏路地に入ってみました。

「オールタイム3000円」の風俗店っぽい怪しげな看板の手前に「すみれ組」というこれまた怪しげなネーミングの居酒屋を見つけて入店しました。これが私とすみれ組の初めての出会いです。

遅い時間でしたのでカウンターも空いていて、大将や女将とゆっくり話しながら飲み食いできました。

まず、つきだしは「めぬけのきりこみ」です。うーん、しょっぱなから初めて食べる肴が出てくるじゃあないですか。この料理、麹を使ってあります。しかも美味い、これだから地方の居酒屋はたまらんのですわ。

初めてのお客様など向けに1700円のお得セットがありました。おススメメニューを入れてあるということで、それをお願いしました。

店の名物は夕取れホタテの直火焼きということで当然それもお得セットに入っています。実は、大将と女将は青森市の東隣にあるホタテが名産の平内の出身だそうです。普通、ホタテを焼いたら縮むと思うのですが、このホタテは大きさが変わりません。そして美味いっ。

大将に聞いたら「夕方獲れた帆立を平内から持ってきてるもん、朝どれは俺たちの感覚じゃ古いのさ」。活きの良いホタテは焼いても縮まないのを初めて知りました。そして美味いはずやわ。

おすすめセットには、このホタテの直火焼き以外に「あんこうとも和え」が入っていました。これ見た目は「カボチャ」かと思いました。

青森では年中あんこうが水揚げされる。そのあんこうの身や内臓全部を使って和えたものだそうです。青森の郷土料理はなかなか美味でござる。

マグロの刺身とホタテの貝柱を注文しました。これがまあ美味いこと。、鮪の赤身の味がなんかいつも食べるのと違って美味いのよ。「新鮮なホタテは、ちょいと炙ったほうが美味いよ」って大将が教えてくれました。

体に良いことで有名なメカブですわ。これは特製タレで頂きました。うまいっ!なんでも美味い居酒屋さんやわ。こんな店を見つけるのが地方で居酒屋をぶらぶらする楽しみなんですよね。

しょっぱなは、お得なセットを頂きましたが、この店のすごいのは新鮮な海鮮以外も充実してることなんです。

地元出身の大将と女将が営業し、店は手前にカウンター、奥はテーブル席、そしてその奥は座敷とかなり広いのに2人で切り盛りしてます。

さてさて、なんでも美味いので私の食欲は底なし沼状態になってきました。これは「つがる名物、いがミンチ」です。

いがミンチ!なんですか?と女将に聞きました。女将が言うには「イカゲソで作ったミンチですよ」ってさ。食べてみると「かあっ、うまい」

地元の酒を、いろいろ置いてありました。まずは、この店のメインのお酒、田酒の純米酒680円を飲み、次は今の季節しか飲めない田酒、山廃800円を頂きました。続けて青森の西岸にある鰺ケ沢の安東水軍、そして喜久泉と続きます。まるで「すみれ組」のお酒を全部飲み干す勢いですわ。

なんですかこのオムレツ、麻薬でも入ってるんじゃないのと思うくらい美味いわ。普通メニューも美味くないとね、居酒屋は。

お食事メニューの一部です。

さて、さすがにシメに入りました。おにぎりセット600円を注文です。おにぎり2個とポテトに唐揚げがついています。

十三湖のしじみ汁は150円という安さ。お安くするためか、しじみの大きさは小さいのですがダシが良くでていて身体に染み渡ります。

「よくこんな路地裏の店を見つけて入りましたね?」と言われました。いやあ最初は看板見て「あやしげ」なんて言って御免なさい。だてに30年以上この場所で営業されてないのが良く分かりました。美味さとコスバが半端ないんだもん。

実はおにぎりセットに合わせて自家製コロッケも1個お願いしてました。

オムレツに続いてこれにも参りました。なんでも美味すぎ。

 

≫翌日の午前中:粒あんとクリームの大判焼:青森駅前の浅草焼おやき│【12月】冬の青森2泊3日の旅 その2

 

☆すみれ組
〒030-0803 青森県青森市安方1丁目4−13
GoogleMapで開く
TEL:017-722-2564
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日

≫筆者:おのちん
≫来店日:2014.12.19

関連記事

  1. 弟子屈なら定宿の温泉ペンション「きらの宿すばる」| 2018年7月道東3泊4日の旅

  2. 金比羅山と日本三大不動の爪切不動尊|三重県志摩市

  3. 【富山】立山駅から美女平へ立山ケーブルカーで上がりバスで立山室堂へ1時間の旅

  4. 《世界遺産》阿弥陀堂にたたずむ堂々たる鳳凰╿京都府宇治市の平等院

  5. 日本の米のルーツは酒田市だったのか│【4月】仙台から鶴岡、酒田市へ 2泊3日の旅 その8

  6. きんつば、堅ボーロにホワイト餃子?╿滋賀県 長浜の知られざるご当地グルメ

  7. 大葉の香り高しのジャコ飯 | 福岡市博多区の五三食堂 その11

  8. 【福岡市】本鮪の赤身ぶつ|博多区の五三食堂 その37

  9. 【福岡市】新作、コーヒー焼酎はさわやかな飲み口でした!│野菜ソムリエの店、アグロ

  1. 【特集】彩りと器の組合せが抜群!大人の隠れ家:福岡市のtakanabe(…

    2020.09.15

  2. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  3. 【特集:8月の上高地と乗鞍岳】無人の河童橋、爆流の善五郎の滝、朝…

    2020.08.11

  4. 【特集:西山口県】コバルトブルーの角島とホテル西長門リゾートを…

    2020.03.25

  5. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  6. 【特集】鯨料理専門店 福岡市のおおいし

    2019.06.30

  7. 【特集】トラディショナルイタリアンGUFO:福岡市

    2019.06.30

  8. 【特集】福岡市のイタリアン:キム翔

    2019.06.30

  9. 【韓国味噌鍋:博多】慶州鍋が名物のいずみ田祇園店 特集記事

    2019.06.22

  10. 【6月初旬】温泉のニセコ&ウニの積丹半島3泊4日

    2019.06.08

  1. 【低糖質・低カロリー・野菜ソムリエ】Agro(アグロと読みます)福…

    2019.02.27

  2. 【仙台:国分町の地雷也】キンキに拘った炭火焼きのお店

    2019.05.18

  3. 【道東・道央の旅】くったり胡とサホロリゾート、帯広市の六花亭本…

    2018.12.15

  4. 【奈良県:小料理奈良】大皿料理は半製品。どんなものに仕上がるか…

    2019.05.18

  5. 【特集:5月のニセコ・積丹・小樽3日間】ニセコのヒルトンに泊ま…

    2015.05.09

  6. 【世界一の大花火四尺玉】新潟県の片貝まつりを見に行く1泊2日 2…

    2018.09.09

  7. 【特集:旭川市の田子兵衛】生ズワイガニ爪を始め美味いものを安く…

    2019.03.17

  8. 【特集記事】特色ある福岡市内の鮨屋からいきつけの4店舗をご紹介…

    2019.01.27

  9. 【厳冬の2月、道東2泊3日の旅】網走の流氷、カヌー釧路川源流下…

    2020.02.18

  10. 【特集:8月】毎日バフンウニを食べた 稚内・利尻・礼文の旅 5泊6日

    2020.09.07

  1. 【特集】三大阿弥陀堂と阿弥陀如来

    2019.01.27

  2. 【特集】奇想の画家ってなんですか?

    2019.02.17

  3. 【特集】大塚国際美術館で見る美術史

    2019.01.27

  4. 【特集】仏の世界の四階層╿如来・菩薩・明王・天

    2019.02.07